« サツマイモのお菓子 | トップページ | 柿で白和え »

2005/11/04

『成東・東金食虫植物群落』

yamarakkyou今日は成東町に用事があったので、sigeoさんと長男と3人で『成東・東金食虫植物群落』というところへ行って来ました。
田んぼの中にある現地に着くと小さな建物があります。中に入ると額に納められた美しい野草の写真が壁にたくさん飾られ、パンフレットも置かれているちょっと休憩できるテーブルもあります。
umebatisou案内書をみると、春・夏・秋と季節ごとに様々な植物が見られるのだそうです。今の季節はリンドウ・ヤマラッキョウ・おみなえし・ワレモコウ・ウメバチソウなどがきれいに咲いています。
湿地の中をぐるりと廻る木道を、秋の風に吹かれてのんびりと気持ちよく歩いてきました。

hosobarindou『成東・東金食虫植物群落』の様子は、改めて本館“里山”のページに“八街便り 番外編”としてアップするつもりです。

○(11月5日)本サイト・里山のページに『番外編 成東・東金食虫植物群落』をアップしました○

『成東・東金食虫植物群落』公式HPです。
『成東・東金食虫植物群落』ファンサイトです。
○バッタが食虫植物に捕まっている動画も見られます○


* 写真上・ヤマラッキョウ *
* 写真中・ウメバチソウ *
* 写真下・ホソバリンドウ *
― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« サツマイモのお菓子 | トップページ | 柿で白和え »

自然」カテゴリの記事

コメント

misaoさん、こんばんは
秋の食虫植物園は、花盛りだったようですね。
私が行ったのは盛夏だったので、
花はほとんど咲いていませんでしたが、
その代わり結構食虫植物を見ることができました。
昔はあんな湿地帯が関東平野のあちこちにあったのでしょうね~~~
今では自生地が激減しているそうで、地道な保護活動が不可欠のようです。
しかし・・・入り口、一回で分かりましたか?
私は行き過ぎました。しかもすれ違えないような狭い道・・・
そういえば、成東に着く前にも、埴輪ロードなるところへ迷い込んだ記憶が・・・
要するに私の運転がアバウトなだけ?
帰りに、誰だったかの生家なるところに寄って帰ってきました。
当時中一だった息子は、ものすごく暑かったことと、車の中でした成田闘争の話しか覚えていないそうです。
誰の夏休みの宿題だったのでしょうね・・・?

投稿: kyara-mama | 2005/11/05 01:12

kyara-mamaさん、おはようございます。

> 秋の食虫植物園は、花盛りだったようですね。
ヤマラッキョウの花が一面に咲いていてとってもきれいでした。
他にも紅葉している葉があったり、見たことのない木の実がなっていたり、とても楽しめましたよ。
夏には花が少ないなんて、意外ですね。
私は今回始めて行きましたので、他の季節の様子は知りませんでした。

> その代わり結構食虫植物を見ることができました。
それはうらやましいです。私は肝心の食虫植物を見ることができませんでした。
季節が季節だけにあまり見られなくて当たり前なのですが、『葉っぱだけでも見られれば』と少し期待していました。

> 昔はあんな湿地帯が関東平野のあちこちにあったのでしょうね~~~
そうですね。別に珍しい事もなく存在していたのでしょう。
そういえば昨日は入り口で『マムシ注意』の看板も見かけました。
私が子供の頃は通学路の田んぼ道にしょっちゅう出没していましたので、なんだか懐かしい響きでした。
しっかり写真を撮ってきました。(マムシではなく看板の)

> しかし・・・入り口、一回で分かりましたか?
sigeoさんが運転して長男が助手席で地図を見ていましたので、なんとか一発でたどり着きました。
普段は私が助手席に乗っているのですが、地図を見ると酔ってしまうので昨日は後ろの席でおとなしくしていました。
『埴輪ロード』ありますあります。
大きな埴輪があちこちに飾ってある不思議な道ですよね~
本サイトのほうにその道で撮った埴輪の写真がたくさんありますので、のぞいて見てください。
懐かしい思い出が甦るかもしれません。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/sigesan/omosiroimono.htm

kyara-mamaさんは息子さんの夏休みの宿題で出かけられたのですね。
あまり楽しい思い出ではなかったようですが、真夏に田んぼの真ん中ではやはり暑かった事でしょう。
木陰がひとつもないですからね・・・

> 帰りに、誰だったかの生家なるところに寄って帰ってきました。
同じ成東町に『歌人 伊藤左千夫の生家』がありますので、もしかしたらそこかな~?

投稿: misao | 2005/11/05 09:25

私も以前、オーソドックスな形の食虫植物を栽培してたことがあります。
葉っぱ(?)が閉じるのが面白くて、指を突っ込んで遊んだりもしましたが、株が弱って死んでしまうので、本当はしちゃいけないんですよね。
でも、初めて白くて可憐な花を咲かせてくれたときは感激しました。
名前に似合わずとっても可愛い花だったのを覚えています。

投稿: なおみ | 2005/11/05 10:02

なおみさん、こんにちは。

なおみさんはキノコにもお詳しいし、多肉植物も育てられていましたよね・・・
食虫植物にまで範囲が及んでいたとは、驚きです。
きっと植物全般、育てる事がお好きなのですね。

> でも、初めて白くて可憐な花を咲かせてくれたときは感激しました。
> 名前に似合わずとっても可愛い花だったのを覚えています。
何だったのでしょうね?その植物・・・
“葉っぱが閉じる”というと、ハエトリ草かな?
意外と管理が難しいのですね。

今回は残念ながら食虫植物の姿を見る事はできませんでした。
いただいてきたパンフレットによりますと、食虫植物が多く見られるのはやはり夏(7・8月)なのだそうです。
来年ぜひ行ってみたいと思いますが、『マムシ注意』の看板があったのでちょっと考えちゃいますね。

投稿: misao | 2005/11/05 10:32

こんにちは~。
ウチにもヤマラッキョウの鉢があります。私はずっとイトラッキョウだと思っていたのですが、今年になって、ヤマラッキョウと判明。イトラッキョウは長崎県平戸島のみ自生するそうです。
ヤマラッキョウ一つずつ見てもきれいですが、たくさん咲いているのもきれいでしょうね。

投稿: zucca | 2005/11/05 11:11

埴輪ロード、拝見しました。
そうそう、こんなのやらあんなのやらが、道端に立っているんです。
山の中で遭遇したときは、さすがにおお~~って、感じでした。
昔の人があの器に魂を感じたのも分かるような気がします。
なおみさんもハエトリソウを栽培していらしたのですね。
確かに花は白くてとてもかわいいです。
私は水の管理が不適切で、冬に枯らしてしまいました。
今は、うつぼかずらだけです。
今年の夏は、木陰でのびのび育ってくれて、
幅1mくらいになってしまい、どうやって家に取り込もうか思案中です。
まずは袋の中の水を捨てて・・・何が入っているのかな・・・--;

投稿: kyara-mama | 2005/11/05 14:12

zuccaさん、こんばんは。
“イトラッキョウ”の写真は10月のブログで見せていただきました。
とってもきれいな写真で、しべの一本一本までは鮮明に写っていて赤紫色も鮮やかでしたよね・・・
拡大してうっとりしてしまいました。
最初に現地で遠目にヤマラッキョウを見た時には、zuccaさんの写真と同じ花だとは思いませんでした。
写真を撮ろうと近くでじっくり見て始めて『どこかで見たことあるな~』と思ったのです。

> イトラッキョウは長崎県平戸島のみ自生するそうです。
それをお聞きすると実物のイトラッキョウの花を見てみたくなりますね。
長崎県平戸でしたら、高校の頃修学旅行で行ったような気がします。(あやふやですが・・・)
でもその頃は植物にはまったく興味がなくて、同じ長崎のグラバー園に咲いていた真っ赤な花(おそらくブラッシの木)を『面白い花だな~』と思っただけでした。

> ヤマラッキョウ一つずつ見てもきれいですが、
> たくさん咲いているのもきれいでしょうね。
驚くほど群生していました。地面がうっすらと赤紫色に見えるくらい・・・
ただそういう風景は写真に写すのは難しいですね。

投稿: misao | 2005/11/05 22:15

kyara-mamaさん、こんばんは。
埴輪のページを見ていただき、ありがとうございました。
実際にはもっと多くの種類があるのだと思いますが、コーナーのコンセプトが『おもしろい物』なので、ちょっとクセのある埴輪ばかりになっています。

kyara-mamaさんも食虫植物をお育てになっていらっしゃるのですね。
> 今は、うつぼかずらだけです。
うつぼかずらというのは、食虫植物らしい食虫植物ですよね。
植物園などで見た事があるような気がします。

> 幅1mくらいになってしまい、どうやって家に取り込もうか思案中です。
食虫植物は時々園芸店で見かけますが、だいたいが小さな株ですよね?
あれが1mにもなるというのがちょっと驚きです。
育てれば育つものなのですね~・・・

> まずは袋の中の水を捨てて・・
って・・・中に水がたまっているのですか?
もしかして虫を消化した液とか??・・・あ~、だんだん怖くなってきました。
でも興味津々です♪

投稿: misao | 2005/11/05 22:30

misaoさん こんばんは
朝晩だいぶ冷えるようになって、花も少なくなってきました。まだまだこんなに花が咲いているのですね。秋風にふかれて気持ちよさそうですね。広いところなのですか?

投稿: レグ | 2005/11/06 02:43

レグさん、こんばんは。
うちのお庭もだいぶ寂しくなって来ました。
今はアメジストセージが健気にがんばってくれています。
あとはかえり咲きのバラがポツリポツリと咲いてくれています。
なんといっても目立つのは柿の実と紅葉し始めた葉です。
そこがまた“秋”らしくていいのですが・・・

> まだまだこんなに花が咲いているのですね。
『成東・東金食虫植物群落』は秋の花盛りでした。
特にすごかったのはヤマラッキョウです。一面に咲いている場所がありました。
広さは1.7ヘクタールだそうです。
この面積はあまりぴんと来ないのですが、お散歩がてらにのんびり歩くにはちょうどいい広さかもしれません。
山登りなどをなさる人にとっては物足りないかな・・・

投稿: misao | 2005/11/06 18:16

こんにちは。
サイトを見てきました。
いろんな食虫植物があるのですね。
それによく見るとかわいらしいお花ばかりで。
虫を食べるようには見えないのに、それが作戦なんですかね(笑)
湿原に「マムシ注意」の看板にはワタシもビックリしました。たしかにその場所に行ったら、ちょっとひいてしまいますね・・・。

投稿: やや | 2005/11/08 11:33

ややさん、こんにちは。
食虫植物の種類の多さには、改めて驚きました。
あそこに載っているのはあくまでもあの場所に自生しているものだけですからね~
熱帯などに行ったらもっとすごいのがたくさんあったりして・・・ 人食い花とか・・・(汗)

> それによく見るとかわいらしいお花ばかりで。
そうなのですよね。
それぞれに小さくてかわいくて、“食虫植物”という名前の怖ろしいイメージとは決して結びつかない花ばかりでした。
夏にはあの花の実物が見られるようなので、いつか再チャレンジしてみたいと思います。
ただ・・・あの看板がね~
夏には絶対マムシがいると思うし、ヘビ=sigeoさんが世の中で一番嫌いな物 なのです。
もちろん私も好きではありません。特に毒があるヘビは怖いです。

投稿: misao | 2005/11/08 16:17

こんにちは、成東・東金食虫植物群落を守る会、FANサイト管理人です。リンクを貼って頂いてありがとうございました。楽しく読ませて頂いています。
マムシについてはあまり出たという話は聞かないのですが、管理棟に「血清」が装備されているそうですのでちょっとだけ安心して下さい^^;
これからもよろしくお願いします。

投稿: TAKAHASHI | 2005/11/08 21:40

TAKAHASIさん、はじめまして。
FANサイトの管理人さんに読んでいただくのはちょっと恥ずかしいですね。
『成東・東金食虫植物群落』はひっそりと地味な施設ですね。
大げさな看板もないし・・・道に迷う方も少なからずいらっしゃるようです。
でも、その分静かでとても気持ちのよいところでした。
普段見られない美しい花もたくさん咲いていました。

そしてマムシの一件も・・・
> 管理棟に「血清」が装備されているそうですのでちょっとだけ安心して下さい^^;
それをうかがって少し安心いたしました。

食虫植物の花が見られる頃に、もう一度訪れたいと思います。
『守る会』の活動、これからもがんばってください。

投稿: misao | 2005/11/08 22:11

misaoさんこんばんは。
HPもみせて頂きました。千葉県内は独身のころ、仕事で転々と色々な所に住みました。
成東の近くにもいたことがありますが
こちらのことは知りませんでした。夏にでも
いってみたいです。(蛇に気をつけて)そういえば、私の大学の近くにもにたような看板が
ありました。山奥だったので・・・

投稿: 葉月 | 2005/11/09 02:40

葉月さん、おはようございます。
HPの方もみていただいてありがとうございます。
葉月さんも千葉にお住まいになっていた事があるのですね?
千葉県は山あり(低い山ですが)海ありなので、自然と親しめる場所はけっこうあります。
お仕事で住んでいらした頃はあまり遊びには行けなかったでしょうか?

> 夏にでもいってみたいです。(蛇に気をつけて)
私も食虫植物がたくさん観られる夏にぜひもう一度行ってみたいと思っています。
くれぐれも蛇に気をつけて・・・ですね。

> 私の大学の近くにもにたような看板がありました。山奥だったので・・・
山奥の大学って素敵ですね。
緑に囲まれたキャンパスを想像してしまいました。
大学構内に『マムシに注意』というのはちょっと心配ですけどね。

投稿: misao | 2005/11/09 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『成東・東金食虫植物群落』:

« サツマイモのお菓子 | トップページ | 柿で白和え »