« サーキットに咲く花 | トップページ | 虫・むし・ムシ・・・ »

2005/04/30

苗の植え替え

serutane4月も終わりになるとあちこちでバラの開花が始まり、華やかな画像が目を楽しませてくれます。
ウットリしたりポ~ッとしたり、バラの魅力は尽きる事がないようです。
気がつくとパソコンのバラ画像をぼんやり眺めている事もあります。

しかし、自分の庭の事となるとポ~ッとばかりもしていられません。
今年の庭は、去年増えたバラたちのつぼみがいっぱいでワクワクドキドキしているのですが、それよりも現実問題として、今年の春に播いた種の苗が続々大きくなっているのです。

今年はあちこちの方から種をいただいて、今までで一番多くの種類の種を播きました。
香りが素敵で野趣あふれるシナガワハギ
苗ではなかなか売っていない珍しいセージ類
一度は植えてみたかったハーブ、ヒソップ
土の線虫予防にもなるアフリカンマリーゴールド
アメリカからはるばるやってきたキューピッド・ダート
そして去年のリベンジ、ローマトマト・・・
その他にもいろいろ、春だけで13種類です。

私はほとんどの種をセルトレイに播きます。
以前は鉢にパラパラとバラ撒きしたり、苗床を作ってみたり、まま土に植えられるポットなどを使用したりしましたが、(これはけっこう値段が高い)セルトレイは芽が出るまでの管理がラクで値段が安いので、ここ数年はずっとこのパターンです。

セルトレイは一つ一つのマスが小さいので、土が少ししかありません。
苗も双葉のうちはいいのですが、本葉が出始め気温が高くなるにつれてぐんぐん育ち始めます。そうすると、セルトレイの中では根が充分に育たなくなります。そこで、大きくなった苗から順に植え替えを行います。
地植えにしてしまうものもあれば、鉢に移植するものもあります。
一番多いのはビニールポットに植え替えるものです。
こうして植え替えたら、あとは大きくなるまで時々液肥をやりながら育てます。

しゃがんで苗の植え替えをしているとちょっと腰に来るけれど、疲れたら腰を伸ばしながらバラたちを眺めて歩きます。そして虫を発見したり、つぼみが膨らんでいると一人ニヤニヤしたり・・・

今は一年で一番ウキウキするお庭遊びの季節です。

* 写真上 ローマトマト *
* 写真中 アフリカンマリーゴールド *
* 写真下 サルビア(タンジン) *

|

« サーキットに咲く花 | トップページ | 虫・むし・ムシ・・・ »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/3924873

この記事へのトラックバック一覧です: 苗の植え替え:

« サーキットに咲く花 | トップページ | 虫・むし・ムシ・・・ »