« バッタの抜け殻 | トップページ | ミョウガの収穫 »

2005/07/23

ローマトマト その後

DSCF71107月8日の日記“ローマトマトが病気・・・”の時
『尻腐れ病』になってしまったうちのローマトマト。
あの時、このブログを見て
kimiさんがとてもいい物を送ってくださいました。
『カルクロン』という“カルシウム補給肥料”で
葉に散布するタイプのものです。
kimiさんのおうちのトマトも同じ病気になり、この『カルクロン』を使用したそうです。

DSCF7109私があの時対策に施した『過燐酸石灰』というのは、
カルシウム分がほとんど含まれていないのだそうです。
そこで『カルクロン』です。
希釈して葉に散布、さっそく説明どおりにやってみました。

『過燐酸石灰』『カルクロン』『ローズマリーのマルチ』―――
これで3重対策です。“鬼に金棒”+“クギバット”くらいでしょうか。
あれから半月ほど経って今ではすっかり元気です。

DSCF7107その日から毎日水やりのたびに
トマトのおしりをチェック。
そ~っとナデナデして、ツルンとしていると
胸をなでおろす日々・・・
順調に成長を続けています。
もう『尻腐れ病』に罹る実はありません。

どんどん大きくなったローマトマトを、今朝写真に撮りました。
元気に育っているローマトマトの写真とともに
kimiさんに感謝の気持を送りたいと思います。

* 写真上・たくさん実ったローマトマトたち *
* 写真中・大きさがわかるように手のひらと・・・ *
* 写真下・お尻もこの通り、ツルンツルン♪ *

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« バッタの抜け殻 | トップページ | ミョウガの収穫 »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ローマトマト元気になって良かったですねぇ
ツルツルお肌でうれやまし~(笑)
でもピーマンみたいな形なんですね!
おもしろい~
そして、いっぱいつてる~
収穫も楽しみですネ
お野菜は、実がなるまでの楽しみと、収穫して食べる楽しみがあっていいですね。
私もはまりました~(^o^)丿

投稿: orenge | 2005/07/24 01:05

ローマトマトの実、きれいになってよかったです♪
Ca不足なんて目に見えないことだから
あれをちょっと散布したくらいでどうなるものかと不安ですよね
人間もCaが不足すると病気になるので
生き物はみんなおんなじだ~って、最近感心することしきり・・

投稿: kimi | 2005/07/24 08:21

orengeさん、おはようございます。
> ピーマンみたいな形なんですね!
そうなんですよ~。
実はこのトマトを育てるのは二年目なのですが(去年の種が残っていたので)
去年はもっと普通のイタリアントマトの形(細長い卵型)だったのです。
今年はチョット変わった形です。
でも、今年のほうが実が大きいです。成長もとっても早いし・・・
播き時や梅雨どきの気候が大きく関係しているのかもしれません。
私は実が大きければそれで単純にうれしいけど、味の方にはどう影響するのでしょうね。
中身がすかすかだったりしたらチョット悲しいです。

野菜作りはとっても奥が深いみたい・・・

> 私もはまりました~(^o^)丿
私もはまってます~(^-^)丿

投稿: misao | 2005/07/24 08:45

kimiさん、おかげさまでトマトたち、とっても順調です♪

> Ca不足なんて目に見えないことだから
植物を育てていくという事は『目に見えない事』の連続ですよね。彼らは口もきけないし・・・
その代わりに葉っぱや実で不調をあらわすのですね。
育てる方が注意深く見てあげなくてはいけません。
今回は本当にいい勉強になりました。いつも水やりの時に上からしか様子を見ていなかったので、それ以来上からも下からもいろいろな角度で野菜を見るようになりました。

> 人間もCaが不足すると病気になるので
> 生き物はみんなおんなじだ~って、最近感心することしきり・・
なるほどです。植物も生きているのだという事は、育ててみないとなかなか実感できないですね。
水ぎれでしおれている苗などを見るとドキッとします。

投稿: misao | 2005/07/24 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/5103693

この記事へのトラックバック一覧です: ローマトマト その後:

« バッタの抜け殻 | トップページ | ミョウガの収穫 »