« サルビア(セージ)の季節 | トップページ | 『バアソブ』改め『ジイソブ』 »

2005/09/11

里山の花

DSCF8658この週末は2日続けて里山に散策に出かけました。(投票には朝一で行きましたョ♪)
今の季節は里山にも秋の花がたくさん咲きはじめて、楽しいこと楽しいこと・・・暑さも忘れてsigeoさんと歩き回りました。
写真も撮りまくりました。(途中で換えの電池も底をつきました)

そして昨日・今日と撮って来た植物の名前調べに追われています。
ネット検索で調べ切れなかったものは図書館で調べました。
名前を調べるのはなかなか楽しい作業です。
子供の頃からしょっちゅう目にしていたにもかかわらず名前を知らなかった花があって
調べてみると意外とヘンな名前だったり・・・

dscf8708めずらしい花を最初に見つけるのはいつもsigeoさんです。私と違って目の良いsigeoさんが『あれは?』などと知らせてくれます。
今日もずっと見たかった“バアソブ”という花を見つけてくれました。
“バアソブ”は“婆蕎”と書きます。おばあさんのそばかすなのだそうです。
花の中の模様がそばかすのようなのだとか・・・
帰ってきて写真を見てみたら、中の模様まで写っているものがなかった~~!
アリエナイィィィ・・・まだまだだな、わたし・・・

dscf8672野の花たちは、本館の『里山のページ・八街便り9月』に近日中にアップする予定です。
←オマケのイトトンボ

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« サルビア(セージ)の季節 | トップページ | 『バアソブ』改め『ジイソブ』 »

里山」カテゴリの記事

コメント

確かに、よく見かけているはずなのに名前を知らない野草って、たくさんありますよね。
それにしても、バアソブって、スゴイ名前ですね、初めて聞きました。
近頃は時間がなくて野山の散策に出かけていなかったけれど、私もそろそろ出かけてみたいな。

投稿: なおみ | 2005/09/11 21:34

里山の新しいページ、楽しみにしています!!
“バアソブ”、初めて見ました。
九州にはない野草なのかもしれませんね♪
それにしてもsigeoさんと2人、仲良いですね~!
今日の千葉県は相当気温が上がった事でしょう(笑)。

投稿: クミン | 2005/09/11 22:59

「バアソフ」とはおもしろい名前ですね。でもうつむき加減で花びらの外側と内側で色がちがっておしゃれでシャイな花ですね。
「里山のページ」見ました。黄金色の秋は楽しみですね。

投稿: レグ | 2005/09/12 01:10

なおみさん、おはようございます。
野草の名前を探すのは本当に骨が折れる作業です。

> 確かに、よく見かけているはずなのに名前を知らない野草って、たくさんありますよね。
そうなのです。
私も本館のほうで里山のページを作って以来それを身にしみて感じています。
子供の頃に摘んで歩いた花の名前が思い浮かばなくて、よく考えてみたら元々知らなかった・・・などという事がけっこうあったりしました。
『へ~、こんな名前だったのね、あなたは・・』とかシミジミ思ったり。

> それにしても、バアソブって、スゴイ名前ですね、初めて聞きました。
私も図鑑やハンドブックに載っていたのを見た事があるだけで、実物を目にしたのははじめてなのです。
感動してしまいました。
しかしいろいろ調べているうちに「バアソブ」のほかに「ジイソブ」というのがあることがわかりました。
もしかしたらこれは「ジイソブ」(ツルニンジン)なのかもしれません。
詳しく調べて判明したら今日のブログに書こうと思います。

> 私もそろそろ出かけてみたいな。
もうすぐ散策にはいい季節になりますよね。
なおみさんもカメラ片手に、どうぞお出かけください。

投稿: misao | 2005/09/12 09:03

クミンさん、おはようございます。

> 里山の新しいページ、楽しみにしています!!
ありがとうございます。
そう言っていただけると作り甲斐があります。
今回は写真をいっぱい撮ってきたので、がんばってアップしようと思っています。

> “バアソブ”、初めて見ました。
> 九州にはない野草なのかもしれませんね♪
それが・・・申し上げにくいのですが、ハンドブックには『分布――日本全土』とあります。
しかも!!『山のふちなどで“よく見かける”つる植物』ともあります。
昨日生まれてはじめて目にした私って、いったい――――(汗汗汗・・・)

> それにしてもsigeoさんと2人、仲良いですね~!
いやいや、てれますなぁ・・・
sigeoさんは元々野山歩きが好きな人なので、趣味が一致しているのです。
私たちが野山を歩く時は手を繋ぐわけでも寄り添うわけでもなく
淡々と虫や植物を見ながら歩きまますので、気温が上がったのは私たちのせいではありません。

投稿: misao | 2005/09/12 09:13

レグさん、おはようございます。
レグさんの書き込みのおかげで、「バアソブ」の名前が“もしかしたら違っているかも”と気がつきました。
よく似た「ジイソブ」(お爺さんのそばかす)という植物があって、その特徴が『花びらの外側が白いこと』なのです。
他にも花の大きさや葉の特徴などで見分けるのですが・・・
もう少し良く調べてみる事にしますね。

でも、名前はすごいけれど、本当に花はシャイでかわいい姿をしています。
『あんまりな名前』の植物って、けっこうあるんですよね。
ヘクソカズラ・ハキダメギク・オオイヌノフグリ・・・
でも、花がかわいいからいいんですけど。

「里山のページ」見ていただいてありがとうございます。
田舎暮らしの身にはごくごく日常的な田んぼの景色も、見る人によってはめずらしかったりするかも?と思って作ったページです。
9月分も今日中にアップしますので、お暇な時に覗いてみてくださいね。

投稿: misao | 2005/09/12 09:21

>私たちが野山を歩く時は手を繋ぐわけでも寄り添うわけでもなく
淡々と虫や植物を見ながら歩きまますので、

いや~、そうだったのですか(笑)。
どうも失礼しました。
でも時には手をつないでみたら・・・?
sigeoさんどんな顔をなさるでしょうか(o^-^o)。

投稿: クミン | 2005/09/12 23:07

クミンさん、おはようございます。
うふふ・・・どうもご期待に副えなくて申し訳ございません。

> でも時には手をつないでみたら・・・?
基本的にsigeoさんは私より体温がかなり高いので、
夏場は寄り添って歩きたくないのです。
その代わり冬になると手を繋いだり腕を組んで歩くこともあります。
歩く懐炉とでも申しましょうか・・・

> sigeoさんどんな顔をなさるでしょうか(o^-^o)。
ぜんぜん表情が変わらないのですよ。
リアクションはまったく無し。
ちょっとは恥ずかしがったりニヤけたりしてくれると面白いのですけれど。
もうお互いそういう年じゃないですからね―――(遠い目)

投稿: misao | 2005/09/13 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里山の花:

« サルビア(セージ)の季節 | トップページ | 『バアソブ』改め『ジイソブ』 »