« プリンセスの大根足 | トップページ | あなた“ミミエデン”だったの・・・ »

2005/06/30

乳母日傘のプリンセス

DSCF6510昨日のブログに書いた『プリンセス・ド・モナコ』に
sigeoさんは今日、傘をさす土台を作ってくれました。
この土台があれば雨の日だけ傘をさしてあげることができます。
(傘と竹竿は着脱可能です)
ちょっと美観を損ねるけれど、雨の日だけガマンしてもらいましょう。
さあ、これだけsigeoさんの愛情を一身に受けているプリンセス、
今度は美しく華麗に咲いておくれ~

う~む、それにしても過保護ではないかな?
まあ仕方がないでしょう。お姫様だし―――(自問自答)

DSCF6518傘をさす作業をしている時に
sigeoさんがフェンネルの花の上でとても美しい虫を発見!
“アカスジカメムシ”という
たいへんファッショナブルなカメムシです。
でもこの虫の幼虫はセリ科の植物の害虫だそうです。
DSCF6523
おお~そういえばフェンネルはセリ科。
なかなかやるのぅ、アカスジカメムシ。

『おいら 背中もチャーミングだろ?』

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« プリンセスの大根足 | トップページ | あなた“ミミエデン”だったの・・・ »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

misaoさん、小鳥と同じくらい昆虫類も好きみたいですね。昆虫への愛情が伝わってくるような気がします。
misaoさんのお庭には素敵なバラが沢山あって、いつも うっとり 見とれます。 このピンクのプリンセス・ド・モナコ も良いですね~。

投稿: zucca | 2005/07/01 20:07

zuccaさん、こんばんは。
田舎育ちの私にとって、虫たちはお友だちでした。
いまだにカマキリやバッタやトンボを見るとついついかまってしまいたくなります。

バラのページも見ていただいて、ありがとうございました。
バラは今、春の花が終わり一息ついているところです。
これからは四季咲きのバラがチラホラ咲いて、秋にはまたきれいなバラが見られると思います。
プリンセス・ド・モナコはなかなか美しく咲かせるのが難しくて、ついつい過保護にしています。
子供には過保護な親ではなかったと思うのですが、なぜバラには過保護になってしまうのでしょう・・・?

投稿: misao | 2005/07/01 20:53

ふふふ・・・
やはりプリンセスさんには、傘持ちさんがいらっしゃいましたか~(^O^)
せっかくのお花、美しく綺麗に眺めたいですよねぇ~しばらく傘当番が必要ですね!

投稿: orenge | 2005/07/02 01:34

orengeさん、こんにちは。
うちの方はようやく梅雨らしくなりました。
プリンセスには辛い雨ですが、他の植物にとっては恵みの雨ですものね。喜ぶべきなのでしょう。
傘はとっても役に立っています。(ちょっとカッコワルイけど)
でも今日は薄日が差すお天気なので、傘はしまってありますよ。

投稿: misao | 2005/07/02 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/4771903

この記事へのトラックバック一覧です: 乳母日傘のプリンセス:

« プリンセスの大根足 | トップページ | あなた“ミミエデン”だったの・・・ »