« 庭のお客さんたち その2 | トップページ | ゼフィランサス »

2005/08/29

カマキリの脱皮 その2

DSCF83056月7日のブログでまだ小さいカマキリの脱皮について書きましたが、今朝もまたsigeoさんが庭から『カマキリが脱皮しているよ~』と呼びます。
今度のカマキリは前回よりもぜんぜん大きい!
きっと最後の脱皮でしょう。
←最初の写真が5時57分。もうだいぶ体が出ています。
腰のあたりにまだ小さな羽根が見えます。
DSCF8327脱皮が始まったのはいったい何時なのでしょう?
←そして7時57分になるとすっかり体は殻から離れていました。
手前に見えるのが脱皮した殻です。
まだ小さかった羽根もずいぶん伸びています。
私たちが朝食を摂ったりしている間にこんなに頑張ったのですね。
カメラを向けるのがはばかられるほど無防備に見えます。
DSCF8330きっとこの状態で他の生き物に襲われたら逃げられないのだろうな・・・なんて考えました。
←9時13分になると、さっきまでただ伸びただけだった羽根も
カマキリの羽根らしくきちんと重なっています。
それでもまだ緑色が少し淡くて頼りなさそうに見えます。

これで一人前のカマキリになったようですね。

DSCF8332


『ふふん・・・ど~よ。』


― 写真はクリックするとおおきくなります ―

|

« 庭のお客さんたち その2 | トップページ | ゼフィランサス »

」カテゴリの記事

コメント

カマキリネタで、TBさせていただきました。

カマキリの脱皮の姿は私もまだ見たことがありません。
misaoさん、すごいなぁ(笑
このカマキリ、この後も無事に一生をこの庭で平和に過ごせると良いですよね。

投稿: なおみ | 2005/08/29 15:30

なおみさん、こんにちは。
こちらからもTBさせていただきました。
同じ日にカマキリネタとは、偶然ですね~♪

カマキリの脱皮は今年2回目ですが、いつでも最初に発見するのは主人です。
何しろ朝早くから庭に出るのが好きな人で――

今回の脱皮はもう少し前から見たかったのですけどね。
かなり脱皮も終盤に差し掛かったところからでした。
映画だったらクライマックス直前という感じですね。
朝早かったから明るさも足りなくて、写真もイマイチなのですが・・・
それでも羽根が広がって行くのがとてもきれいでしたよ。

そういえば抜け殻が途中でなくなっていたのですが、誰かが食べたのか風で飛ばされたのか・・・?謎です。

投稿: misao | 2005/08/29 16:43

カマキリも脱皮後の薄くて白い羽の姿は、ひ弱そうですネ!でも、カマキリの脱皮なんて始めて見ました~すごい!
今朝、私はカマキリを見つけて始めてバラに移動させました~(^^ゞ 5cmぐらいのカマキリでしたが、小さなスコップに移ってもらうのに釜を振りあげるので・・・やっぱり怖い!
でも、バラで釜を振りかざしてパトロールしてもらうようにお願いしました。

投稿: orenge | 2005/08/30 02:27

orengeさん、おはようございます。
カマキリのまだ薄い羽根は、透明感があってとってもきれいでした。
本当はもっと近寄って写したかったのですが、脱皮直後は無防備な感じなので脅かしてはかわいそうだと思いこれ以上近寄れませんでした。
羽根もようやくしっかりしてから少しアップで顔を写せました。

> 今朝、私はカマキリを見つけて始めてバラに移動させました~(^^ゞ
カマキリ君、バラの害虫をたくさん食べて大きくなって欲しいですね。
orengeさんのバラの立派な番人になってくれますように!

投稿: misao | 2005/08/30 07:56

すごいです!かまきりの成長ドキュメンタリー。
かまきりは2時間くらいかけて脱皮するんですね。そして羽がかわくまでじっと同じ場所にいたのでしょうか。薄緑色の羽がういういしいですね。
私は以前、茶色の大きいかまきりを秋の終わりごろみたことがあります。あれはもう一生を終わりかけたかまきりなんでしょうかね。
そういえば、会社に行こうとしてふと庭をみたら、つばきの枝に蝉の抜け殻がついていました。こんな所で脱皮したのですね。昆虫の脱皮は早朝なんですね。

投稿: レグ | 2005/08/31 01:58

レグさん、おはようございます。

> かまきりは2時間くらいかけて脱皮するんですね。
このカマキリは、見つけたときにはすでにかなり脱皮してしまったところでしたので、
実際はもっとずっと長い時間をかけて脱皮するのだと思います。
殻から外に出て羽根が広がるまでの時間だけで2時間ですから・・・

カマキリは同じ種類でも茶色と緑と両方いるのだそうです。
私は住んでいる場所によってコロコロ色を変えるのだと思っていましたが、それは違うようです。
秋の終わり頃に見かける大きなカマキリは卵を産む直前のカマキリかもしれないですね。
オスを食べてしまって、産卵をするそうです。
一見残酷に見えますが、オスの体もメスのお腹の中で卵の栄養になるのだと思うとへんに納得してしまいます。

> 昆虫の脱皮は早朝なんですね。
うちの庭でカマキリの脱皮(羽化)を見たのは二回とも早朝でしたが、せみの羽化は夜(9時ごろ)なのだそうです。
せみの羽化は1時間半くらいかかるのだそうですよ。

投稿: misao | 2005/08/31 08:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カマキリの脱皮 その2:

» カマキリ [ちょっとだけのらしごと]
8月に入った頃からベランダの野菜でちょくちょく見かけるようになったカマキリ。 まだ羽も生えていない子供のカマキリなのに、どこからか、はるばるこのベランダまでやってきたようです。 そしてここ一週間ほど様子が見えないと思っていたら、昨日突然現れました。 しかも...... [続きを読む]

受信: 2005/08/29 15:25

« 庭のお客さんたち その2 | トップページ | ゼフィランサス »