« のんびりした一日 | トップページ | 冬のサルビアたち »

2004/12/13

ふたご座流星群

今夜はふたご座流星群を見ようと、朝から楽しみにしていました。
夕方のNHKのニュースでも、千葉県はほとんど“晴れ”
「よしっ、これでOKだ」・・・と思っていました。
ところが!
10時ごろから見る予定が、先ほど空を見ると一面の雲・・・(ただ今の時間22:05)
「話しが違うよ~っ、それはないよ~っ。」
と、いくら叫んでみたところで、自然相手にはかないません。
おとなしく雲が晴れるのを待つことにしましょう。

朝のテレビでは『10時から』と言っていましたが、
さきほどネットで調べると本格的に見えるのは『午前0時から』なのだとか・・・
これは期待できます。

子供たちは明日学校なので真夜中までは観察できそうもないし、
sigeoさんは遅番でその時間まだ会社だし、
この時間だとひとり観察かな・・・


私は昔から流星群が好きで、真夜中にひとりで見ていたりします。
まだこちらに引っ越してくる前、
やはり真夜中に流星群を見ていたら
真っ暗な星空にあやしい灰色っぽい三角形がゆっくり近づいて来ます。
『これは生まれてはじめてUFO目撃か!?それともアメリカのステルス戦闘機か!?』
と思いました。(けっこうマジでした)
しかし、近づいてくるとそれは渡り鳥の集団だったのです。
あんな月も出ていない真夜中に、彼らはどこを目指して飛んでいたのでしょうか?
渡り鳥が夜も飛んでいるなんて、その時まで私は思ってもみませんでした。


数年前の明け方、やはり流星群を見るために玄関の前にデッキチェアを出し、
グラウンドコートにくるまって座っていました。
3時過ぎに牛乳配達の軽トラがやって来て、降りて来たおじさんが
『おおっ!!』っと本気で驚いていました。
でも、あちこちで観測会が開かれていたほどメジャーな流星群だったのでおじさんもご存知でした。
『星かい?』
『ええ、そうです。』
『あっちのグラウンドで大勢で見ていたよ』
・・・そんな会話の後、おじさんは軽トラに乗って行ってしまいました。

とても寒い夜、ひとりで星空を眺めていても
『今、日本中でこの空を眺めている人がいっぱいいるんだなぁ・・・』
なんて思うとなんだか楽しい気分になります。
大きな流れ星を目撃したりすると、少しどきどきしたりして――――

あと一時間半、雲が晴れてくれますように(祈)

|

« のんびりした一日 | トップページ | 冬のサルビアたち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたご座流星群:

« のんびりした一日 | トップページ | 冬のサルビアたち »