« カトルカールに栗のミルク煮 | トップページ | キバナアキギリ »

2006/10/13

メジロ

Mejiro1013今年もメジロが柿の実を食べにやってきました。
先日sigeoさんが見つけたのですが、その時はまだ熟している柿がなかったので写真を撮る暇もなく行ってしまいました。
今日は二羽でやってきて、甘そうな柿をしっかり食べていきました。

* おまけ *
秋バラが咲いています。
Arisuta1013アリスター・ステラ・グレイ
もう3~4日つぼみのままでしたが、
今朝ようやく動き出しました。

Heri1013ヘリテージ
先日の強風で花首が折れてしまいましたが、
それでも健気に咲いてくれました。

― 写真はクリックすると大きくなります ―


|

« カトルカールに栗のミルク煮 | トップページ | キバナアキギリ »

「ガーデニング」カテゴリの記事

「野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪
メジロ 久しぶりに見ます!綺麗な色。
時々やってきて、ちゃんと柿の熟し具合をチェックしていたのね。
うちのほうでも、チィーチィーと鳴き声だけは毎日聞超えてくるのですけれどね。
蜂さんがいなくなったら、みかんや柿を出してあげようと思います。
特売の柿 今から冷凍庫にストック、それに牛脂もね!

投稿: zucca | 2006/10/13 16:32

柿が美味しくなる頃に、ちゃんと来るのですネ♪
ご近所さんの柿は、カラスに狙われて困っていました。
カラスのおこぼれを、メジロもいただいてると思うけどネ
うちにも、時折来てるようなのですが、まだ葉っぱの陰で良く確認できません。落ち葉もだんだん増えてきたので、もうじきかな?

バラも優しい色のお花が咲き出しましたネ♪
うちは、まだ小さいつぼみがやっと出来たところです。

投稿: orenge | 2006/10/13 19:01

メジロ 綺麗ですね。
柿が実った事を メジロはちゃんと知っているんですよね。
私も柿まだ食べていません。(食べたいな♪)
我が家のバラも 少しずつですが、花が咲き始めました。

投稿: マウンチョ!! | 2006/10/13 19:43

こんにちは。
メジロ、可愛いですね~♪
このお目々がなんとも(^-^)
あま~い柿を食べて、ご満悦だったのでしょうか?

バラたちも、またきれいに咲いていますね。
ヘリテージ、う~ん、素敵。
我が家の・・・あれ!つぼみが喰われてしまいました!
きゃー!

投稿: ぴよ | 2006/10/14 16:46

** zuccaさん、こんばんは **

メジロ、私も久しぶりに顔を見ました。
山林などで遠目には姿を見ていたのですが・・・
この写真を撮ったときは二羽で来ていてかわいい声も聞く事ができました。
そうそう、チィーチィーと聞こえますね。

うちの柿はまだ熟していないものがほとんどなのですが
傷んで早く熟してしまうものが時々あって、
そういうのをいち早く見つけるのがヒヨドリです。
そしてヒヨドリが穴を開けた柿に小さな鳥たちがやって来るのです。

> 特売の柿 今から冷凍庫にストック、それに牛脂もね!
そうですね~。
冬の間ずっと絶やさないようにしようと思うと、結構な量が必要ですからね。
うちではりんごや柿の皮も小さく刻んであげています。
お互いに、楽しみな季節の到来ですね♪

投稿: misao | 2006/10/14 22:24

** orengeさん、こんばんは **

> 柿が美味しくなる頃に、ちゃんと来るのですネ♪
そうなのです!野鳥って本当にすごいですね。
毛虫を食べていたシジュウカラは以前から来ていましたが
柿の実を食べる野鳥たちは、ちゃんと実が熟してからやって来るのです。
ずっと見ていなかったヒヨドリやムクドリなども食べに来ますし、
草の実などを食べていたスズメもちゃっかりやって来るようになりました。

> ご近所さんの柿は、カラスに狙われて困っていました。
う~ん・・・カラスは困るでしょうね~
体が大きいから、すぐに柿がなくなってしまいそうだし・・・

バラは次々につぼみを持っています。
夏の間元気がなかったり虫に食べられたりしていたバラにも
ようやく新芽が出揃って来ました。
楽しみですよね♪

投稿: misao | 2006/10/14 22:35

** マウンチョ!!さん、こんばんは **

メジロ、本当はもっと鮮やかな色をしているのですが、写した時間帯この場所は日当たりが悪いので薄暗い写真になってしまいました。

> 柿が実った事を メジロはちゃんと知っているんですよね。
うふふ・・・不思議ですよね。
野生の“カン”というやつでしょうか?

そういえば、私もまだ今年柿を食べていませんでした。
うちの富有柿が甘くなるのはもう少し先かな。
ちなみに鳥たちが食べているのは禅寺丸という受粉用の柿です。
それでも一応甘柿なので食べられるんですよ。

マウンチョ!!さんも、秋バラを楽しみにしていらっしゃるのですよね。
品種によっては霜が降りるまで咲くそうですね。楽しみです。

投稿: misao | 2006/10/14 22:42

** ぴよさん、こんばんは **

メジロは皆さんに愛されるアイドルですね。
たまちゃんには負けちゃいますけど・・・
(私の中ではシジュウカラにも負けちゃいますけど・・・)

> あま~い柿を食べて、ご満悦だったのでしょうか?
おそらく・・・あれから何度か食べに来ていましたから。
ところがこの柿、鳥だけではなくてスズメバチまで食べに来るのです。
果汁を吸うところを見るとおそらく♂の蜂だと思うのですが、やはり怖いですよね。

> 我が家の・・・あれ!つぼみが喰われてしまいました!
> きゃー!
本当に、きゃー!ですよね。
うちでもつぼみの半分をぽっかり食べられてしまったバラがありました。
犯人は即見つけてやっつけましたけど・・・
どうしても見つからない犯人もいます。
そういう時は夜見回りをすると、意外と見つかりますよ~ ふふふ。

投稿: misao | 2006/10/14 23:06

こんばんは
メジロって冬かと思っていたんですけど
今頃もいるんですね
よく考えたら当然ですね・・・

13日のMステご覧になりました?
ミスチルが新曲の「しるし」をフルコーラスで歌いましたよね
もう大感激でした
直前に出るって知ったのでビデオ撮ってなくて残念です

投稿: yukiho☆ | 2006/10/15 21:25

** yukiho☆さん、おはようございます **

メジロ、山の中には一年中いるのですが、うちの庭に来てくれるのは冬だけです。
春~秋にはメジロのえさになるものがないからでしょう。
メジロたちは冬の間、柿などの果物だけでなくサザンカの花にもよくやって来ます。
あれは蜜を食べているのでしょうか?それとも花粉?おしべ?
詳しい事はわかりませんけれど、花から花へ飛び回る姿が見られます。

> 13日のMステご覧になりました?
> ミスチルが新曲の「しるし」をフルコーラスで歌いましたよね
ぐぁ~~ん・・・(T-T)
Mステのテレビ欄にミスチルの名前は出ていましたが、まさか歌うとは思わず―――録画もしませんでした。
あの番組はスペシャルになると昔のVTRで編集する事が多いので、きっとまた昔の映像だろうなぁと思い込んでいました。
失敗したなぁ・・・
仕方がないので「しるし」聴きたさにドラマを観る事にします。
苦手な修羅場系ドラマだけど、テーマが流れる時だけ観ようかと。

投稿: misao | 2006/10/16 08:39

先日は、ハヤトウリの情報ありがとうございました。よければ送ってくださるとのご親切感謝いたします。
近くのお宅で、実っているのを見かけました。
かわいい姿で、これが食べられるのか?どんな味だろうと興味津々。
ひとつ分けてもらって、来年は、トライして育ててみます。もし手に入らなかったら、お願いすることになるかもしれません。
野鳥はかわいいですね。
うちでも、周りに食べ物がなくなったら、餌台をだします。メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキ等がきますが、いつもヒヨドリに脅かされてかわいそうです。

投稿: ネモフィラブルー | 2006/10/16 12:36

** ネモフィラブルーさん、こんにちは **

ハヤトウリ、ご近所でも育てている方がいらっしゃったのですね。
地方によってはポピュラーな野菜のようですし、育てるのが簡単でクセのない味ですから、だんだんと広まっているのかもしれませんね。

もしもそちらで手に入らなければいつでも遠慮なく声をかけてください。
うちでは去年も食べきれないほど収穫できましたので・・・(今年もすでに鈴なりの予感―――汗)

ネモフィラブルーさんも餌台を出されるのですね?
うちも柿の実がなくなり、周りに餌がなくなる頃になると、落花生リースを作って吊るしたりミカンを枝に差したりします。
メジロは果物が好きで、落花生にはほとんど見向きもしません。
ヒヨドリは餌を独り占めしようとしますね。
それでも人影が見えると臆病ですぐに逃げてしまいます。
メジロはけっこう近づいても逃げないので、見かけによらず神経が太いのかも・・・?

投稿: misao | 2006/10/16 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/12263452

この記事へのトラックバック一覧です: メジロ:

« カトルカールに栗のミルク煮 | トップページ | キバナアキギリ »