« リナリアとマツバウンラン | トップページ | ファビュラス! »

2005/04/22

バラのつぼみフェチ

tubomitubomi
そもそも“フェチ”とは『fetishism』の事で、パソに入っている英和辞書によると“呪物崇拝・物神崇拝”などと書かれています。しかし昨今では“特定のものに愛着を持つ”というほどの軽い意味でも使われています。
私の『バラのつぼみフェチ』というのは、もちろん後記の方です。

今の季節、うちの庭ではまだバラの花は咲いていません。しかし、ほとんどのバラの苗に数え切れないほどのつぼみがついています。それを狙ってやって来るバラゾウムシなどの困った虫たちもいます。そのせいで一日に何度もパトロールを欠かせません。

私はバラのつぼみが大好きです。
咲きかけバラもステキ。満開の花ももちろん好き。でも一番好きなのは、花びらがほころび始めた頃の可憐な“つぼみ”なのです。

今の庭には花びらがほころび始めた状態のつぼみはまだありません。まだ固いつぼみばかり―――でも、一昨日がくの隙間から花びらの色が見え始めたつぼみを発見。大好きなハマナスです。
おそらくうちのバラの中で一番最初に花開くでしょう。

ちなみに私のお気に入りつぼみNO.1は“ペネロープ”です。
“ペネロープ”のつぼみが最高の状態になるまではもう少しかかりそうです。

* 写真上・つるバラ“アメリカ”のつぼみ *
* 写真中・まだかたい“ペネロープ”のつぼみ *
* 写真下・“ハマナス”・・・花びらの色がちらっと・・・ *

|

« リナリアとマツバウンラン | トップページ | ファビュラス! »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/3806524

この記事へのトラックバック一覧です: バラのつぼみフェチ:

« リナリアとマツバウンラン | トップページ | ファビュラス! »