« ヒゴロノオコナイ | トップページ | ゲラニウム »

2005/08/13

お墓参りとオカモノアラガイ

今日は朝からお墓参りに行きました。
雨上がりで涼しく、お墓参りにはちょうどいい陽気でした。
掃除をして花やお菓子をお墓に供えてお線香をあげて・・・
DSCF7628帰りがけ、墓地の前の道に変わった形のカタツムリが大発生しているのを見つけました。どんぐりのような形をしています。
帰ってきて名前を調べるとどうやら『オカモノアラガイ(陸物洗貝)』という貝のようです。
『マイマイ科』ではなく、『オカモノアラガイ科』なのだそうです。
sigeoさんと次男は道に出ていたオカモノアラガイたちを一つずつつまんでは草の中に返していました。
DSCF7650お盆やお彼岸には、いろいろな生き物に姿を変えてご先祖様たちが帰ってくると言われます。
もしかしてこの小さなオカモノアラガイがうちのご先祖様だったり―――?

今晩迎え火で帰ってくるご先祖が乗るナスとキュウリ。
定員オーバー必至?

DSCF7662
・・・ 迎え火 ・・・

|

« ヒゴロノオコナイ | トップページ | ゲラニウム »

「日記」カテゴリの記事

コメント

わーうちもお盆のときは、きゅうりとナスにきびがらをさして馬を作ります。もっともうちは7月に済ましてしまいました。
最近カタツムリって見かけないですね。たまにアジサイにくっついていたりします。
オカモノアライガイってカタツムリの変種かと思いましたがちがう生物なのですね。体が透明感があってきれいですね。でも外来種かしら?

投稿: レグ | 2005/08/14 02:12

レグさんも馬をお作りになりましたか。
盆提灯を出してこの馬を飾るともうすっかりお盆という感じがしますね。
私は昔からこういう行事が好きなのです。訳もなく・・・

> もっともうちは7月に済ましてしまいました。
東京などの都会ではお盆は7月なのだそうですね。
田舎は旧盆(月遅れ盆)で、ちょうど明日がお盆です。

> でも外来種かしら?
オカモノアラガイの中にも外来種はいるようですが、このオカモノアラガイかどうかはわかりません。
いくつか種類があるようですので、専門知識が無いと見分けがつきにくいです。
昔は田んぼなどに大繁殖したりしたそうですが、現在では多くの県で絶滅危惧種に挙げられているそうです。
墓地にたくさんいた彼らはいったいなんだったのでしょうか?
(千葉県のレッドデータブックに載っているかどうかは不明です・・・)

投稿: misao | 2005/08/14 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/5449004

この記事へのトラックバック一覧です: お墓参りとオカモノアラガイ:

« ヒゴロノオコナイ | トップページ | ゲラニウム »