« 絞り出しクッキー | トップページ | 愛しのペネロープ »

2006/05/07

卵の殻も使いよう

Pene1コガネムシはバラの鉢に卵を産み、その幼虫はバラの根を食べて大きくなります。(注・バラ以外の植物も食べます)
早めに発見して植え替えをしてあげればバラは助かりますが、発見が遅れると大事な根を食べつくされて枯れてしまう事もあります。
Karaそこで―――“卵の殻”です。 昨日は、冬の間溜め込んできた卵の殻を細かく砕いてバラの鉢にまきました。 卵の殻が絶対に効くかどうかは定かではありませんが、大事なバラを守るためにできる事はなるべくしておきたいという親心とでも申しましょうか・・・
“コガネムシは卵の匂いが嫌いだから”とか“チクチク刺さるから”などと諸説ありますが、コガネムシにやられる確率が1%でも減るのなら・・・そんな気持ちでまきました。
Sarubiaそして昨日はサルビアの植え替えもしました。
春に種まきをして、ナメクジ被害に遭いながらも生き残ったサルビアたち・・・ 去年約束したお友達にプレゼントするべく、毎日『がんばって育てよ~』と声をかけています。
Gera3そして今朝は雨の中でゲラニウムが開花。
透き通るようなブルーがしっとりと落ち着いた緑のなかで静かに咲いていました。
いつ見ても美しい花です。今年もたくさん咲いて欲しい・・・

* オマケの画像 *

Kabosifoカボチャのシフォンを焼きました。・・・が!
またしても『カボチャはどこ~?』状態。
家族はプレーンシフォンだと思って食べていた模様・・・(T-T)

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« 絞り出しクッキー | トップページ | 愛しのペネロープ »

「お菓子」カテゴリの記事

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

misaoさん、こんにちは~♪
へぇ~~!コガネムシは卵の殻が嫌いなんですか。
ほほぉ!!これは良いことを!
知りませんでした~、やってみる価値がありますね!
卵の殻、ガラスの器などを磨く・・・くらいにしか
使ってなかったので。

コガネムシ、根を食べるとは、凶悪!
ムムム!ですね!
自然なもので虫よけになるなら、これに勝るものなしですね。

ゲラニウム、これはジョンソンブルーですか?
青い色に、うっとりですねぇ♪
これから花数が増えていきますね。

そして、かぼちゃのシフォンケーキ!
なんとも、またふわふわに焼けていますね~~♪
かぼちゃはあまり味が残らないですか?

投稿: ぴよ | 2006/05/07 13:16

misaoさん、こんにちは。
たまごの殻、コガネムシ対策になるのですか。
いいことを伺いました。
ゲラニウム、美しいブルーですね。サルビアも
去年misaoさんのところで見せていただいて
みとれてしまったものでした。
我が家の秋に植えたゲラニウムも蕾が出てきました。
きれいに咲いてくれますように。

投稿: 葉月 | 2006/05/07 17:01

** ぴよさん、こんにちは **

卵の殻でガラスの器―――おお~、そっちの方が利用価値が高そうです・・・が、すっかり忘れておりました。
コガネムシ対策の方はガラスの器磨きと違って100%効果があるかどうかは不明です。
それでも、やってみる価値はありますよね?どうせ捨ててしまうものだし。
私は今までも卵の殻を鉢に入れていましたが、コガネムシの幼虫が鉢に入ったことがないわけではありません。ただ、殻の入れ方がいいかげんで、量が少なかったり入れていない鉢があったりでした。
今回は殻をたっぷり溜め込んでからまきましたので、すべての鉢にまくことができました。(シフォンケーキのおかげ♪)
寒くなるまで殻をまき続けてみて、効果があるかどうかしっかり実験したいと思っています。

> コガネムシ、根を食べるとは、凶悪!
本当ですよね、許せません!
葉っぱを食べるのならまだ許せるけど、根っこをこっそり食べるなんて・・・(本人にはそんなつもりは毛頭なさそうですが)

ゲラニウムは“ジョンソンズブルー”です。
さすがフウロソウ好きのぴよさん、よくご存知ですね。・・・もしかしたらお庭に植わっているのでしょうか?

かぼちゃのシフォンケーキは、今回手を抜いてパウダーを使用しました。
やはり裏ごしかぼちゃなどを入れないとダメですね。(反省・・・)

投稿: misao | 2006/05/07 18:09

** 葉月さん、こんばんは **

“卵の殻のコガネムシ対策”は、まだ自分で効果を実感するまでにいたっておりません。
いわゆる“実験中”といったところでしょうか・・・
やはりきちんと続けてみないと、自信を持っておすすめするまでには至りませんね。
ただ、わざわざ買ってくるものでもないし、どうせ捨ててしまう卵の殻を砕いて鉢にまくだけなので、『気は心』と思ってやってみるのもいいかもしれませんよね。

ゲラニウムの青は私も大好きです。
特にジョンソンズブルーの青は透き通るようできれいです。
葉月さんのゲラニウムにもつぼみが見えてきたのですね。
うれしいですよね~♪
私も植えた翌年につぼみを発見した時にはすごくうれしかったのを覚えています。
花が咲いた時よりうれしかったかも・・・
あ・・・あとは無事に冬越しして春に芽が出てきた時もうれしかったなぁ・・・
葉月さんのゲラニウムもきれいに咲いてくれますように。

投稿: misao | 2006/05/07 18:36

misaoさん、こんばんは~。
白い花たちの名前調べてくださってありがとうございました。
助かりました。

暖かくなると 虫対策 大変。
卵の殻の威力 期待したいですね。効果あるといいですね。

ゲラニウム とっても綺麗なブルーですね~。
これは夏の暑さには強いのでしょうか?
我が家の花台、チューリップがなくなって少し寂しくなりましたので、なにかひとつ小さな鉢花を置きたいと思っているところです。

投稿: zucca | 2006/05/07 21:45

** zuccaさん、おはようございます **

zuccaさんからkyara-mamaさんへのレスで気がついたのですが、キュウリグサはオマケで写っていただけで、あの写真のメインはヤエムグラの方だったのでしょうか。
ついつい好きな花の方に目が行ってしまいました。

> 暖かくなると 虫対策 大変。
そうなんですよ・・・うちは無農薬でやっているので、毎日いろいろな虫がやってきます。
それでもバラたちがほぼ無事なのは、害虫の天敵となる虫たちが頑張ってくれているからなのですね。
アブラムシを発見してつぶそうとすると、すぐわきでヒラタアブの幼虫やてんとう虫がお食事中だったりして・・・見ていても飽きません。ちょっとした“野生の王国”です。
卵の殻、一年間頑張ってみます。それで幼虫が発見されないようでしたらずっと続けるつもりです。

ジョンソンズブルーは関東以西では夏越しが難しいそうです。
山沿いや標高の高い涼しい地方でしたらおそらく大丈夫だと思いますが・・・。
実はうちでもこのジョンソンズブルーは二代目です。
一代目は植えた翌年、やはり暑さに耐えられずに枯れてしまいました。
二代目はハマナスなどの日陰になる場所に植えたのがよかったようで、しっかり我が家の庭に定着してくれました。去年は株分けもできるくらいになりました。
ゲラニウムにも耐暑性のある品種がありますから、花台にはそのへんを選んでみてはいかがでしょうか・・・
せっかくの宿根草、なるべく長く楽しみたいですものね。

投稿: misao | 2006/05/08 08:22

コガネムシ対策に卵の殻、いいこと聞いちゃった♪
先日ニンジンの間引きをしていたら、突然地面が動いてコガネムシの幼虫が飛び出してきたんです。
ちとびっくり☆
もしかしたら彼らは苗を引き抜くときの振動に反応したんでしょうか??
即座にポイしましたけど、ニンジンが食べられたらイヤだな~。
被害が少しでも減ればって気持ち、とっても良く分かります。
今年はこれで少しでも被害が減ると良いですね!

投稿: なおみ | 2006/05/08 21:48

** なおみさん、こんばんは **

“コガネムシ対策に卵の殻”―――
決して効果が100%というわけではありませんけれど・・・なんとなく効きそうな気はします。

> 先日ニンジンの間引きをしていたら、
> 突然地面が動いてコガネムシの幼虫が飛び出してきたんです。
ニンジンの畑にもコガネムシの幼虫が!!
それは本当にちとびっくり☆ですね。
うんうん、確かにニンジンが食べられてしまったらイヤですよね。
コガネムシの食べ残しを自分が食べるような気分になったりして・・・

> 今年はこれで少しでも被害が減ると良いですね!
そうですね、まさに“少しでも被害が減れば”という気持ちなのです。
私はまだコガネムシにバラを枯らされてしまった事は一度もないのですが
鉢の中からコロコロと幼虫が出てきた事がありました。
(しかも一度に7匹も!!)
まだ発見が早かったので被害はありませんでしたが、あの時は本当にびっくりでした。
毎月の虫チェックと殻まきは冬が来るまで続けようと思います。

投稿: misao | 2006/05/08 22:27

misaoさん、ジョンソンズブルー 夏に弱いのですね、綺麗なブルーなんだけれど無理かな~、惜しいですね。
キュウリグサの写真には一緒に他の野草「ヤエムグラ」も写っている?レスの書き方が言葉不足でしたね、あの写真のメインはキュウリグサです。ヤエムグラ・・初耳です。
misaoさんはほんとにお詳しいですね~、感心します。
ゲラ二ウム いろいろと詳しく教えていただきありがとうございました。他のを探しますね。

投稿: zucca | 2006/05/08 23:06

** zuccaさん、おはようございます **

> ジョンソンズブルー 夏に弱いのですね、
> 綺麗なブルーなんだけれど無理かな~、
zuccaさんのお家は山に近いようなので、もしも夏の気温や湿度がそれほど高くないのであれば試してみてもいいかもしれませんね。何しろ平地のまんまんなかにある八街でも元気に育っているのですから・・・
真夏に日よけをしてあげるとかすればあるいは大丈夫かもしれません。(確かなことは言えませんが・・・)
ただ、最近ではとても花色のきれいな品種がたくさん出ていますから、耐暑性のあるものを植えたほうが安心して育てられるとは思います。
ジョンソンズブルーよりもっと綺麗なゲラニウムもあるかもしれません。

キュウリグサ、メインだったのですね。
ちょっと忘れな草に似たあのお花、かわいいですものね♪
葉っぱを揉むとキュウリの香りがするのでキュウリグサだとか・・・試してみますか?

ヤエムグラは、こちらではよく見かける野草です。
百人一首にうたがありました。
『やえむぐら 茂れる宿のさびしきに―――』あれれ?あとが思い出せません・・・(汗)

投稿: misao | 2006/05/09 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/9937682

この記事へのトラックバック一覧です: 卵の殻も使いよう:

« 絞り出しクッキー | トップページ | 愛しのペネロープ »