« ペレニアル シーズン | トップページ | ペチュニアの摘心 その2 »

2005/05/06

テントウムシの幼虫とアシナガバチ

昨日やっと虫の話から離れたと思ったら、
また虫の話に戻ってしまいます。

DSCF3910今朝はニュードーンのつぼみで
お食事中のテントウムシの幼虫を発見。
成虫のテントウムシと違って
色も姿もかわいくないのですが、
まぎれもなく益虫です。
かれらの餌は植物の汁を吸うアブラムシ。
(餌のアブラムシが足りないと共食いをするらしいです)


DSCF3915そしてもう一匹の強~い味方。
アシナガバチです。
ハマナスの枝に巣を作っていました。
昨日見かけたときはランチの後だったらしく
ほんの少し残った毛虫のかけらの脇で一生懸命触角をナデナデしていました。
ジッと観察していて気がついたのですが、
おどろいた事にアシナガバチの前脚は背中も掻けるのです!!
(掻いているわけではないと思いますが、そういう風に見えるんです)
まあ、それはおいといて・・・
アシナガバチは毛虫や青虫を食べてくれます。
今度はぜひ餌の肉だんごを作る場面を見てみたいものです。

ところでここでひとつ疑問です。
肉食のアシナガバチが、テントウムシやヒラタアブの幼虫を見つけたらやはり食べてしまうのでしょうか?

― 写真はクリックすると大きくなります・・・が、虫が苦手な方はクリックしないでね♪ ―

|

« ペレニアル シーズン | トップページ | ペチュニアの摘心 その2 »

」カテゴリの記事

コメント

アシナガバチって、そうか、益虫だったんですね!
去年は春早くから大発生して、庭のあちこちに巣を作るのでこわくて殺虫剤で即巣ごと天国へと旅立っていただいていました。
アシナガバチの好き嫌いはズッキィにはわかりませんが・・・ズッキィ的にはでもやっぱりハチは遠慮願いたいかなあ(~_~;)
そういえば今年はあまり姿を見ませんが、気候のせいでしょうかねえ~・・。

ヒラタアブの幼虫、初めて名前を知りました!!
テントウムシの幼虫に形が似ているので、なんとなくそのままほおっておいたりつぶしてみたりだったのですが、これも益虫なんですね!!
涙滴型の蛹!これこれ!!
「なんだろう、気持ち悪いなあ」って、ずっと思っていたんですよ。
いい子だったのね・・・これはつぶしてたような気が・・・(^^ゞ
いいことを教えていただきました。
misaoさん、ありがとう!!!!

投稿: ズッキィ | 2005/05/07 19:21

ズッキィさん、実は私もアシナガバチが毛虫を食べているのを見るまでは、巣を取ってしまおうと思っていたんです。
ただ、人間が見つけられない葉の裏の毛虫も食べてくれると思うとついつい頑張ってもらいたくなってしまいました。
> ズッキィ的にはでもやっぱりハチは遠慮願いたいかなあ(~_~;)
うふふ、うちも大発生してしまったらやはりちょっと考えますよ。母が刺されたりしたらたいへんですからね~

ヒラタアブは私も去年までぜんぜん知らなかったのです。
今年はそういう目で見るせいか、ものすごくたくさんヒラタアブの幼虫がいます。
きっと今までもいたのでしょうけれど、気がつかなかったのですね。
何しろ去年の春までうちの庭はハーブ中心で、バラは名前も知らずに細々と育てていたのです。
ハーブは病気にも虫にも非常に強く(もともと雑草らしいですから)手間がかからなかったな~。
今年はバラが増えたせいで手間がかかる事このうえないのですが、
おかげで冬の間の土作りなどもできたし、他の植物たちも今までよりも元気なんですよ。
そして、益虫害虫とり混ぜて虫くんたちともお近づきになれたし・・・

それにしてもヒラタアブの幼虫&蛹、『もう少し何とかならないの?』って言うくらい不気味ですよね。

投稿: misao | 2005/05/07 21:19

うぇ~~~~っ! えぐい虫達が~~~! 
でも益虫なんですね。 ガマンガマン・・・
うちにいた虫達は、うどん粉病の為にスプレーした砂糖&洗剤水と、それに相次いだセロテープ攻撃がよっぽど嫌いだったらしくて一同風呂敷を背負って夜逃げしてしまいました。 ヤッホ~ッ!

>おかげで冬の間の土作りなどもできたし・・・

って・・・misaoさんやkimiさんのHPを尋ねてから、コンポスト作りへの「動機キック」が大きく重いお尻に入って、私も娘がお腹に入って以来6年ぶりに、くず野菜や果物の皮、コーヒー&茶殻などを庭の一角に放り始めたのですが、ハエが大発生してしまって困っています。
ヘ~~~ルプ!!! どうしたらいいか教えて~!

投稿: nao | 2005/05/08 04:41

セロテープ攻撃、オモシロそう。
試してみようとおもいつつまだ実行に移していません。相変わらず指を緑色に染めて歩いています。

それからハエ対策のほうですが、庭にそのままゴミをまいて置くとどうしてもハエが出てきますよね。
うちはバケツ型のコンポストをひとつ使っていて、臭いが出そうな生ゴミはそちらに入れておきます。
それでもそのままだとふたを開けたときに小バエが出てくるので、発酵促進剤というのを時々振り入れます。それと、土をかけておくのも効果的だそうです。

地面にゴミを置く場合は、ちょっと掘ってゴミの上に土をかぶせておくといいと思います。
私は地面に作ったコンポスト(枯れ草置き場)には雑草・剪定枝・花がらなどしか捨てないので、臭いが出る事はまずありません。
掘ってみるとミミズ君がうじゃうじゃいてちょっと気持ち悪いけれど、かなりいい土だと思います。
花を植える時には、市販の培養土とコンポストの土を半分ずつ入れて植えつけます。
そして古い土はまた枯れ草置き場にまいておきます。

投稿: misao | 2005/05/08 09:17

早速のアドバイス、ありがとうございま~す!
大きなスコップで穴を掘って、その中にごみを投げてはスコップでグサグサッと細かく砕いてから土を掛けてはいたのですが、やっぱりその周辺からうじゃうじゃとハエがわいてくるんですよ~ そして、そこの土を混ぜ込んだコンテナーからも・・・ まったく困ったもんです・・・
フタの付いたバケツを買ってこようかな~
それと発酵促進剤ですね。 ラジャー!です。
お世話になりま~す!

投稿: nao | 2005/05/08 11:07

naoさん、土をかぶせていてもハエが出てくるんですね。
ハエを完全に防ぐ方法があればいいのですが、いろいろなコンポストのサイトを見てみても100%ハエを防ぐのは難しいようです。みなさん『多少はガマンしましょう』というスタンスでやっているようですね。
とりあえずできる事は―――
・“乾いた”土をかける
・発酵促進剤をかける
・ふたをきっちりする(これはバケツの場合ですね)
・ゴミの水気をきっちりとる
それ以外では、『ハエが発生したら殺虫剤を』と書かれているサイトもありましたが、殺虫剤を使ってしまうと土の中のほかの虫たちも心配になりますよね。
ハエが大発生するのは、生ゴミの量に比べて土や発酵促進剤の量が少なすぎるのだそうです。
とりあえず生ゴミ3回に一回ほどの割合で乾いた土と促進剤を投入してみましょう。(土は多めにするといいそうですよ)

> そして、そこの土を混ぜ込んだコンテナーからも・・・
それは土にハエの幼虫や卵が混ざっているか、まだ完全に土になっていないかのどちらかだと思います。

それから、ハーブの“タンジー”はドライにして庭にまいたりコンパニオンプランツとして庭に植えたりするとハエよけになるそうです。ただあくまでも“ハエよけ”なので、殺虫効果はないようですよ。

これという決定的な解決法を教えてあげられなくてすみません。
頑張っていろいろ試してみてくださいね。
もしも効果的な方法が見つかったらぜひ私にも教えてください!!

投稿: misao | 2005/05/08 14:50

沢山の貴重な情報をありがとうございますっ!

>・“乾いた”土をかける ・発酵促進剤をかける ・ふたをきっちりする(これはバケツの場合ですね) ・ゴミの水気をきっちりとる

見事にぜ~んぶやってなかったっす・・・/( ~o~!)
“タンジー”君を探しに行かねば~ (あんまり聞かない名前のような・・・?)

ところで、上からどんどんゴミや土を入れていくと言うことは、バケツの下に穴を開けておくのでしょうか?
私もちょっとインターネットサーチして見ますね。
甘えてばかりですみましぇ~ん /(*^_^*)

投稿: nao | 2005/05/09 01:31

naoさん、おはようございます。

> ところで、上からどんどんゴミや土を入れていくと言うことは、
> バケツの下に穴を開けておくのでしょうか?
私が使っているコンポストバケツは、“フタはあるけど底が抜けている”ものです。
まだ引っ越してくる前の自治体で補助金を出してくれていたので購入しました。
底が無いバケツを、地面に埋め込んで使うんですよ。
(本サイトの『庭造り』の『生ゴミの分別』のページに写真が載っています。)
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/sigesan/gomi.htm
土ができるのは下からなので、バケツの下から土をホリホリして使います。
広い畑などを持っている人は、複数設置して交代で土作りをしている人もいるようです。
もうバケツの下の土にはミミズ君がうじゃうじゃですよ~♪

その他にも“EMぼかし”というものを使用して、バケツで生ゴミ堆肥を作る方法もあります。
これには容器の下に水分を抜くコックがついているものを使用するそうです。
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/cityhall/kankyo-b/gomigomi/bokasi_f/bokasi_1.htm
こちらのサイトに詳しく載っています。
それから、”ミミズコンポスト”なるものもあちこちのサイトで見かけます。
皆さんいろいろな方法でゴミを堆肥に作りかえる努力をしているようですね。
naoさんも、庭の環境に一番合った方法を見つけてくださいね。

投稿: misao | 2005/05/09 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テントウムシの幼虫とアシナガバチ:

« ペレニアル シーズン | トップページ | ペチュニアの摘心 その2 »