« バラを食べる虫 | トップページ | ロシアンセージ »

2005/07/08

ローマトマトが病気・・・

DSCF6705今年はたくさん実をつけてくれて喜んでいたローマトマト。
普通に上から見ているだけでは気がつかなかったのですが
今日写真を撮ろうとしゃがみこんで見てみたら―――
なんと『尻腐れ病』になっていました。
・・・ショック・・・
DSCF6695このなんとも嫌な名前の病気、主な原因は地温の上がりすぎ・乾燥のしすぎ・カルシウム不足・窒素過多なのだそうです。
『窒素過多になると石灰の吸収が悪くなり発生しやすくなる』のだそうで、うちの場合ローマトマトだけに発生しています。
(ミニトマトには出にくいらしい)

昔読んだマンガに『トマトは乾燥気味で育てた方が味が濃くなる』と書かれてあったので、私はトマト類は水を少なめにあげて育てていました。しかし、ただ水不足にしていただけではいけなかったようです。土の中身の事もちゃんと考えてあげなくては―――

DSCF6706対策を調べてみると『過燐酸石灰というものを補充する』とありました。この“過燐酸石灰”というのは即効性の化成肥料だそうです。
水溶性で根まで届きやすいとありました。プランターのトマトにはぴったりなのではないかと思います。
DSCF6703あとは『地温の上がりすぎと乾燥しすぎを防止するために敷き藁をする』といいそうですが、家にはハーブのマルチ材がいっぱいあるのでローズマリーのマルチをしてみました。
バラの鉢とお揃いです。
トマトの鉢を覗くたびにローズマリーのいい香り・・・

もったいない事に今回は10個近くの実が病気になってしまいました。
すべて摘み取って捨ててしまいましたが、今年はかなり実の数が多いので残った実がすべて赤くなってくれればそれでいいかなぁ・・・と思います。

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« バラを食べる虫 | トップページ | ロシアンセージ »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

misaoさん、こんにちは~。
ローマトマト 立派に育っているのにショックですね~。
鉢はプラ鉢のように見えますが、(陶器鉢だったらゴメンナサイ)土の表面だけでなく、鉢の側面も何かしてあげたほうが良いような気もします。アルミ箔で側面を覆うとか、二重鉢にして間に何か詰めるとか。鉢に直射日光が当たらないようにするとか・・・。
沢山収穫できると良いですね~。対策が成功するよう祈ってます。^m^ 

投稿: zucca | 2005/07/08 17:02

はい、ショックでした・・・でももう立ち直りました♪
私はハーブのマルチが大好きで、何かというとハーブマルチを使うのですが
この作業をしていると本当にいい香りで幸せになります。

鉢はプラ鉢です。

> 土の表面だけでなく、鉢の側面も何かしてあげたほうが良いような気もします。
そうですよね。気がつきませんでした。
薄いプラ鉢ですから“地温の上昇を抑える”という意味では何か必要ですよね。
鉢の置いてある場所は半日陰なので、陽の当たる方に何か覆いをしておこうと思います。
アドバイス、ありがとうございます。

> 対策が成功するよう祈ってます。^m^ 
zuccaさんがお祈りしてくださったら勇気百倍ですねっ!!

投稿: misao | 2005/07/08 20:17

ハーブのマルチ、グッドアイデア。私も真似させていただこっと。
梅雨明けまでにはハーブの剪定をかねて収穫です。(鉢が小さいので大株ではないけれど、それなりに繁りますモンね。)
小鳥の糞なども落ちているので、料理に使う気にはなれなくて、いつも「もったいない」と思いながら捨てていたんです。
みずやりの後などハーブの良い香りがあがってきていいでしょうね。

投稿: zucca | 2005/07/09 13:26

私もバラを育て始めるまでは、刈り取ったハーブを使い切れずに半分以上捨ててしまっていました。
今考えると本当にもったいない事をしていました。
ハーブには虫除け効果があるものもあるらしいので、最初に思いついた方はその辺も狙っているのでしょうか?
『マルチは泥はね防止にもなるのでお勧め』とバラ園の方もおっしゃっていましたので、ぜひお試しください。

> みずやりの後などハーブの良い香りがあがってきていいでしょうね。
そうですね。水遣りの時の香りはそれほど長続きしませんが、卵の殻を入れる時など(コガネムシの幼虫避けに入れています)とってもいい香りがします。
ただ、乾燥してしまうと強風で飛んでしまいます・・・

投稿: misao | 2005/07/10 13:58

私もトマトをお庭で栽培していますが、
どのくらいしたら実がなるのかわかりません。

早く種を蒔けば、きちんと育つのですね。

投稿: 裕美・ルミィヤンツェヴァ | 2005/07/15 20:09

裕美さん、はじめまして。
遅く植えられたのでしたら、そろそろ花が咲くころでしょうか?
私も去年はローマトマトの種をずいぶん遅くなってからまきましたが、それでもちゃんと実がなりました。
トマトの収穫期間は長いようなので、わざと時間差を設けて苗を植えたりする方もいるようです。
まだ大丈夫だと思いますよ。
野菜を育てるのはとっても楽しいですよね♪


投稿: misao | 2005/07/16 08:58

ご親切なお返事ありがとうございました。
そうですか、遅くてもきちんと実がなるのですね。安心しました。

時間差を付けて蒔くなど、来年はさらに工夫してみます。

今後も宜しくお願い致します。

投稿: 裕美・ルミィヤンツェヴァ | 2005/07/20 16:36

裕美さん、こんばんは。

野菜を育てる事もお花を育てる事も、なかなか奥が深いようです。
裕美さんは歌を歌っていらっしゃる方なのですね。
(素敵なお写真を拝見いたしました。)
きっと音楽の世界も奥が深いのでしょうね~・・・
そして世界各国にいらしているから、いろいろなめずらしい野菜や花もご覧になっていらっしゃるのでしょう。

> 時間差を付けて蒔くなど、来年はさらに工夫してみます。
私も、いつもいろいろ挑戦したいと思っています。
お互いに頑張りましょうね。

こちらこそ、今後もよろしくお願いいたします。

投稿: misao | 2005/07/20 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/4877148

この記事へのトラックバック一覧です: ローマトマトが病気・・・:

« バラを食べる虫 | トップページ | ロシアンセージ »