« “ニュードーン”の剪定 | トップページ | シュトーレン 解禁♪ »

2005/12/09

“つるアイスバーグ”の剪定

DSCF0638今日は『つるアイスバーグ』の剪定と誘引をしました。
これはフェンスとアーチに絡ませているのですが、
アーチをくぐる時に顔に当たって困るほど邪魔になっています。
まあ、トゲの少ないバラなので怪我の心配はあまりありません。
蕾が残っていますが、葉がかなり落ちているのでもうそろそろいいかな~・・・と思い、本日決行。

DSCF0640まずは去年誘引した麻紐を切って枝を下ろし、細かい枝やひ弱な枝を切り、来年用に残す枝だけにします。ただし、この『つるアイスバーグ』は去年新苗で植えたばかりなので本格的な剪定は今年が初めてです。

DSCF0641結局怖くてニュードーンほど大胆に剪定できませんでした。
←仕上がりを見てもかなり枝が残っている事がわかります。
(しかも蕾が付いている枝は残してしまったし・・・)

そして今日はもう一株『シャポー・ド・ナポレオン』の剪定もしました。
こちらも二年目の株なのでそれほど大きくはなっていませんが、サザンカと柿の木に挟まれた場所にあるので足場に苦労しました。ちょっと頭を上げると柿の実にぶつかったり・・・
こちらはトゲが半端じゃないので皮の手袋が大活躍した事は言うまでもございません。

* * *

とりあえずつるバラの剪定はこれまで。
残りのつるバラは『ピエール・ド・ロンサール』と『キング』なのですが、どちらもまだ葉がだいぶ残っている上にロンサールの方は花まで咲いているので、もう少し経ってから剪定・誘引しようと思います。
あ、そうそう、つるバラといえばうちには『アメリカ』もあるのですが、これがなぜかちっともつるバラらしくなくて・・・つるが伸びてこないのです。
剪定もどうしていいかわからず・・・今年は弱い剪定で様子を見ようと思っています。

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« “ニュードーン”の剪定 | トップページ | シュトーレン 解禁♪ »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

つるバラが何種類かあって、剪定ご苦労様です。みんな大きくて大変ですね。でもたくさんのお花がついてくれるので楽しみでもありますよね!
バラ園のお手入れのサイト参考になりました。
お気に入りに入れて、何度か読んで把握したいと思います。(1回読んだだけではわからないです~)
うちは、四季バラのようです。
冬剪定の仕方もちょっと違うようですね。
今年購入株と、もう何年もお手入れしてない古株があります。バラとにらめっこしながら冬剪定やってみたいと思います。ありがとう~♪

投稿: orenge | 2005/12/09 22:34

orengeさん、こんにちは。
つるバラも年月が経つとかなり大きくなりますね。
うちのはまだ小さいものが多いのですが、数年後にはきっとみんな大きくなっている事でしょう。(希望)
そうなったらとてもひとりでお手入れするのは無理かもしれません。
その時は今のように気が向いたらするのではなくて、sigeoさんの休日に合わせて計画的に剪定をしないとダメですね。

> でもたくさんのお花がついてくれるので楽しみでもありますよね!
そうですね。
つるバラの花つきの良さは本当に育てる者にとってうれしい限りです。
これなら一年間苦労して育てる甲斐がありますよね。

> バラとにらめっこしながら冬剪定やってみたいと思います。
私も同じです。
まだまだバラの気持ちをぜんぜんわかってあげられない初心者ですので、にらめっこばかりしています。
それもまた楽しいのですけれど。

投稿: misao | 2005/12/10 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/7540917

この記事へのトラックバック一覧です: “つるアイスバーグ”の剪定:

« “ニュードーン”の剪定 | トップページ | シュトーレン 解禁♪ »