« ローマトマトの収穫 | トップページ | ヒゴロノオコナイ »

2005/08/11

ポーチュラカの挿し芽 その後

6月19日のブログに書いた“ポーチュラカの挿し芽”
全部根付いて順調に育っています。
DSCF7558←親株の方はアブラムシの被害がひどく
時々薬のお世話になっていますが、
挿し芽株の方は元気いっぱい。
DSCF7560←柿の木の根元に植わっているので日当たりは今ひとつですが、それでも毎日かわいい花を咲かせてくれます。
あんなに小さな挿し穂だったのに・・・健気です。
まだまだ小さな脇芽がたくさん出て来ているので、夏の終わりまで花を楽しむ事ができるでしょう。

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« ローマトマトの収穫 | トップページ | ヒゴロノオコナイ »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

このお花かわいいですよねー。
いろんな色が混じって、なんかゼリービーンズみたいで。

アブラムシつかなそうですけど、やっぱり付くんですね。
てんとうむしが活躍してくれるといいですね。

投稿: やや | 2005/08/11 16:49

“ゼリービーンズ”とは、うまい例えですね♪
そうそう、カラフルでかわいい印象がぴったりです。
私はもともとどんな花でも色を混ぜて植えるのはあまり好きではないのですが
このポーチュラカだけはミックスで植えるのが好きなのです。
それはまさに“ゼリービーンズ”のような明るさ・楽しさがあるからでしょうね。
これからまだまだ枝が増えて、カーペットのようになってくれると思います。

> アブラムシつかなそうですけど、やっぱり付くんですね。
そうなんです。
地植えの方はぜんぜんつかないのですが、鉢植えの方はびっしり・・・
仕方なく薬をまいてしまったので、悲しいけれどテントウムシ君は来てくれないと思います。
本当は自然に任せたかったのですが、あまりの数の多さにもうガマンができなくて―――

投稿: misao | 2005/08/11 20:56

misaoさん、こんばんは。

ポーチュラカ 元気いいですね。私のうちにはないですが、好きな花のひとつです。

先日はコメント有難うございました。
misaoさんのおっしゃるとおりでした。自分の不勉強を恥じつつ、これからもよろしくお願いします。

投稿: zucca | 2005/08/11 21:15

zuccaさん、こんばんは。
ポーチュラカは真夏の暑さにも強いので、安心して育てられる花ですね。
毎年つい庭のどこかに植えてしまいます。
日が当たっている間しか咲いてくれないのがちょっぴり残念な花ですね。

先日の件は本当はメールでお知らせしようと思ったのですが、アドレスがわからなかったのでコメントで失礼いたしました。
こちらこそ、zuccaさんにはいつもいろいろな事を教えていただいて感謝しています。
これからもよろしくお願いいたします。
 
ペルセウス座流星群の日は、どうやらこちらはお天気が悪いようです。
天気予報がはずれてくれるといいな~・・・

投稿: misao | 2005/08/11 23:08

ポーチュラカってあまり背がたかくならない花なんでしょうか。とてもいろいろな色があってかわいいですね。
私は背が高くならない草で松葉ボタンを植えようと思ったのですが、最近の花屋さんには桃色の種しかなくてやめました。ポーチュラカを見たら思い出しました。

投稿: レグ | 2005/08/12 00:24

レグさん、おはようございます。
> ポーチュラカってあまり背がたかくならない花なんでしょうか。
大きさはだいたい松葉ボタンと変わりません。
地面を這いながらどんどん広がって咲きます。

> 最近の花屋さんには桃色の種しかなくてやめました。
そうなのですか・・・それは残念でしたね。
松葉ボタンもいろいろな色が咲いているととってもかわいいですよね。
でも松葉ボタンはこぼれダネでよく出てくるそうなので、
一度植えるとかなりの間楽しめるようですね。
私も今度種をまいてみようかな・・・

> ポーチュラカを見たら思い出しました。
松葉ボタンもポーチュラカも同じスベリヒユ科なので似ているのですね。

投稿: misao | 2005/08/12 09:00

ポーチュラカがたいへん!と思って調べているうちにsigeさんのページに…。日ごろいそがしさにかまけて「あ、アリが来ている。」としか見ていなかった私。小さい黒い生き物は何でしょう?アブラムシでしょうか?でも黒いから…。とりあえず薬を買ってきます。花がことごとく食べられている(?)なんてこと、前の家ではこんなことなかったのに。

投稿: vivi | 2005/08/19 16:55

viviさん、こんにちは。
うちのポーチュラカについているアブラムシも黒いアブラムシです。(同じ種類でしょうか?)
アブラムシもいろいろな色のがいるようですね。

ポーチュラカはまだまだ花の季節なので、今虫にやられてしまってはかわいそうですね。
アブラムシは花を食べたりはせず植物の汁を吸いますので、花がきれいに咲いてくれなくなるようです。
それでもすぐに対処すれば数日で元気に花を咲かせてくれると思います。

もしもスプレー式のお薬でしたら、炎天下は避けて涼しい夕方などに撒いたほうがいいようです。

投稿: misao | 2005/08/19 17:49

misaoさん、こんにちは。

私もポーチュラカを育てています。
気がついた時にはアブラムシがびっしり!
毎年そうなんですよね。
今年は思い切ってきり戻して薬剤を散布しました。
そうしたら、いまは元気に葉が伸びてきて、花を咲かせ始めたようですo(^-^)o

またアブラムシがついたら嫌だなぁ。
いまのうちに薬剤まいたほうがいいのでしょうか。

投稿: ぶっき~ | 2005/08/21 12:20

ぶっき~さんこんにちは。
ポーチュラカ、うちでも毎年育てていますが今年ほどアブラムシの被害に遭った事はありませんでした。
アブラムシは風通しが悪い場所に発生しやすいそうなので、置き場所も原因の一つかもしれません。
風通しがよく涼しい場所に地植えしている方のポーチュラカには虫がぜんぜんついていないのです。

> いまのうちに薬剤まいたほうがいいのでしょうか。
殺虫剤の取扱説明書を見ると、予防の意味で早めに薬をまくようですね。
私の場合は自信が薬に弱い体質なのと、庭にやって来る虫たちを観察したいのと、庭のあちこちに直接口にするハーブを育てているのとで、極力薬を使わないで庭造りをしています。
だからポーチュラカも“アブラムシを発見してから薬をまく”という方法です。
本当は使いたくありませんが、一年草はお花を楽しむ期間が限られています。
せっかくのお花も咲かなければ意味がありませんものね。
お花を楽しむために苗を買ったのですから・・・

投稿: misao | 2005/08/21 16:00

アドバイスいただきありがとうございます。早速、薬を買ってきて、かけたのですが、切り戻していません。ぶっき~さんは、切り戻したそうですが、やっぱりしたほうがいいですよね。早くかわいいお花をまた咲かせてほしいなあ~。それと、もうひとつ。ペチュニアも挿し木ができると言うことを聞いたのですが、いつも失敗してしまいます。どうしたら、うまくいくのでしょうか。切り戻した時のものを利用できたらなあと思うのですが…。 

投稿: vivi | 2005/08/21 23:28

viviさん、おはようございます。
ポーチュラカは花期の長い花なので、時々切り戻してあげるといいと思います。
アブラムシにやられて枝先のつぼみが傷んでいる時は、いい機会かもしれませんね。
ただあまりいっぺんに切り戻してしまうと次のお花が咲くまでに時間がかかりますので
私はヒョロリと伸びた枝から順に切り戻しています。
(そしてちゃっかり花壇の隅に挿しています)

それから、ペチュニアの挿し木は私はやったことがありません。
お役に立てなくてもうしわけありません。
ペチュニアの挿し木をなさっている方のお話を聞くと、やはり切り戻しをしたものでなさっているようですね。

http://cat-tail.milkcafe.to/garden/petyunia/frame_petyunia_top.html
こちらの『挿し芽』というページに、写真付きでたいへん詳しくわかりやすい挿し芽の方法が書かれています。
参考になさってはいかがでしょうか?
見せていただいていたら「私もチャレンジしてみようかな?」という気持ちになりました。
viviさんも頑張ってくださいね。

投稿: misao | 2005/08/22 09:05

misaoさん、挿し芽についてのホームページを紹介していただきありがとうございます。とてもわかりやすくてよかったです。早速してみようと思います。昨日、子どもと一緒に理科研究のためにしていたベゴニアの根が発根しました。1ヶ月半前に(水につけて)ひとつ発根したのを植え替え、大きくなってきたので、今度は子どもと一緒にしていたのですが、すぐ腐ってしまってうまくいかなかったのであきらめかけていました。二人で大喜びして、写真を撮りました。「ポーチュラカもランタナも根が出てきてね。」とお願いしていました。ちなみに娘は4年生で、庭の水遣りも自分からよくしてくれる子です。お花が大好きな子に育っていってほしいなあ、と思っています。

投稿: vivi | 2005/08/24 23:40

viviさん、おはようございます。
じつは私もあのHPを見て、あれからペチュニアの挿し芽をしてみました。
もう終わりに近づいている“ブリエッタ”の白がありましたので、ダメモトで試しています。
うまくいったら来年頑張って増やしてみるつもりです。

> 昨日、子どもと一緒に理科研究のためにしていたベゴニアの根が発根しました。
ベゴニアも挿し芽ができるんですね。うちでは時々こぼれダネで芽が出てきますが・・・
そう考えると植物というのはかなり生命力があるということですね。

> お花が大好きな子に育っていってほしいなあ、と思っています。
もうすでにお花が大好きな娘さんなのではないですか?
好きでなければ水遣りなどなかなか自分からはしてくれないと思います。
自分で種をまいたり育てたりした花が咲いたら大人でもとても感動しますよね。
今回のベゴニアが咲いたりしたら、もう娘さんもお花のトリコになってしまう事でしょう。

“娘さんと一緒にガーデニング”というのは憧れですね。うちは男の子ばかりなので“花より虫”なのです。

投稿: misao | 2005/08/25 09:20

misaoさん、こんにちは。

ポーチュラカがいよいよ復活してきましたので、ブログに写真を載せました。
よかったら一度見てみてください。

トラックバックさせて下さいね(*^-^*)

投稿: ぶっき~ | 2005/08/28 13:39

ぶっき~さん、こんばんは。
ポーチュラカ、見せていただきました。
元気が出そうなポーチュラカがたくさん咲きましたね。
復活して何よりです。
もう一度たくさんの花を咲かせる事ができて、ポーチュラカもきっと喜んでいますね♪
そして風水で金運もアップ間違いなし!

日々草もかわいいですね。私は特に白い日々草が好きです。
虫にも病気にも強くて頼もしい花ですよね。

投稿: misao | 2005/08/28 18:05

こんばんは。子どもと一緒にしていた挿し芽、ランタナ以外成功しました。特にポーチュラカは、水でも土でも2日で根が出て、それも100%だったので娘は大喜びしました。夏休みの宿題(理科研究など)も終わり、ほっとしているところです。日々草やミニバラもしてみようと話しています。アブラムシがついていたポーチュラカも復活して花を咲かせ始めました。残念なのは私が仕事に行っている時に大好きなポーチュラカがきれいに咲いて、帰ってきたごろにはしぼんでいることです。

投稿: vivi | 2005/09/01 01:20

viviさん、おはようございます。
挿し芽の成功、おめでとうございます。
娘さんは今日から二学期でしょうか?楽しく理科の研究ができてよかったですね。
楽しみながら身につけた事はきっと忘れないでしょう。

> 日々草やミニバラもしてみようと話しています。
私もいろいろな植物を挿し芽で増やしていますが、バラも品種によっては簡単につくものがあります。
私は剪定した枝を適当に土に挿しておくだけですが、成功率を高めるためにはやはりコップにさしておく方が良さそうです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~sy1998/cotton/rooting.html
↑こちらにとってもわかりやすく親切に挿し木のしかたを載せてくださっているサイトがありますので、のぞいてみてください。
がんばっていろいろ試してみると楽しみが広がりますね。

> 残念なのは私が仕事に行っている時に大好きなポーチュラカがきれいに咲いて、
> 帰ってきたごろにはしぼんでいることです。
そうですよね~、ポーチュラカは夕方かなり早い時間に閉じてしまいますね。
お仕事をなさっていると、あふれるように咲いているのを見るのは週末だけになってしまうのでしょうか?
『道行く人に楽しんでもらおう』と割り切って、あとはかわりに娘さんによ~く見ておいてもらいましょうか・・・

投稿: misao | 2005/09/01 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/5405760

この記事へのトラックバック一覧です: ポーチュラカの挿し芽 その後:

» ポーチュラカ [ハッピーえぶりでぃ?]
                                        [続きを読む]

受信: 2005/08/28 13:41

« ローマトマトの収穫 | トップページ | ヒゴロノオコナイ »