« アメジストセージ(サルビア・レウカンサ) 2種 | トップページ | 青いサルビアたち »

2005/09/22

庭にも秋の気配

DSCF89169月も下旬に入り、明日はもう秋分の日。
いよいよ秋の気配が濃くなって来ました。
うちの小さな庭にも確実に秋が訪れています。
←野鳥の水のみ場です。(今はスズメと蜂しか来てくれません)
この鉢にはヘンリーヅタとヘデラを植えています。
ヘンリーヅタは、今はまだほんのり色づいた程度ですが、これから気温が下がるにつれてとても鮮やかな紅色になります。
DSCF8780そして台風も耐え忍んで立派に育ったシナガワハギが、
黄色い清楚な花を次から次へと咲かせています。
とても風情のある野の花です。
相変わらずブッドレアの香りに負けてしまっているので
数本の枝を花束にして玄関につるしました。
2日後にはもういい香りを放ち始めました。
DSCF8925生の時とはぜんぜん香りの強さが違います。
乾燥する事によって壊れた細胞の中から
クマリンという成分が出てくるのだそうです。
それが和風ないい香りなのです。
庭仕事の時にかぶる麦藁帽子といっしょにつるしてありますので、
帽子をかぶる時にほんの~りいい匂い。

DSCF8937一方雑草にもちゃんと秋の草花が生えています。
駐輪場のわきに毎年生えてくるマメ科のヌスビトハギ。
花は小さなピンク色をしています。
実の形が盗人が爪先立ちで歩く時の足跡の形なので『盗人萩』なのだそうです。
昔の人は面白い名前をつけましたね。

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« アメジストセージ(サルビア・レウカンサ) 2種 | トップページ | 青いサルビアたち »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ハギの花、なんだか風流ですね。
品川萩って、そんなにいい香りがするんですね。知りませんでした。
私も川原に行ったら何本か持って帰ってみますね。
盗人萩は、これまた知りませんでした。
種の形が面白いですね。
でも、このかわいらしさにこの名前、ちょっとかわいそうですよね(笑

投稿: なおみ | 2005/09/22 11:26

もう秋なんですね。
夏が過ぎるのってあっという間です。

普段は嫌がられてしまう雑草にも、いろんな名前と意味があるのですね。
雑草もよくよくみればとてもかわいらしいです。
私も雑草みたいになりたいな。

投稿: やや | 2005/09/22 16:01

なおみさん、こんにちは。

> ハギの花、なんだか風流ですね。
ハギの花はどれも風になびく姿が優しくて、和服の女性を連想してしまいます。

> 私も川原に行ったら何本か持って帰ってみますね。
なおみさんのお近くの河原には生えているんですね?いいな~♪
うちの近所では見かけないので、この種もいただき物を播いたのです。
ぜひ持って帰って乾燥させてみてください。
クマリンの香り=桜もちの香りなのだそうです。
桜もちの葉っぱ(大島桜の葉)にもクマリンが含まれるのだそうですよ。

盗人萩・・・確かにかわいそうな名前ですね。
でも世の中にはもっとかわいそうな植物(ヘクソカズラやハキダメギクなど)がいっぱいですから、このくらいはガマンしてもらわないと。

投稿: misao | 2005/09/22 16:32

ややさん、こんにちは。

> 夏が過ぎるのってあっという間です。
本当にそう思います。なんだかんだ言っているうちにもうすっかり秋になってしまった感じです。

> 普段は嫌がられてしまう雑草にも、いろんな名前と意味があるのですね。
調べてみると面白い名前の植物って本当にたくさんありますね。
例えばどこにでも生えているカタバミ。漢字で片喰と書きます。
夕方葉が閉じてしまうと片方が食べられて(欠けて)しまったように見えることから付けられた名前だそうです。
黄色い花も近くで見るととってもかわいいですよね。

> 私も雑草みたいになりたいな。
いいですね~、打たれ強くてたくましい。ちょっとやそっとじゃヘコタレない。
そして、悲しくてうつむいている人の心をさりげなく和ませる事ができる存在ですね。
憧れてしまいます。

ところで、台風が心配ですね・・・またこっちに来ています。

投稿: misao | 2005/09/22 17:14

いやいや、秋の花も楽しいですね。
ハギはハギでもヌスビトハギは確かに葉の形がヌキアシ、サシアシ、シノビアシの形です。
誰がこんなユニークな名前をつけるのでしょうね。名前を調べるのも楽しくなりますね。

投稿: レグ | 2005/09/23 00:28

misaoさんはじめまして。葉月ともうします。
サルビアの記事をみかけてからよませていただいてます。ヌスビトハギ、雑草でも、秋らしい花ですてきでした。
私も千葉にすんでおり、八街も行ったことがあります。HPの里山の記事をみて、自分も近所の山や林を探索したくなりました。これからも楽しみにしております。

投稿: 葉月 | 2005/09/23 02:07

レグさん、秋は花の色が冴え冴えと濃くなってきますね。
春の庭も華やかでいいけれど、秋の庭は独特の雰囲気があって私は大好きです。
萩やシソ科の植物などがたくさん咲きはじめますし、野山にはさまざまな木の実も見られますよね。
カラスウリを見つけたりするとなんだかウキウキします。

> ハギはハギでもヌスビトハギは確かに葉の形が
> ヌキアシ、サシアシ、シノビアシの形です。
ヌキアシ、サシアシ、シノビアシ・・・うふふ、そうですね~
手ぬぐいを鼻の下で結んだ泥棒の顔を思い浮かべてしまいました。
でも、この形をしているのは葉ではなくて実なのです。

> 誰がこんなユニークな名前をつけるのでしょうね。
植物学者の方が付けるのかとも思いますが、よ~く考えてみると昔からそういう名前で呼ばれていたものなどもあるのでしょうね。そうすると名付け親はお百姓さんとか村の子供たちとか・・・?
そういうのもロマンがあっていいかもしれません。

投稿: misao | 2005/09/23 09:20

葉月さん、はじめまして。ようこそおいでくださいました。
サルビアは大好きな花なので少しずつ集めています。
春から咲いているものもありますが、秋に咲くブルー系のサルビアが特に美しいんですよ。

> ヌスビトハギ、雑草でも、秋らしい花ですてきでした。
雑草でもかわいい花はたくさんありますね。
特にマメ科の雑草は素敵な花が多いように思います。

葉月さんは千葉にお住まいなのですね。
千葉はまだまだ少し郊外へ出かけると自然がたくさんある場所ですから、野の花なども色々みることができますね。
ぜひ近所の山や林を歩いてみてください。
ただこれからの季節、山ではスズメバチによく遭遇します。
じゅうぶんご注意ください。白っぽい帽子と服装がいいそうです。

葉月さんのブログ、私も見せていただきました。
私も昨年からまともにバラを育て始めた初心者なのですよ。(それまではただ植えていただけでした)
マーガレットメリル、私も昨年買いましたがいい香りですよね♪

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: misao | 2005/09/23 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/6060867

この記事へのトラックバック一覧です: 庭にも秋の気配:

« アメジストセージ(サルビア・レウカンサ) 2種 | トップページ | 青いサルビアたち »