« サルビアの種とり | トップページ | バラ 植え替え »

2005/11/19

木守り

DSCF0184今朝、富有柿の最後の収穫をしました。
しかし全部を収穫せず、テッペンの方にひとつだけ実を残します。
これを“木守り”と言います。
“木守り”はいろいろな説のある慣わしです。
私は自然や木へのお礼の意味を込めてするものと思っていましたが、調べてみると“旅人のためにとっておく”などという説もあるそうです。
うちの“木守り”はやがて野鳥たちのおやつになってしまうのですが・・・

富有柿の収穫が終わると、この木はクリスマスイルミネーションツリーになります。
庭で一番いい場所に植わっている、いわば“シンボルツリー”であるため、毎年この木に飾り付けをします。
今日は朝からサルビアなどの枝を整理したあとで、ゆっくり飾り付けをしました。
いつもは道路沿いに植わっている山茶花にも飾るのですが、今年は富有柿だけに密度を濃くして飾ってみました。
むふふふ・・・・・今夜が楽しみです♪

DSCF0201* おまけ *  夜になって写しました。
イルミネーションの方はうまく写せません・・・

|

« サルビアの種とり | トップページ | バラ 植え替え »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

木守りって言うんですね。
わたしはてっきり取れないから残っているんだと思っていました(笑
misaoさんのお宅もイルミネーションを付けられるんですか。
これからお正月ごろまでは町中がピカピカする季節ですね(笑

投稿: なおみ | 2005/11/19 11:29

なおみさん、こんにちは。

> わたしはてっきり取れないから残っているんだと思っていました(笑
私も以前はそう思っておりました。
この風習は柿だけではなくミカンやゆずなどでもするのだそうです。
私の場合このネタを仕入れたのは漫画なのですが・・・読んだ時に『なるほど~』と思い、実行しているわけです。
葉が全部落ちてしまった後にひとつだけ付いていると、哀愁を帯びた姿がとてもいいのです。

うちはもうずいぶん前からイルミネーションを飾っています。
でも年々進歩するわけでもなく、毎年毎年同じ飾りつけなんですよ。
今時のイルミネーションからするとかなり地味な部類に入るかもしれません。
それでも田舎で周りが真っ暗なので、このくらいでちょうどいいかな~と思っています。

> これからお正月ごろまでは町中がピカピカする季節ですね(笑
そうですね~
クリスマスの頃には、普段人ごみが嫌いな私でも、ちょっと町を歩きたくなります。
ウインドウディスプレイもキラキラと美しいし、街路樹のイルミネーションなども見たいですし♪
ちょっとおしゃれなクリスマスの小物などを見て歩きたくなりますね。

投稿: misao | 2005/11/19 14:14

シンボルツリーのイルミネーション見たいなぁ~
夕方散歩のとき、飾り付けしてるお家がありましたよ。
これから夜の散歩も楽しみになります。

「木守り」と言うのですか。勉強になります。
ゆずもするのですか?知らなかった~
去年1個何気に残しておいたのが良かったんだわ~
今年は、ゆずがいっぱいなってます。
とは言っても、鉢植えの小さいゆずの木です(^^ゞ

投稿: orenge | 2005/11/20 21:50

orengeさん、おはようございます。

> シンボルツリーのイルミネーション見たいなぁ~
いろいろチャレンジしているのですけれど・・・やはり私の腕では難しいです。
もしも偶然うまく写せたりしたら、アップできるかと思います。その時には見てやってくださいね。

> これから夜の散歩も楽しみになります。
うちのご近所でも飾り付けをされたお家が何軒かあります。
センス良く飾られているのを見ると『わ~素敵♪』と思わず足を止めてしまいますよね。

「木守り」は素敵な慣わしだと思い、うちに柿の木を植えてすぐに実行しました。
結局は野鳥の餌になってしまうのですが、広い意味で野鳥も自然の一部ですから“自然へのお礼”として考えればOKなのではないかと思います。
先日やはり木守りの事を調べていたら『鳥や虫へのおすそ分け』という意味合いもあるのだと書かれてありました。
いろいろな言い伝えがあるのですね。

> 去年1個何気に残しておいたのが良かったんだわ~
> 今年は、ゆずがいっぱいなってます。
「木守り」のおかげですね、きっと!
鉢植えの小さい木にひとつだけ残った木守りのゆず・・・絵になりますね。
古くからの日本の風習には心惹かれるものがたくさんあります。

投稿: misao | 2005/11/21 09:15

また一つ 新しいこと知りました。「木守り」素敵な響きですね。
実のなる木 うちにはブルーベリーがありますが、ブルーベリーどうでしょう?小さい実の木は違うのでしょうね。
おまけのサンタと雪だるま・・・とても暖かい感じがしますよ~。
今夜 久しぶりに夜 外に出ました。家にいると分からないけれど、夜の街はクリスマスイルミネーションで綺麗なんですね。

投稿: zucca | 2005/11/21 23:21

zuccaさん、おはようございます。

ブルーベリーの「木守り」もいいのではないかと思います。
「木守り」は、果樹への実質的な効果を狙って行っているわけではなく、どちらかというと『自然に感謝を込めて』とか『鳥へのおすそ分け』などの観念的な風習のようですから・・・
私が読んだものには“柿・柑橘類”と書かれていましたが、もしかしたら地方によってはりんごや梨でも行っているかもしれません。
だからどんな果物でも育てている人が自然への感謝を込めて実を残せば、それが「木守り」になるのではないでしょうか。

うちにもブルーベリーがありますが、まだzuccaさんのところのように紅葉していません。
今年初めて植えたので、葉が色づくのが楽しみです。

クリスマスイルミネーションもいいのですが、最近は夜空がきれいですね。
夜には火星がきれいだし、今朝次男が学校へ出かける時間には半月が天辺で輝いていました。
寒いけれど流れ星を目当てに少し夜空を眺めていたいと思う事があります。
(ほんのちょっとの時間ですが・・・)

投稿: misao | 2005/11/22 08:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/7194867

この記事へのトラックバック一覧です: 木守り:

« サルビアの種とり | トップページ | バラ 植え替え »