« ピエール・ド・ロンサール 冬の花 | トップページ | 『もしもバトン』 »

2005/11/27

デジカメ不在の2日間

昨日は長男・次男のお供で長柄町にあるサーキットへ、
今日は次男のお供で多摩丘陵へと出かけてきたうちのデジカメ。
毎日忙しく活躍しております。
   * * *
DSCF0417次男が在籍しているのは、休日でも“巡検”という活動のある変わった学科です。
今日は『多摩丘陵の地形と多摩ニュータウンの土地利用』などの調査のために12キロを歩いて来たのだそうです。
DSCF0416帰ってきたデジカメの画像をパソコンに落としてみると、空き地だの割れた石だの雑木林だのの写真に混じって素敵な橋の写真がありました。 『長池見付橋』という、とてもきれいな橋です。明治時代に四谷に作られた橋が近年移設されたのだそうです。

さて、明日は庭の色づき始めたハマナスやブルーベリーの葉の写真を撮りまくろう!!
メジロもシジュウカラも来てくれるとうれしいなぁ・・・
カメラがあるときに限って来てくれなかったりするのかしら。
 
― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« ピエール・ド・ロンサール 冬の花 | トップページ | 『もしもバトン』 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、二日間デジカメのない、不自由な時間を過ごされたのですね。

で、今日はお願いに上がりました。
misaoさんブログのバトンってご存知ですか?
指定された質問に自分の考えを書き込むだけなのですが。

そして、その質問を知り合いの方2名以上に「バトンタチ」すると云う遊びです。

今回sakaeに渡されたバトンmisaoさんにお渡しいたしますのでよろしくお願いいたします。

もしも、要領がつかめないようでしたら、sakaeの前の方々の書き込みをお教えいたしますので重ねてお願いいたします。

ではでは。

投稿: sakae | 2005/11/28 01:55

sakaeさん、おはようございます。

ブログのバトン、見た事はあります。しかし自分で受け取るのは始めてですが・・・
なんとかがんばってバトンタッチしてみたいと思います。

遡って見せていただくと「もしもバトン」というバトンらしいですね。
誰が考えるんだろう、こういうの―――
それでは、がんばってみます♪

投稿: misao | 2005/11/28 08:40

下の写真の橋はとってもきれいな橋ですね。
レンガ造りのところが明治時代って感じがすごく漂っていて風格を感じます。
それにしてもこんな大きなものを移設するなんて...関心しちゃいますね~(笑

投稿: なおみ | 2005/11/28 11:01

なおみさん、こんにちは。

きれいな橋ですよね、本当に。
今はうちのデスクトップの背景に設定してあります。
ブログの容量の関係で小さくしてしまいましたが、本当はとても大きい写真なのです。
大きな写真で見ると橋の手すりや照明などもとても凝った作りなのがわかります。
文明開化の頃を思わせる雰囲気ですよ。

> それにしてもこんな大きなものを移設するなんて...関心しちゃいますね~(笑
そうですね~。 きっとたいへんな作業なのだろうと思います。
どういう経緯でこちらに移設されたのかは勉強不足でわかりませんが、ただ解体してしまうのはあまりにもったいない存在だったのでしょう。貴重なものだったとか、設計者が有名だったとか・・・ただ単に美しかったから。というのもりっぱな理由になるかと思います。

投稿: misao | 2005/11/28 16:27

misaoさん、こんにちは。次男君はずいぶん遠くまで来られたのですね。ここは ZUCCA地方です。
見附橋のほうはまだ行った事ありませんが、綺麗な橋ですよね。
”ネオ・バロック調の美しい装飾は1909年(明治42年)に完成した赤坂離宮(現在の迎賓館)のデザインに対応させたもの”だそうです。八王子八十八景にも選ばれているところなんだそうですよ。
いっしょに写っているマンションは、公団の値下げ問題でテレビでも取り上げられたところだと思います(多分)。

投稿: zucca | 2005/11/30 16:50

zuccaさん、こんばんは。
やはりそちらの方でしたか・・・
ブログのイルミネーションの写真、看板に『TAMA』の文字が見えたので、もしかしたら近くかな?・・・と思っていました。

> 次男君はずいぶん遠くまで来られたのですね。
通っている学校が既に家から遠いので、本人はあまり遠くまで行ったとは思っていないようです。
毎日たくさん電車に乗っていると、『遠出』の感覚が私とかなりかけ離れて来ているみたいです。

この橋はとても印象に残る橋ですね。“ネオ・バロック調”と言うのですね。
迎賓館は時々テレビなどで見ますが、私は実際に見た事はありません。たしか大きな門扉があるところですよね。

なんだか次男が1日歩き回って撮って来た写真の中で、この写真だけがとても目立っていました。
あとは空き地とか看板とか地層の写真とかで・・・
まあ風景写真を撮りに行ったわけではないので、仕方がないですけれど。

投稿: misao | 2005/11/30 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/7349010

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ不在の2日間:

« ピエール・ド・ロンサール 冬の花 | トップページ | 『もしもバトン』 »