« バラのつぼみ | トップページ | オキナワスズメウリ »

2006/10/28

庭の柿でタルト

今年も庭の富有柿が豊作です。
果物好きのsigeoさんが一生懸命食べていますが、家に柿がなっていると意外と子供たちは食べません。 野鳥たちのごちそうになっているのもいいけれど、せっかく育てた柿、もっと家族で食べなくちゃ・・・という訳で柿のタルトなど焼いてみました。
Kakitaruto1028今回はいつもの簡単パイ生地ではなくてちょいと手の込んだパートシュクレ。サクサクとした甘みのある生地です。
その生地の中にアーモンドクリームを絞って焼き、
Kakitaruto21028上に紅茶風味のカスタードクリームをのせました。
なぜ紅茶風味か・・・といういと、牛乳を切らしていて
代わりにミルクティーで作ったから・・・(汗)
果たしてこのクリーム、吉と出るか凶と出るか―――
Kakinotaruto1028軽く粉砂糖を振って完熟柿を並べ
表面にナパージュ(ツヤだし)を塗ってできあがり。

* こちらのお菓子のレシピは本館お菓子のページにあります *

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« バラのつぼみ | トップページ | オキナワスズメウリ »

お菓子」カテゴリの記事

コメント

わぁ~美味しそう~~~。
毎回 同じ書き出しのコメントになっちゃうよう。

エーッ 柿を焼いちゃうの・・・と思ったら違いましたね。
冨有柿をふんだんに使った贅沢なお菓子♪
柿だけでも美味しいのに・・・パートシュクレ・アーモンドクリーム・カスタード・・・よだれがジュルッ(^^ゞ

そして最後の仕上げも本格的!是非お呼ばれしたいなぁ~。

それで クリームは吉凶どっちだったのかな?

投稿: zucca | 2006/10/28 22:10

柿のタルト、おいしそうです。^^*
私 柿が大好きなんです。
>家に柿がなっていると 以外に子供達は食べません・・・。
もったいないです。。(気持ちは 分かります。)
私も実家に柿の木があり そのときはありがたくも思いませんでした。
でも いざ欲しくて 買うと高いし・・・、
それで、クリームは 吉凶どっちでしたか??

投稿: マウンチョ!! | 2006/10/29 06:45

** zuccaさん、おはようございます **

> それで クリームは吉凶どっちだったのかな?
うっ・・・うっ・・・うっ・・・(T-T)
はっきり言って“甘すぎ”ました。
牛乳には入っていない甘みがたっぷりのアイスティーを使っているのに
さらに普段どおり砂糖を入れてカスタードを作ってしまったのです。
結局・・・“吉”でなかった事は確かです。
ただ、柿に紅茶の香りが意外と合うという事は判明しました。

柿には酸味というものがないので、全体に味が単調でした。
仕上げのゼラチンはすぐに食べる場合には必要ないような気がしましたし
今回初めて作ったアーモンドクリームもかなり甘かったです。(食べ終わるとすぐに本館レシピのアーモンドクリームの砂糖の量を半分に減らしました。)

それにしても、庭にある果物で作ると何でもたっぷり使えていいですね。
そう考えてみると紅玉の木が欲しくなってしまいますけど・・・

投稿: misao | 2006/10/29 09:19

** マウンチョ!!さん、おはようございます **

> 私も実家に柿の木があり そのときはありがたくも思いませんでした。
そうなんですよね。家に無いと買ってくるのにあると買わないし、しかも食べない・・・
木で完熟した柿は売っているものよりずっと甘くておいしいんですけど。
でも、今回のタルトで子供達もずいぶん食べました。
ただ・・・柿だけ先に食べて、残りを“紅茶タルト”として後から味わっていましたけどね。

> それで、クリームは 吉凶どっちでしたか??
ふっふっふっ・・・凶・・・かも。“甘すぎ”に拍車をかけました。
今回のタルト生地には甘みが入っています。
その上甘いアーモンドクリーム&さらに甘い紅茶カスタードクリーム・・・
結果はだいたい想像できちゃいますよね。
紅茶の香りが柿に意外に合うという事を発見できたのが今回の収穫でしょうか。
紅茶カスタードのかわりに甘さをぐっと抑えた紅茶風味の生クリームが合いそうです。

今までこのタルト生地で作ったのはチーズタルトとブルーベリータルト。
どちらも塩味とか酸味とかのあるものでした。
甘~い完熟柿で同じように作ってはいけませんね。
やはり具材と生地やクリームの甘さのバランスを考えて作らないと・・・

投稿: misao | 2006/10/29 09:42

こんばんは
家に柿の木があると案外食べないものなんですか
私はこのところ毎週柿の注文をしています
お料理に使うって考えた事がありませんでしたが
お菓子に使う手があったのですね

投稿: yukiho☆ | 2006/10/29 22:14

柿をタルトにって発想が、お菓子作り名人らしいですね。
紅茶好きの私は、紅茶味と柿が合うらしいというのは、とても味わってみたいと思わせる組合わせです。
きょう、里山で鈴なりの柿の実を見て、北風1番が吹いたら取りに来ようと、話したばかりでした。田舎の方は、干し柿作りを、北風1番が吹くまで待つからです。
今年はいつまでも暖かく、柿は色づいてきたのに、北風なんかいつ吹くのでしょう。
レシピを見て、もう食べたような気分になってます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006/10/29 23:06

完熟したとろ~とした柿が、美味しそう~♪
こんなにふんだんに使えていいなぁ~
ちょっと甘めのケーキになったのですネ
いつも新しいケーキに挑戦なさって感心します。
散歩にでると、他所のお庭には鈴なりの柿が重そうに実ってるのに、何故かカラスやすずめが群がってます。
みんな収穫しないのかしら?
指咥えていつも眺めています。

投稿: orenge | 2006/10/29 23:28

こんばんは、misaoさんのレシピ見てるといつも簡単そうに見えるのですが。
実際は・・・。
経験地の差をいつも感じさせられる時間です(汗

でも美味しそうな画像見れるのはいつもハッピー。
書き殴りなコメントでごめんなさい。

投稿: sakae | 2006/10/30 00:22

** yukiho☆さん、おはようございます **

yukiho☆さんも、やはり家にあるものは案外食べませんか・・・
皆さん同じなのでしょうかね~?
主人は毎朝庭に出ては熟した柿を採ってきて、朝食の時に食べています。
朝の柿は冷えていておいしいのでしょうね。

> お料理に使うって考えた事がありませんでしたが
> お菓子に使う手があったのですね
うちではけっこう柿をお料理にも使ったりします。
薄くスライスしたものをポテトサラダに入れてもおいしいし
白和えに入れて、柿を器にしてみたり・・・
お菓子よりもどちらかというとお料理に使うほうが多いかもしれません。
でも、完熟果物はやっぱりそのまま食べるのが一番おいしいです♪

投稿: misao | 2006/10/30 08:31

** ネモフィラブルーさん、おはようございます **

柿のタルト、以前ケーキ屋さんでも見た事があるのです。
そこから“柿でタルト”という発想があったのですが―――甘すぎました。
そこら辺が“迷人”の由来でしょうか・・・

紅茶風味と柿はけっこう合いました。
柿ってあまりクセのある果物ではないので、何にでも合いやすいのかもしれませんね。

うちでは今年とっても出来が良くて食べ切れないくらい。
毎日鳥が食べにきて、どんどん穴を開けられてしまって・・・
今は鳥vs主人の競争となっているんですよ。

> 田舎の方は、干し柿作りを、北風1番が吹くまで待つからです。
いいですね~、干し柿作り・・・
以前作った時にカビが生えてしまったので、それ以来作っていません。
やはり北風を待たずに作ったのが原因でしょうか。
畑の脇に鈴なりの柿の木、軒下に並ぶ干し柿・・・そういった昔ながらの風景が大好きです。
またチャレンジしてみようかな。

投稿: misao | 2006/10/30 08:41

** orengeさん、おはようございます **

ふふふ・・・完熟柿、おいしいですよ~
ただケーキに使うときはあまり完熟でない方がいいようですね。
“甘すぎるから”というのも理由の一つですが、スライスして並べる時にあまり柔らかいと扱いにくいのです。
タルトを作った時も何度紅茶カスタードの上に柿を落とした事か・・・そのたびにフォークで拾って並べなおし。
次にもし作る事があれば、もう少し固めの柿で作ろうと思いました。

> みんな収穫しないのかしら?
それなんですよね~
食べればおいしいのに、あまり毎日だと飽きてしまうとか・・・
家族が少なくて食べきれないとか・・・
あとは、その木が受粉用に植えられている柿という可能性もありますね。
うちにも1本ありますが、メインの柿をおいしくするために受粉樹というのを植える事があります。
それは渋柿ではなくてちゃんと食べられるのですが、富有柿などに比べると味が落ちるのです。
(私は固くて好きですけどね)
それらはどんどん熟して鳥のごちそうになってしまうようですね。

投稿: misao | 2006/10/30 08:54

** sakaeさん、おはようございます **

簡単そうに見えますか?
おそらく、お菓子作りに慣れている方でしたらこんなのは簡単に作ってしまうのでしょうね。
でも私はまだまだです。
作り慣れた物を作る時でも愛用のボロノートを見ながら作ります。
作るたびに改良点などが書き込まれて一部判読不可能な部分もありますが、大切なノートです。
いつかは清書しなくちゃなぁ・・・とは思うのですが―――

お忙しいsakaeさん、無理をなさらないでくださいね。
私はひとことコメントでもいただければうれしいです。
もちろん、読んでいただくだけでもありがたいと思っています。

投稿: misao | 2006/10/30 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭の柿でタルト:

« バラのつぼみ | トップページ | オキナワスズメウリ »