« カレーの隠し味 | トップページ | 立春 »

2005/02/03

恵方巻(えほうまき)

DSCF0936今朝テレビを見ていたら
『節分に恵方巻を食べる』というニュースをやっていました。
“食べる行事”
“無病息災を願う行事”
“季節を感じる行事”
の好きな私はすぐに飛びつきました。

関東では節分には豆まきをするのが普通です。
あとは、ヒイラギにいわしの頭を差してみたり・・・
私が知る範囲ではそのくらいでした。
恵方巻を食べるのは関西方面から広まった風習なのだそうです。

* * *

“恵方巻”というのは、
恵方(歳徳人の位置する方向・縁起のいい方向。今年は西南西)を向いて食べる太巻き寿司の事です。
その太巻き寿司を、途中でおしゃべりをせずお茶も飲まずに完食するのだそうです。

* * *

うちで食べたのは『丸々一本は絶対無理』と言い張る母のためにハーフサイズの太巻きです。
『これでは福が半分かな?』とも思いましたが、
“完食を目指すなら無理なく”という理由でこのサイズにしました。
「母が恵方巻を食べ過ぎて具合が悪くなった」・・・では元も子もありませんから。

そうそう、豆まきもしっかりやりました。
鬼のお面はありませんでしたが、長男が小袋入りの豆を各部屋に撒いて回りました。

これで今年一年無病息災です。
考えてみると、今年になってからもう“無病息災行事”をすでに3回やっていました。
七草がゆ・鏡開き・そして今回の恵方巻・・・
これでインフルエンザにでも罹ったら、お笑い種でございます。

明日は立春。春はもうすぐ・・・

|

« カレーの隠し味 | トップページ | 立春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

少し仕事に余裕が出来たので、こちらにも書き込みさせていただきます。

恵方巻を食べたのは、お知らせしたとおりですが、豆まきはしませんでした。
我が家は、掃除もろくにしないので、豆がいつまでも部屋に散らばっていそうで、特に隅のほうなんかに何年も前のがあったりしそうなんで、ここ数年やってないんです。
3日に行ったランチのお店で、小袋に入った豆がついてきたので、「これをまけばいいのよね」とみんなで話していたんだけど、もしかしてmisaoさんの家はそれを実践しているのかな?

近所の神社が毎年豆まきをして、お菓子や小銭やみかんや豆など結構たくさん拾えるのだけど、今年は子供たちが塾の時間だったので、誰も行きませんでした。
近所の公園の児童館には、猿回しが来たそうです。
私ももっと、季節の行事を楽しみたいものです。

投稿: hitomiko | 2005/02/05 02:01

hitomikoさん、お仕事ひと段落ついて良かったですね。
今回はかなりお忙しそうでしたものね。

hitomikoさんのお子さんが恵方巻を食べる様子を読んで、思わず笑ってしまいました。
子供が長時間黙って食事をするのは、ちょっと辛い事かもしれませんね。
『おかあさん、あのねあのね・・・』って、きっと言いたかったにちがいありません。

豆まきは、うちでも以前は大豆をそのまままいていました。
でも、後がたいへんなので今では毎年小袋入りをまいています。
一度殻つき落花生をまいた事がありましたが、あれは拾うのがラクでした。
千葉県では普通に豆まき用に落花生を売っています。
鬼のお面と一緒に、マスに入ったものです。
でも、これって千葉だけなのかもしれません。
普通は大豆ですよね。

神社の豆まきも楽しそうです。
小銭やお菓子なんて聞くと、昔の上棟式(たてまえ)を思い出します。
子供の頃はあちこちで見かけましたが、今はあまり見かけませんね。
成田山には毎年有名人が豆まきに来ますが、今年は美輪明宏さんがいらしたそうです。
あの独特の声で『おにわ~そと~』などとやられたら、鬼は間違いなく逃げますね。

投稿: misao | 2005/02/05 10:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵方巻(えほうまき):

« カレーの隠し味 | トップページ | 立春 »