« バレンタインデーのお菓子 | トップページ | 雨水 »

2005/02/16

コワイハナシ

最近、とあるブログで“怖い話”の話題で盛り上がりました。
すると折も折、今夜は『ジャパニーズホラーの傑作』と謳われた映画がテレビで放映されます。
いやがうえにもひとりで盛り上がる私・・・

私は怖い話が好き。
心霊写真なども好きでテレビで特集をすると聞けばだいたい見ます。
でも本当に怖い写真はめったにありません。
小説も昔は金田一耕介シリーズ、最近ではモダンホラーと呼ばれているジャンルの物を片っ端から読みました。
それでもあまり怖い小説にはなかなかめぐり会えません。
私の中で一番怖かったのは、やはり『リング』一作目でした。
冒頭場面の女子高生の部屋から、もうぐいぐいひきつけられました。

* * *

私が子供の頃には、“怪談映画”というのをテレビで見ました。
小学生の頃“牡丹燈籠”や“四谷怪談”を、ドキドキしながら見た覚えがあります。
当時は怖いマンガもけっこうあって、友達に借りて見ていました。
小説もエドガー・アラン・ポーや小泉八雲などを読みました。
学校でも怖い話などが流行し、『花園小学校(私の出身校です)の七不思議』などが実しやかに語られました。
多かったのは理科準備室と音楽室でした。
理科準備室では『すすり泣く人体模型』、音楽室では『夜中に鳴り出すピアノ』が定番でしたね。
女の子達はコックリさんにもはまりました。
毎日放課後になると、教室の一番後ろのほうで数人の女の子がヒソヒソやっていたものです。
私は必ずといっていいほどそのメンバーに加わっていました。

* * *

そのように怖いもの大好きな私ですが、実際お化けを見たことはないのです。
心霊写真らしきものも写した事がありません。
決して『科学で証明されていないのだからありえない』などと思っていないし、
『霊は存在する』とちゃんと信じているのです。

どうして私の前には現れてくれないのでしょうか?
もしかして野鳥とおなじで『おいで~おいで~』という私の気持ちが
霊を遠ざけているのでしょうか?

|

« バレンタインデーのお菓子 | トップページ | 雨水 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「花園小の七不思議」よりも、私は「花園中の七不思議」の方が、よくおぼえています。
①2年B組の壁に不思議な形のシミがあり、2年B組になった生徒の誰かに、必ず災害が起こる。
②校庭のバスケットコートには、誰もいないのにボールがぽんぽんと弾んでいる。
③音楽室のベートーベンの肖像画の額から、血が流れている。
④体育館のグランドピアノから、誰もいないのに弾いている音が・・・
④何処かの階段が夜中には一段増えている。
・・・私は、これくらいしか憶えていませんが、「七つ全部知ると死ぬ」というおまけ付でした。

高校にもあったの知っていますか?
学校で合宿をするときに泊まる『記念館』という、古い木造住宅があって、
そこにおいてある日本人形の髪の毛が、いつの間にか伸びる、というものです。
部活の先輩が合宿の時に必ず「このお人形髪の毛伸びてない?」と言うのです。

ちなみに、misaoさんと違って私は怖い話が大嫌い。体がこわばって、肩がこって来ます。
それに夜中一人で起きていられなくなっちゃうので、私は今夜の映画は観ない予定です。

投稿: hitomiko | 2005/02/16 20:00

hitomikoさん、そうそう、中学校にもありましたね!私はバスケットコートの話だけ覚えていましたよ。
「七つ全部知ると死ぬ」っていうのも、なんとなく覚えています。
今考えると全然笑ってしまうけど、当時はけっこう真剣に怖かった・・・純粋だったのね~

高校の『記念館』はよく覚えていませんが、日本人形が置いてあるっていう事からしてすでに怖いかも・・・
私の部の合宿は長野の民宿のようなところでやりました。でも、どの部の合宿でも怖い話は定番だよね。

hitomikoさんは怖いのだめでしたっけ?
そうか~それじゃ今度メールで思いっきり怖い話送っちゃおうかな?・・・なーんて、ウソですよ。
でも、怖い話のお仕事が来たらどうするのでしょうか?

投稿: misao | 2005/02/16 21:01

misaoさん,hitomikoさん今怖いのやってますね~^^;
突然テレビをつけたら,『ア゛~~』が聞こえて,きもい~
でも,またまた怖いもの見たさ,まだ付いてますよ^^;
misaoさんが見た小学生の頃の日本の怪談映画,私も見ましたよ~おどろおどろしい感じがありますよね~でも,ひょうきんなのもあったりして。

私は,霊体験らしいものがあるんですよ~
でも,体の調子が悪かった時だったので,ただの疲れから来るものかもしれないけど,不思議な出来事でしたよ~
でも,こんなにmisaoさんが怖い話好きとは,でも,怖いわけではないんですね。トイレに行けなくなるとかは?
それにしても『花園小学校(私の出身校です)の七不思議』,映画の題になりそうな名前の学校ですねえ!!

投稿: mayumi | 2005/02/16 21:54

mayumiさん、こんばんは。
今“呪怨”見終わりました。
はっきりいって全然怖くなかったです。呪う必然性も呪われる必然性も、まったく感じられないただのおどかし映画でした。
リングの方が奥が深くてストーリーも面白かったし、その分怖かったですよ。

mayumiさんの霊体験、聞きたいな~!!
今度何かの折にゆっくりと詳しく聞かせてください。
そういう誰かの体験って、作り物には無い怖さがあるんですよね。

『花園小学校』は、花園町という町にあったので、そういう名前でした。
なんと、クラスの名前が“1組・2組”じゃなくて“きく組・ゆり組・ふじ組・・・”だったんですよ。ちょっと幼稚園みたいでしょう?

投稿: misao | 2005/02/16 23:04

そうそう、『花園小学校』は“きく・ゆり・ふじ・うめ・もも”でしたよね!
だけど、私たちが6年生になる年に、いきなり“1組・2組”になっちゃったんですよね。
中学の方も、2学年上の私の姉が入学したときには“A組・B組・C組”だったのに、
私たちが入学したときは“1組・2組・3組”でしたね。
だからすでに『2年B組の呪い』は、意味をなさなくなっていたんです。

私も「怖いの嫌~い!」なんて言いながら、やっぱり怖いもの見たさで、『リング』とかは観ました。
今日のは「ただのおどかし映画」だったんですね。観なくて良かった。
私は昔、山田邦子と渡辺徹が深夜やっていた番組『いきなりフライデー』という番組から
出版された『いきなり怖い話』という本を持っていますが、
怖くていまだに読んでいません。

投稿: hitomiko | 2005/02/17 00:36

hitomikoさん、昨夜はやっぱり見なかったのですね?正解かもしれません。たぶんhitomikoさんが見たら怖かったと思いますよ。
お風呂やトイレ、1人で行かれなくなってしまうかも・・・
ちなみに私は映画が終ってから悠々とお風呂に入って寝ました。
『リング』の時は、遅い時間にお風呂に入れなかったし、夜消した後のテレビの画面もしばらく見られなかったです。

『いきなり怖い話』の本、読まないなら今度会うときに貸してください。もったいないよ~

小学校のクラス名かわったのでしたっけ。
そういえば私卒業する時“6年3組”だったっけ。すっかり忘れていました。やっぱり『お花の名前だと幼稚園っぽい』っていう苦情があったのでしょうか?
中学の時のクラス、お姉さんの時は“A組・B組”だったのですか?知らなかった(もしくは忘れていた)です。

投稿: misao | 2005/02/17 07:37

misaoさん、こんばんは。
『いきなり怖い話』もちろんOKですけど、十数年前の物なので、
背表紙なんか色があせていますよ。
うちの夫と長男は読んだようです。
「たいして怖くなかった」と言ってました。

ちなみに次男が学校の朝読書で読むために買う本は、
『学校の怪談シリーズ』とか『日本史恐怖の館』とかいう本ばかりです。

投稿: hitomiko | 2005/02/18 02:18

hitomikoさんのご次男は、怖いもの好きなんですね!ウフフ・・・仲良くなれそうだわ・・・
「たいして怖くなかった」のか~、残念です。
だんな様とご長男が「怖かったよ」とおっしゃっていたのなら、絶対に借りたんですけど・・・

今日は“雨水”ですね。
春がどんどん近づいてきますね。
寒さに弱い人たちにとってはうれしい季節ですね。

投稿: misao | 2005/02/18 07:27

misaoさんとはときどきびっくりするくらい趣味志向が似ていると思っていたのに、これははずれです~ホラーはX!(ばつ!と読んで)TVで突然流れる予告編にさえ、しっぽをまいて逃げ出すくらい。
でも、「野鳥とおなじで『おいで~おいで~』という私の気持ちが、霊を遠ざけている?」というオチに大受けしてしまいました。今朝、鮮やかなオレンジの小鳥を庭でみかけて、ずうっと『おいで~おいで~』してました。やっぱ念が強すぎ?

投稿: まだむこぼれだね | 2005/02/18 12:05

まだむもホラーがダメなのですね~
そう言えば、好みが分かれたのは初めてですね。

鮮やかなオレンジの小鳥・・・ジョウビタキでしょうか?それともヤマガラかな?
ジョウビタキはうちのお庭にも時々来てくれるのですが、なかなかバッチリカメラにおさまってくれません。この子もシジュウカラと同じで虫を食べてくれるそうですよ。土の中からホリホリしているようです。
まだむも野鳥に対する『おいで~おいで~』の念が強すぎるようですね。それが“愛情”だとわかってくれるとシジュウカラのようにお客様になってくれるのでしょう。

投稿: misao | 2005/02/18 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コワイハナシ:

« バレンタインデーのお菓子 | トップページ | 雨水 »