« ハヤトウリの収穫 3 | トップページ | 近所の畑でパパイヤ »

2005/10/28

ヒラタアブ

春にかわいい姿をたくさん見せてくれたヒラタアブ。
幼虫がアブラムシを食べてくれるとってもありがたい虫ですが夏の間はあまり見かけなかったような気がします。
DSCF9539

今朝苗の植え替え作業をしていたら、
バラの蕾や葉の周りにたくさんのヒラタアブがいました。

* ピエール・ド・ロンサールの葉で羽根を休めているヒラタアブ *

DSCF9547

他のバラでは涙滴型のサナギも見つけることができました。
涼しくなるともう一度繁殖期を迎えるのでしょうか・・・

* シュウメイギクにいたヒラタアブ 平たいお腹が名前の由来 *

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« ハヤトウリの収穫 3 | トップページ | 近所の畑でパパイヤ »

」カテゴリの記事

コメント

ヒラタアブ misaoさんのブログで名前覚えました。お腹が平たいからヒラタアブ・・・シンプルな名前のつけ方ですけれどわかり易いですね。
アブって刺されると大変なんでしょう、これは刺さないのですか?
見方を変えると、怖い生き物も可愛くいとおしくなってきますね。
シュウメイギクがとても素敵。

投稿: zucca | 2005/10/28 11:43

zuccaさん、こんばんは。
このアブはウシアブなどと違って人を襲う事はありません。
花から花へ飛び回ってバラなどに卵を産み、幼虫はアブラムシを食べてくれます。
とってもありがたいアブですよね。

同じように虫を食べてくれるムシヒキアブ類もいますが、こちらは大きいのでちょっと怖いです。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/sigesan/musitati.htm
↑こちらのページの下のほうにいるアオメアブなどがその種類です。

シュウメイギクは今年たくさん咲いてくれました。でも、もうそろそろおわりかな・・・
最後のお花をzuccaさんに褒めていただいて嬉しいです。

投稿: misao | 2005/10/28 17:24

misaoさん、私 パス です。
misitatiのページ開いて見ましたが、すぐに閉じました。なにもパソコンから飛び出してくる訳ではないのですから、見るくらいは・・・と思うのですが、やはりダメみたい。ゴメンナサイね。m(__)m
(でも もう一度挑戦と思って、インターネットエクスプローラーの窓を小さくして、misitatiを見ようとTRYしましたが、窓を小さくすると余計に怖くなりますね。)

投稿: zucca | 2005/10/28 20:17

zuccaさん、こんばんは。そしてごめんなさい。
zuccaさんに謝っていただくのは筋違いです。
(しかも再チャレンジまでしていただいて・・・申し訳ないことをしました。)

zuccaさんは虫苦手だったのですね・・・ついつい忘れてしまいました。
何しろ自分が虫好きなもので、ついつい調子に乗ってしまって。
虫が苦手な方は『蝶類がダメ』『芋虫がいや』等等様々な理由のようです。
実はこんな私もクモやムカデなどは大の苦手です。
なにしろ『足がいっぱいあるのが許せない』のです。
子供の頃、大好きな昆虫図鑑の最後の方(クモなどのページ)だけはめったに開かなかった私です。
今では写真を撮れるくらいまで慣れましたが・・・

投稿: misao | 2005/10/28 21:44

misaoさん、こんにちは
もしかして、子供のころ虫愛ずる姫?
私も小学館の百科図鑑1&2(植物と昆虫)は,愛読書でした^^
足が多い虫が嫌な人は、多いですね。
私は、基本的に、見るだけでしたらなんでもOKです。

ところで、ムカデの英名は、centipede、
ラテン語のcent(百century,centimeter)と、pede(足pedal,pedestrian)、
つまり百足なんですよ~~
そのまんまなので、知ったときはちょっと感動しました。

投稿: kyara-mama | 2005/10/29 14:19

kyara-mamaさん、こんばんは。

> もしかして、子供のころ虫愛ずる姫?
うふふ・・・何しろ育った場所が田舎だったので、虫とよく遊んだ事は間違いないですね。
小さい頃から虫に接していると『怖い』とか『気持ち悪い』とかいう感情はなくなるのでしょうか?
それでも大人になるまで芋虫や毛虫は苦手でしたよ。
芋虫類を手で触れるようになったのはガーデニングを初めてからです。
毛虫はいまだに箸ですが・・・

> 私は、基本的に、見るだけでしたらなんでもOKです。
すごいですね~ 私はいまだに大きなクモのページはおそるおそる開きます。
インターネットで『アシダカグモ』を検索していて、画面いっぱいに大きな写真が出たときは鳥肌が立ちました・・・

ムカデの英名が“百足”・・・そのままですね~
kyara-mamaさんは色々なことよくご存知ですね。やはりお好きだからでしょうか。
好きだから知りたい、知りたいから調べる、調べるから知識が増える・・・みたいな感じですね、きっと。

ムカデといえば、以前ムカデがお医者さんを呼びに行く話を読んだ事があります。
仲間が腹痛を起こしてムカデが呼びに行くのですが、なかなか帰ってこない。
不審に思って見に行ってみるとまだ玄関で靴を履いていた・・・というオチです。

投稿: misao | 2005/10/29 17:31

ヒラタアブというのですか。
うちも先日シュウメイギクに来て、きょうは、みせばやに遊びにきてました~
今度お腹良く見てみます。
ガーデニング(花いじり・土いじり)してると、どうしても虫はつきものですネ
始めは避けていたけど、もう随分なれました~
でも、毛虫はイヤです(>_<)

投稿: orenge | 2005/10/29 23:49

おかでさまで、ヒラタアブという名前がわかりました。
お腹が平たいからヒラタアブ。なるほど、横からも見るものですね、お腹がペッチャンコです。
TBさせていただきましたので、よろしくお願いします。
 

投稿: ぴょんぴょん | 2005/10/30 07:24

>kyara-mamaさんは色々なことよくご存知ですね
misaoさん、”ご存知”じゃないですよ~
ぜんぜん知りませんよ~~
でも、最近、知らないって、いいことかもと思い始めています。
この年になって、ああそうだったのかとか、
へ~~すごい!って、感じることができる・・・
というわけで、こちらのHPのおかげで、しょっちゅう感動しています。
これからも面白いもの、素敵なもの、
沢山見せてくださいね^^

投稿: kyara-mama | 2005/10/30 12:29

orengeさん、こんにちは。

orengeさんのところでもシュウメイギクに来ていましたか~
きっとシュウメイギクはお気に入りなのでしょうね。
“みせばや”というお花は珍しい名前ですね。
先ほど見せていただきましたが、とってもきれいなお花でした。
葉っぱを見るとベンケイソウに似ているようですね。
あの花に止まっているのはおそらくヒラタアブだと思います。
お腹がぺったんこですし、羽根の形もよく似ていました。
ヒラタアブも種類が多くて、まだ私にはすぐには見分けられません。そこまでいくと図鑑とにらめっこです。

そうですよね~
ガーデニングをしていると避けて通れないのが虫の問題ですね。
まあ、殺虫剤でかんたんにやっつけてしまう事もできますが、益虫諸共やっつけてしまうのは考えものです。
見ていて楽しい虫やかわいい虫もいますしね~

> でも、毛虫はイヤです(>_<)
私もです(´・_・`)

投稿: misao | 2005/10/30 14:41

ぴょんぴょんさん、こんにちは。

同じ虫が日本各地に一度に現れるというのがまた楽しいですね。
ブログで見せていただいた虫が数日後にうちの庭にも・・・なんて
別に同じ個体が移動するわけではないけれど、それでもなんだか妙に楽しいです。

> お腹が平たいからヒラタアブ。
ちょっぴり安易な感じがしますが、覚えやすくていい名前とも言えますね。
何よりもアブラムシを食べてくれると言うところが私にとってはとても嬉しい虫さんです。
ただあのぺっちゃんこなお腹にちゃんと内臓が入っているのか・・・心配になっちゃいます。

投稿: misao | 2005/10/30 14:48

kyara-mamaさん、こんにちは。

> この年になって、ああそうだったのかとか、
> へ~~すごい!って、感じることができる・・・
それそれ!私も最近それをよく感じます。
皆さんからいろいろな事をお聞きして、見せていただいて、
感心したり不思議に思ったり、もっと詳しく知りたくなったり・・・
昔は嫌いだった勉強が、今では楽しいと思う時もあります。
(もっとも自分が好きな事や興味のある事限定ですけれど)

> ”ご存知”じゃないですよ~
そんな事おっしゃらないで、これからも何か面白い事がありましたらぜひ教えてください。
そしてみんなで『ああ、そうだったのか!へ~~すごい!』と思う事ができればもっともっと楽しくなると思います。

投稿: misao | 2005/10/30 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒラタアブ:

» 花から花へ・・・庭の訪問者たち(2) [My Tiny Flower Garden]
クジャクアスターやノコンギクもハチやチョウさんに人気があります。 ....... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 07:26

« ハヤトウリの収穫 3 | トップページ | 近所の畑でパパイヤ »