« 霜 | トップページ | シジュウカラがやってきた♪ »

2006/01/12

ピエール・ド・ロンサール、やっと誘引

今日は朝から風も穏やかで庭仕事日和。
本当は春になるまで部屋の中でぬくぬくしていたいのですが、そうもいきません。バラの誘引や剪定もまだ半分残っているし、物置の関係でリニューアルする裏庭も手付かずだし―――ぼちぼち始めないとね。
DSCF1399まずはリニューアル予定の裏庭。どこから手をつけて良いやら・・・
とりあえず今日のところは土を掘り起こしました。畑でいう所の“天地返し”みたいな感じ。
増えてしまったラムズイヤーを半分減らして、何か新しい宿根草を植えたいな♪それからレンガの小道を作ったりバラを植えたり・・・小さな庭にも夢は広がります。
DSCF1398土の掘りおこしの次はつるバラの剪定と誘引です。
ほとんどの種類は去年のうちに終わらせてあるので、今日は2株。
写真は『ピエール・ド・ロンサール』です。
葉が落ちてから剪定しようと思いずっと待っていたのですが、いっこうに落ちる気配もありません。春になってしまっても困るので今日思い切って決行です。
まずは細い枝をどんどん剪定してすっきり。新しいシュートが二本出ていますが、これは左右に振り分けてみました。

DSCF1400つるバラはなるべく寝かせて誘引した方が花がたくさん咲くのだそうですが、このトレリスは幅がそれほどないのであまり寝かせられないのか残念です。それでもなるべく横に斜めに、と誘引してみました。
残りのバラの剪定は数が少ないのですぐに終わりました。枯れた宿根草の整理や苗の植え替えなどをほんの少しして今日の作業はオシマイ。
お昼頃から冷たい風が吹きはじめました。
午前中に作業を終わらせてよかった~♪
週末はお天気がくずれるそうなので、部屋でぬくぬくしたいな―――

* 写真上・リニューアル予定の裏庭 *
* 写真中・剪定誘引前のピエール・ド・ロンサール *
* 写真下・剪定誘引後のピエール・ド・ロンサール *

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« 霜 | トップページ | シジュウカラがやってきた♪ »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

misaoさん、お疲れ様でした。
バラの剪定や世話もトゲがある分、大変そうですね。
でもmisaoさん宅のバラは、これだけ手を掛けてもらえて幸せものですね。
今年もまたキレイな花を見せてくださいね。
楽しみにしています!

投稿: なおみ | 2006/01/12 20:10

なおみさん、こんばんは。

実はお疲れと言うほど働いていないんですよ。
何しろ私は腰痛持ちの上に筋金入りの根性無しなものですから―――
疲れたらすぐ『休憩~』と言いながら鳥の写真を撮ったり・・・そんな感じで作業しています。

> バラの剪定や世話もトゲがある分、大変そうですね。
そうなのです。去年の秋まではたいへんでした。
でも今は、お友達にいただいた素敵なバラのお手入れ用皮手袋があるので“痛み知らず”でお手入れできます。心強い味方です。

私のバラのお手入れは、実はかなりいいかげんです。
それでも美しい花を咲かせてくれるのは、きっとバラが持っている強さのおかげでしょうね。

> 今年もまたキレイな花を見せてくださいね。
> 楽しみにしています!
きっときれいな花を咲かせてくれる事でしょう。そうしたら一生懸命写真を撮って見ていただきますね。私もとっても楽しみで、春が待ち遠しいです。

投稿: misao | 2006/01/12 21:18

きょうは、暖かかったので絶好の庭仕事日和でしたネ
私も午前中頑張りました~
時々、鳥の声が聞こえると、手を休めてデジカメを構えてみたり・・・(^O^)
少し窓を開けていたので、wanが首出して「遊んでよ~」と誘うし・・・
休み休み、暖かさを感じながらの植付けでした。
週末久々の傘マークでした。
少し潤いも必要ですネ

投稿: orenge | 2006/01/12 22:57

orengeさん、おはようございます。

昨日はorengeさんも同じ時刻に庭仕事をなさっていたのですね。
あのお天気でしたら庭仕事をしている人は日本中にたくさんいたでしょう。
みなさん、花咲く春を思いながらがんばっているのですよね。

> 時々、鳥の声が聞こえると、手を休めてデジカメを構えてみたり・・・(^O^)
そうそう、声が聞こえるとついついそちらを見てしまいますね。
珍しい鳥かな?とか・・・
ハルくんのお誘いは魅力的ですね。
あの目で見つめられたらorengeさんもなかなか無視できないのではないでしょうか。

天気予報によると週末はかなりまとまった雨が降るそうです。
関東地方はかなり乾燥しているので、まとまった雨は嬉しいですね。
何よりも植物たちが大喜びするでしょう。

投稿: misao | 2006/01/13 08:15

暇なので立ち枯れ病の薔薇アフリカちゃんをゴリゴリ削りました結果見ると削らずにそのまま様子見の方がよかったかと思います。

あぁ~!これでアフリカ枯れちゃうだろうなぁ。

misaoさんおところの元気な薔薇見てるとおんなじ薔薇とは思えないsakaeのウチのロンサール。

挿し木だからしょうないのだけど・・・。

投稿: sakae | 2006/01/13 18:20

sakaeさん、こんばんは。

アフリカちゃん、立ち枯れ病とは怖いですね・・・
やはりバラも“木”だという事の証しみたいな気がします。

> 結果見ると削らずにそのまま様子見の方がよかったかと思います。
それは焦ってしまいますね。
削ってしまってからでは元に戻せませんもの・・・
悲しいけれど、たくさんのバラを長く育てていれば、きっとそういう経験もするのでしょうね。(と、バラ初心者の私はちょっぴり心配が先走ります)

うちのバラもみんながみんな元気なわけではありません。
大のお気に入り“ファビュラス!”は、夏以降元気がなくて、『これは鉢の中の土が悪いのか?』と思い冬の初めに真っ先に植え替えをしましたし、モナコ王妃も虫にやられてかなりかわいそうでした。
ただうちには鉢を蹴飛ばす酔っ払いは来ませんけどね。

sakaeさんのロンサールは挿し木苗なのですね。
うちでも去年挿したロンサールが一株あります。今年の春には咲いてくれると思いますが・・・挿し木は弱いのでしょうか?

投稿: misao | 2006/01/13 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/8125016

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・ド・ロンサール、やっと誘引:

« 霜 | トップページ | シジュウカラがやってきた♪ »