« 弥生の雪 | トップページ | 寒すぎる朝 »

2005/03/06

スイセンの花

suisen1次男が小学生の時、
学校から球根をひとつ拾って帰ってきました。
私が『だめだよ、学校の物持ってきちゃ。』というと、
うれしそうな顔で『違うよ。裏のゴミ捨て場に捨ててあったんだよ。』と言います。
仕方がないのでランドセルを片付けてから
庭に穴を掘って球根を埋めました。
『何が咲くかね?』とうれしそうに笑っていた顔、
まだあどけなくてかわいかったなあ・・・

何でも拾ってくる息子は、お金を拾って交番に届けたりするのが好きでした。
おまわりさんもお忙しいのに迷惑だったと思いますが、
引っ越す前の四街道市のおまわりさんも、こちら八街市のおまわりさんも、
きちんと手続きを踏んで書類を作ってくださいました。
ある程度成長してからも、道端に落ちているアクセサリーなどをよく拾ってくる子供でした。
片方だけのイヤリングや車にひかれてキズだらけのブレスレット・・・
大きくなるとそうそう交番に届ける事はしなくなりましたが、
高価そうな指輪などはやはり学校帰りに届けていました。

思えば小学校入学前から背が小さく、ひょろひょろに痩せた子供でした。
小学校卒業の時まで、並ぶ時はいつも一番前。
“マエヘナラエ!”の時、いつも手は腰でした。

『背が小さいので目から地面までの距離が近い。
すると地面がよく見える。
すると落し物もよく見つかる・・・・・
それでしょっちゅういろいろなものを拾ってくるのか~!!』
私はそのように解釈しましたが、果たしてどうなのでしょう?

そんなチビスケの息子ももう私の背(165cm)を追い越して、今は父親を射程内に捕らえています。
あの日の球根は黄色いラッパスイセンで、今では分球して大きな株になっています。
今年になって芽が出てから新しい花壇に植えかえたので「今年は花は咲かないかな?」と思っていたのですが、今年もしっかり蕾を発見。

明後日は次男の高校の卒業式です。
もう球根を拾ってくる事はないと思いますが、それも少し寂しいなあ・・・

|

« 弥生の雪 | トップページ | 寒すぎる朝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もうすぐですね。卒業式!!
我慢しないで思いっきり泣いてきてくださいね。^^
いろいろな思い出が走馬灯の様に頭に浮かんできますよ~

次男さんはアクセサリーを良く拾ってたんですか~!!  
高級なものが落ちてるんですね。すごい!!
小さいときは背が低かったんですね。でも,男の子は急に高校で伸びてくる事もありますよね。

さっき,コメントを入れて送信を押したけど,ちゃんと送れなかったかなあって思って,また送信しまーす^^; もしかしたら,2回コメントされてるかもしれませんが・・・m(_ _)m
もうmisaoさんが見上げるぐらいになりませんか~不思議ですよね。ついこの間まで,幼い顔をしてたのが,段々男っぽくなって,ヒゲなんか生えてくるし,今では,OTTOも子供を見上げるようになりました。足は弟の方が大きくて,何と,28cm~29cm!! 玄関がもう大変ですよ~^^;
misaoさん,背が高いんですね!! 私は,158cmぐらいです。

投稿: mayumi | 2005/03/06 18:10

アクセサリーといっても、お祭りの夜店で売っているようなものばかりです。
高級な物は落ちていませんよ~

mayumiさんのご次男の足、28cm~29cm・・・って、すごいですね~
そういえばうちでも子供達が中学に上がった頃から玄関が妙に狭く感じたっけなあ・・・

私も中学の頃は自分で背が高いと思っていましたが、高校に入ると私より大きい人がけっこういて『それほど大きくないんだな~』と思いました。
私の出身校はバスケット部がとても強くて有名だったのですが、そのバスケ部の女の子たちはみんなすごいノッポでした。

投稿: misao | 2005/03/06 22:32

misaoさんのこういう話大好き♪
ちょっと思い出しちゃったよ。
うちも、昔、次男(二歳くらい?)が、
なにかの赤い実を見つけて、
せっせせっせと小さな手で拾い集めたの。
当時トトロにはまっていたから、
一緒に、プランターの土に埋めたら、
忘れた頃に可愛い芽がでてきて、
しばらくなんだったか思い出せなくて…。

いまでは我が家の「花水木」も
2メートルに近づくのっぽさんよ。
次男は今年中一になり、私の背は追い越したけど、
自分が種をまいた花水木は、越えられるかどうか(笑)

こういう子供の昔話って、
当時はどうってことないけど、
時がたつに連れて、宝のように愛しく思い出されるから、不思議だよね。

投稿: まだむこぼれだね | 2005/03/09 12:09

まだむのご次男もやはり“そういう物”に興味を持つお子さんだったのですね。(血はあらそえない・・・)
大人から見ると“つまらないもの”をせっせと拾い集めている小さな手と、その手にのっかっている小さな赤い実・・・
それを『キタナイから捨ててちょうだい』っていうお母さんと、
『プランターに植えてみようか?』というお母さんで、
子供の育ち方ってかわってくると思います。
私は息子の球根の時“仕方なく”一緒に埋めたけど、今だったらもっと一緒にワクワク出来たかな?と思うんですよ。
今さら反省しても遅いけどね。

ご次男に拾われて新しい住処を与えられた幸せな「花水木」
お庭の写真の『4月』に若葉の写真を発見しましたが、もう花もつけるのでしょうね?
今年はまだむのサイトで花の写真も見せてくださいね。

投稿: misao | 2005/03/09 13:11

そうそう、
上の子のちいさいころを思い返すと、
「いまだったら、ああしてあげてるのになあ」
と反省すること多いです。
だから、今五歳になる4番目の子とは、
けっこうわくわくしながらいろんなことしてて、
大変だし、カネもかかるけど、
楽しく子育てしてます。
だけど、今度はいかんせん、体力がともなわない~!
「もうちょっと若かったら、ああしてあげてるのに」
と思うことが多すぎ!若いお母さんたちがうらやましいです(笑)

はなみずき、まだちょっとしか花つかないの。
今年はどうかなあ、楽しみです。

投稿: まだむこぼれだね | 2005/03/10 10:58

まだむも同じ事考えているんですね。
子育て途中では気づかなくても後から気づく事って多いですよね。
5歳のお子様がいらっしゃるのなら、まだまだいっぱい楽しい事がありますね。
一緒にお菓子を作ったり、庭でお花の芽をつついてみたり、鳥を眺めて笑ったり・・・
今の息子達に『一緒にお菓子を作ろうか~?』って聞いてたら
『わかった、まかせろ。オレが食ってやる。』って言われそう。

> 若いお母さんたちがうらやましいです(笑)
体力ね~・・・30の声を聞いた頃から私は衰えましたよ。
今じゃもうすっかりご隠居ですわ。
え?早すぎ?

投稿: misao | 2005/03/10 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイセンの花:

« 弥生の雪 | トップページ | 寒すぎる朝 »