« パイがい~っぱい♪ | トップページ | 庭の柿でタルト »

2006/10/26

バラのつぼみ

秋バラのつぼみはゆっくりゆっくり開くので、このかわいい姿で数日間・・・
つぼみフェチの私としてはうれしい季節です。
Gojarian1026* ごじゃりあん
ガクがまるで葉っぱのよう・・・
葉の縁が紅に染まってとても綺麗です。

Meriru1026* マーガレットメリル
春には真っ白だった花・・・ガクがうっすら色づいているので、今度は少しピンクに染まった花を見せてくれるでしょうか?

Monako1026* プリンセス・ド・モナコ
本館のバラのページで未だに唯一アップできないバラ。 整った形の花がなかなか咲いてくれません。 今度こそ! 期待しているよ。

Syune1026* シュネー・プリンセス
みんなで仲良く朝露の飾りをつけています。
もう少しするとふっくらコロコロのつぼみになります。

Suteragurei1026* アリスター・ステラ・グレイ
寝癖のようなガクは、我が家の個性派ナンバーワン。
かわいすぎて・・・もう・・・フニャ~ン・・・

Turuaisu1026* つるアイスバーグ
夏の間虫の猛威にさらされて、つぼみをひとつもつけられなかったかわいそうなアイスバーグ。今になってようやく・・・

Herite1026* ヘリテージ
主役はつぼみ、だけどあんまりかわいい咲きかけの花が切れなくて・・・

おそるべし、つぼみのエネルギー。

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« パイがい~っぱい♪ | トップページ | 庭の柿でタルト »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

なんと、つぼみフェチとはすばらしい。
たしかにつぼみは、かわいくて、希望があって、愛おしい。
バラのつぼみは殊に。
以前から、バラのつぼみのガクの先端が赤く染まっているのを見ると、きれいだなーと感じてはいましたが、がくにも愛情をそそいでいる、misaoさんに、愛情を感じてしまいます(笑)
たくさんのパイをみて、いろいろ勉強しました。パイシートを利用すれば簡単そうだと、意欲満々。
参考にして作ってみます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006/10/26 11:49

** ネモフィラブルーさん、こんばんは **

ネモフィラブルーさんもバラのつぼみがお好きですか?
ふふふ・・・
咲いている花ももちろん美しいけれど、つぼみには美しさや香りのエネルギーや可能性がぎっしり詰まっているようでなんともいえない魅力がありますね。
そして何より“かわいい”です。
まさに“かわいくて、希望があって、愛おしい。”なのです。(さすがネモフィラブルーさん、表現が簡潔です!)

私の周りにはバラに関するいろいろな愛好家がいらっしるので興味深いです。
バラの実を見るために秋のバラ園や野山をあちこち見て歩く“実フェチ”さんや、葉の形に興味を持っていらっしゃる方もいるようですし・・・葉を落とした冬のバラを見てニンマリ―――なんていう方もいるんですよ。
花の楽しみ方も様々ですよね。まったく奥が深いです。

ネモフィラブルーさんはどんなパイを焼かれるのでしょう。
パイと言えば甘いものばかりではありませんから、畑で収穫なさったものも利用されたり・・・?
楽しみです♪

投稿: misao | 2006/10/26 18:05

バラの蕾がいっぱいですね。
これから咲くまでも 「まだかな?」って きっと何度もごらんになることでしょう・・・。
我が家も 蕾がふくらんで これからさくバラがあり
開花を楽しみにしています。。

投稿: マウンチョ!! | 2006/10/26 19:55

** マウンチョ!!さん、おはようございます **

バラのつぼみ、種類によってはたった一つしかついていないもの(モナコ王妃など)もあり、とても貴重な存在です。
ミミエデンにいたっては、やっとついた秋バラのつぼみがアシブトクチバにかじられてしまいました。
新芽もいくつもかじられて・・・先日ようやく犯人を発見できたのですが、すでにかなり食べられた後でした。
虫の難を逃れたつぼみたちは順調に育っています。
これからは虫の心配もずいぶん少なくなりますね。

> これから咲くまでも 「まだかな?」って 
> きっと何度もごらんになることでしょう・・・。
ふふふ・・・皆さん同じですね。
そうそう、ほとんど動きがなくても毎日眺めてしまいます。
マウンチョ!!さんのバラたちも秋に向けてエネルギーを蓄え中かな?
見せていただくのを楽しみにしていますね。

投稿: misao | 2006/10/27 08:23

つぼみがいっぱいで、嬉しいですねぇ~
順番に見ながらニンマリ顔(^^)わかりま~す。
私ものぞいてます♪
つぼみの先のがくがクルッと開いてるのも 
朝露でお化粧したつぼみも、み~んなステキ♪
かわいい~ですねぇ~(^o^)丿
モナコさんの記念写真、バッチリ撮って下さいネ

パイいっぱい作ったのですネ
misaoさん、お店開いているのですか~?
すごい!
よりどりでいただけますネ
私は、どれをいただこうかなぁ~(^o^)丿
もう無いですよね・・・

投稿: orenge | 2006/10/27 10:16

** orengeさん、こんにちは **

orengeさんも今はバラのつぼみを見てニコニコなさっている時期ですね。
その上かわいいお客様も訪れてくれるしね♪
たった今メジロさんたちのかわいい姿を見せていただきましたよ。
うちではお食事中の姿しか見る事ができないので、
入浴中の姿も、なかなかえ~な~・・・(←おやぢ風)

> モナコさんの記念写真、バッチリ撮って下さいネ
はい、がんばります!
・・・というか、今度こそちゃんと咲いてくれるといいのですが。

パイは小さなものをいっぱい焼いたので、食べられたのはどれも一切れずつでした。
一番のおすすめはりんごとチーズのパイでございますよ~!
あれはもっとたくさん(その上しょっちゅう)食べたくなるパイです。

投稿: misao | 2006/10/27 10:42

misaoさん、こんにちは。
楽しみな蕾が沢山、どのこもみんなかわいいです。
特に寝癖ちゃん、フニャーンなお気持ちが良くわかります。
misaoさんのばらは黒点がなくて葉っぱがきれいですね。
我が家のマーガレットメリルはこの秋は黒点がひどく花が見れなさそう
なのです。misaoさんのお花を楽しみにしています。

投稿: 葉月 | 2006/10/27 16:40

おはようございます。
あら、バラのつぼみがいっぱい!
つぼみフェチ、ああ、わかります!
秋のバラ、このつぼみが、ゆ~~っくり開いていくのも
また楽しいでしょうね?
misaoさんちのバラは、見ているだけでほんとに
幸せな気分になれますね。
我が家のは、あらま!葉がダメです~~(´~`)

投稿: ぴよ | 2006/10/28 08:06

** 葉月さん、こんにちは **

フニャーンな気持ち、葉月さんでしたらわかってくださると思いました。
きっと葉月さんも庭に出る度にフニャーンな気持ちになっている事と思います。
植物を育てていらっしゃる方々は、皆さんそうなのかもしれませんね。
その上葉月さんの場合は、ぴー君にもフニャーンですしね♪

> misaoさんのばらは黒点がなくて葉っぱがきれいですね。
とんでもありません。
つぼみの写真ばかりなのでたまたま写っていないだけで、実際は黒点だらけですよ。
マーガレットメリルはそれほどひどくありませんけれど、種類によってはひどいものもあります。
つるアイスバーグなどはつぼみのすぐ下の枝まで黒点になっています。
無事咲いてくれるかどうか・・・心配しているのです。
それでも今年はウドンコ病の被害がほとんどなかったので、ホッとしています。
ダブルパンチはバラにとっても私達にとってもキツイですよね。

投稿: misao | 2006/10/28 11:31

** ぴよさん、こんにちは **

うちのも葉っぱがダメなのがたくさんあります。
つぼみのまわりの葉っぱは新しいものばかりなので
写真だけ見るときれいに見えますけどね・・・
それでも元気に咲いてくれればまあいいか・・・と、そんな感じです。
“バラの黒点は持病のようなもの”というお話も聞いた事があります。

> このつぼみが、ゆ~~っくり開いていくのも
> また楽しいでしょうね?
そうなのですよ~
春のようにぱーっと満開になるのもいいのですが
ゆっくりゆっくり咲いてくれるのもいいものですね。
春に比べて花の数は少ないのですが、楽しむ時間はたっぷり―――
ちゃんとバランスとれていますね♪

投稿: misao | 2006/10/28 12:05

ヤッパリコメント入れちゃいましょう。
薔薇は蕾でも美しいですよね。

投稿: sakae | 2006/11/03 06:04

** sakaeさん、おはようございます **

やはりsakaeさんも・・・?
バラが好きな人は、きっと皆さん蕾もお好きでしょうね。
これから咲く花の美しさが、あの小さい蕾にぎっしり詰まっているのですものね・・・
嫌いなわけがありません。

投稿: misao | 2006/11/03 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/12433217

この記事へのトラックバック一覧です: バラのつぼみ:

« パイがい~っぱい♪ | トップページ | 庭の柿でタルト »