« 落花生ボール 2006 | トップページ | ふき味噌 »

2006/02/04

立春とレモンパイとふきのとう

今日は立春。
“立春”という響きにはとても暖かいイメージがありますが、実は一年で一番寒い時期なのだとか。
それでもなんとなく春めいた気分にはなります。
春らしいお菓子など焼いてみたくなったり―――
aaa冷蔵庫に無農薬レモンがあったので、今朝はレモンパイなど作ってみました。
カスタードクリームにレモン果汁とすりおろしたレモンの皮を入れて甘酸っぱいレモンクリームを作ります。
タルト型で焼いた生地の上にレモンクリームを入れ、よ~く泡立てたメレンゲをたっぷりのせて、スプーンの背で優しくペタペタして角を立て、オーブンで焼いたら出来上がり。

私がレモンパイを作っている時に、sigeoさんが前の空き地で“ふきのとう”を発見!
うちで何年か前に植えた蕗です。
立派なふきのとうがいくつか顔を出しているのを見て『田んぼ道にも出ているかもね』と、午後から二人で里山散歩に出かけました。
しかし・・・家を出て5分で後悔しました。
う~~~っ、今日の寒いこと寒いこと!!
冷たい北風がピューピューなんて生易しいものではなくゴ~ゴ~吹いているのです。
それでもふきのとうの誘惑には勝てず、帽子の上にフードをかぶって田んぼ道に向いました。
・・・寒い中探したけれど、結局収穫はなし。(ションボリ・・・)
ふきのとう探し、もう少し暖かくなったら再チャレンジです。

寒い寒いと言いながら帰ってくると、時計はちょうど3時♪
朝からサーキットに出かけていた息子たちも帰っていました。
母に温かいコーヒーを淹れてもらって、さっそくみんなでレモンパイを食べました。
甘酸っぱいレモンの香り、ふわふわのメレンゲ、バターの香りの生地・・・う~ん・・・早春の気分♪・・・かな?


― 写真はクリックすると大きくなります ―

* こちらのお菓子のレシピは本館お菓子のページにあります *

|

« 落花生ボール 2006 | トップページ | ふき味噌 »

「お菓子」カテゴリの記事

「料理」カテゴリの記事

「日記」カテゴリの記事

コメント

おぉぉぉ~レモンパイ♪
おいしそうですねぇ~(^o^)丿
>レモンの香りとふわふわのメレンゲ・・・早春の気分♪
n~ンいいなぁ~
でも、今日の風は冷たかったですネ
パンジー植えたり、こぼれ種を植え替えたりしたのですが、寒かったです~
陽射しは、心地よかったですよ♪
ふきのとうは、どうお料理するのですか?
また、楽しみにしていますネ

投稿: orenge | 2006/02/04 23:22

レモンパイって、すごく久しぶりに見た気がします。
とってもおいしそう~♪
しかもこの角がハリセンボンみたいでかわいいですね。←褒め言葉になってないか。。(笑

misaoさん宅ではフキノトウが顔を出したんですね。
今日はすごく寒かったけど、少~しずつ春が近づいているんですね。
待遠しいな~♪

投稿: なおみ | 2006/02/05 01:23

もう ふきのとうが顔を出しているんですね~。
昨日はこちらも寒かったけれど、misao地方も寒かったのですね。私は鳥を見に出ましたが、5分も持ちませんでした。辺りを見回しても小鳥の気配もしないので、早々に戻りました。
レモンパイ 美味しそう~~。また誘惑されそうです、どうしましょう。
無農薬レモンは いまの季節しか手に入りませんよね?レモンを見つけて作ってみよう、あるといいな。

投稿: zucca | 2006/02/05 09:41

orengeさん、こんにちは。

ふふふっ、レモンパイ♪おいしかったですよ。
実はレモンパイは数年前に一度作ったきりで、本当に久々だったのです。
その時はあまりおいしいと思わなかったので、今回は自分なりにレシピをいろいろ変えて作ってみました。
レモン汁を多めに入れみたり、いつもはお砂糖を入れない生地に少し甘みをつけてみたり・・・そうしたらずっとおいしくなりました。

orengeさんはあの寒い中庭仕事をされたんですね。
そうとうな花好きさんですね!
私は風の冷たい日に庭に出るのは、飛ばされた物を片付ける時くらいかな~・・・根っからの根性無しなんです。

ふきのとうは採れる量が少ないので、いつも“ふきみそ”にします。
長野にお住まいの幼なじみから作り方を教わりました。
ほろ苦いふきのとうの風味がしっかり残っているお料理なのでとても気に入っています。
今日あたり作ってみますね。

投稿: misao | 2006/02/05 11:10

なおみさん、こんにちは。

レモンパイ、そういえば最近はあまりお店でも見かけないかも・・・
昔はどこのケーキ屋さんにも並んでいましたよね。
懐かしい感じ・・・かな?

> しかもこの角がハリセンボンみたいでかわいいですね。
うふふ、じゅうぶん褒め言葉でございますよ~♪
昨日レモンパイを作ろうと思った第二の理由は、実はこれがやってみたかったからなのです。
以前ネットでケーキの写真を見ている時に、こういうメレンゲを見かけて『あ~これやってみたい!』と思ったのでした。

ふきのとう、里山ではまだ見つけることはできませんでしたが、前の空き地ではしっかり!
もう5個くらい顔を出していました。
もう春ですよ~♪っていう感じ?

投稿: misao | 2006/02/05 11:19

zuccaさん、こんにちは。
ふきのとう、今年はけっこう大きいのが顔を出していました。
小さいのもいくつかありますけれど・・・
植えた年からどんどん株が充実してきて、数も多くなってきたようです。
今年はいくつ収穫できるかな・・・?

昨日は半端じゃなく寒かったですね。歩いていて耳や鼻がちぎれるかと思いました。
zuccaさんが鳥見を断念した気持ちわかります。
確かに鳥の姿は少なかったです。いつも見かける場所にもあまりいませんでしたし・・・。風が強かったせいもあるのでしょう。
私も目的が“食い気”じゃなければきっと引き返していたでしょう。

無農薬レモンは私の場合生協で買います。カタログで見つけると必ず注文して冷蔵庫にストックしておくんですよ。
お菓子の場合レモンは皮を使用することが多いので、やはり無農薬を使いたいですよね。
最近ではスーパーでも無農薬・減農薬ものを見かけるようになりましたね。
zuccaさんの近くのお店でも見つかるといいですね。

投稿: misao | 2006/02/05 11:32

こんにちは はじめまして♪
NOKOさんのところから遊びにきています
私も千葉に住んでいるので 親しみを持って拝見しています
このところ日差しは随分明るいんだけど
空気はとっても冷たいですね
私も寒い時には家の中でじっとしてしまいます
今の家に引っ越してきた頃 庭に蕗が出ていたんですよね
でも知らなくて全部抜いてしまいました
ふきのとう見たことがないので残念です

投稿: yukiho | 2006/02/05 12:24

yukihoさん、はじめまして。

yukihoさんも千葉にお住まいなのですね。
千葉は全国的には温暖で暮らしやすい場所だと思いますが、さすがに昨日からの寒波は厳しいですね・・・もう外に出る気がなくなってしまいます。
一度出始めた芽が土にもぐってしまうのではないかと心配になってしまいますよ。

yukihoさん、蕗を抜いてしまわれたのですね。
私から見ると『もったいない』と思います。でも、山菜は苦味や癖があるので人によってはあまり好まない方もいらっしゃいますね。ですから“蕗を抜いてその分美しい花を植える場所を確保する”というのは大いにアリだと思いますよ。ふきのとうはお散歩がてら山にでも探しに行けばいいのですから・・・
“ふきのとう”のちほどアップしますので、のぞいてみてくださいね。

先ほどyukihoさんのところにも遊びに行かせていただきましたが、なんとyukihoさんもミスチルがお好きなのですね?・・・うふふ・・・じつは私もです。掃除をしたり煮込み料理をしたりお菓子を焼いたりする時には必ずミスチルを聴きながら―――♪
今は“ランニングハイ”が気に入ってます! あ、もちろんしっとりしたバラードも大好きですよ♪(ハッ・・・一人で盛り上がってしまいました・・・)

投稿: misao | 2006/02/05 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/8500182

この記事へのトラックバック一覧です: 立春とレモンパイとふきのとう:

« 落花生ボール 2006 | トップページ | ふき味噌 »