« ブッタークーヘン | トップページ | コガネムシの幼虫対策 »

2007/01/15

つるバラの剪定・誘引

Nyu1115昨日はつるバラの剪定と誘引を行なった。
一番の大物は西側フェンスのニュードーン。去年もたっぷり暴れてくれたので花後にかなり剪定をしたのだが、葉が落ちてみるとこの通りまだけっこう枝が込み入っている。まず結束紐を全て切って枝を地面に下ろし、細かな枝を落としてから本格的な剪定をする。
延ばしたい方向にある枝や勢いの良いシュートを残し、元気のない枝や古い枝を切る。
Nyu2115かなりの古株(8年もの)なので太い枝は剪定ばさみでは歯が立たない。ノコギリでギコギコやっていたらノコギリの歯が曲がった。・・・工具大好きなsigeoさん、ちょっと残念そう・・・ごめんね。
←かなり枝数を減らしたが、このくらい思いきり切っても春にはものすごい暴れん坊なのでちょうどいいのだ。

Clicesentei115そしてアーチに誘引してあるツルアイスバーグ。こちらは3年目。
背の高いアーチなのでsigeoさんに枝をすべて下ろしてもらい剪定。
私が剪定をしている間にsigeoさんは色の褪せたトレリスにペンキを塗ってくれた。 その後再びsigeoさんに誘引してもらうが、寒い中脚立での作業はたいへんそう。私は下でエラそうに指図してみた。
左が剪定前で右が剪定後。去年より枝を多目に残してみたけれど、花数が多くなるかな~

Syapo115そしてこちらはオベリスクのシャポー・ド・ナポレオン。
かなりすっきり剪定できた。
右後ろのトレリスには、今年地植えにしたピエール・ド・ロンサール。
こちらは夏に有望なシュートの先をアシブトクチバに食べられてしまったので去年からあまり成長していないように見える。地植えの影響がどの程度出るのか、楽しみでもある。

まだ鉢バラの植え替えなどが残ってはいるものの、大物の作業を終えるとなんとなくホッとする。
施肥、マルチ、場所によっては土の入れ替えをしてこの冬の作業は終わる。
すでに頭の中ではバラが満開になっていたりするのだが、そううまくいくかどうか・・・
春までドキドキ・ワクワクが続くのだ。

― 写真はクリックすると大きくなります ―

|

« ブッタークーヘン | トップページ | コガネムシの幼虫対策 »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

うーーーん 大変そう
でもご夫婦での共同作業と
頭の中ではバラが満開
良いですねぇ.:*・゜(*´ー`人)゜・*:.ウットリ

投稿: yukiho☆ | 2007/01/15 15:13

フェンスのニュードーン 鉢植えなんですか?
枝がいくつも伸びていて(暴れん坊?) すごいなぁ~!!って関心したり・・・。
大物の作業が終わると一安心ですね。^^*
私も そろそろ作業を始めたいと思っています。
きっと同じく「満開のバラを夢見て・・・。」

投稿: マウンチョ!! | 2007/01/15 19:53

綺麗に誘引されましたね。
さすが愛の力(だれの?

この写真見ているとsakaeはもっと頑張って誘引せねばと気張るばかりですが、明日は先月死んだ叔母の財務整理したいと考えています。
俗に云う香典返しとか電気ガス水道などの引き落とし先の変更もね。

こう云っためんどくさい事最大級ニガテなんですよ。(ハァ~

投稿: sakae | 2007/01/16 03:16

いよいよ庭仕事始まりましたね。
剪定 思い切ってズバッとですね。
今年も 沢山の花をつけてくれる事でしょう。

庭仕事の後のお菓子 美味しそう。
今日は午後 お菓子作りしようかな・・・なんて、誘惑されそうです。(^^ゞ

投稿: zucca | 2007/01/16 10:27

** yukiho☆さん、こんにちは **

大変だったけど、寒かったけど、疲れたけど・・・
春にあの花が咲いてくれるのだと思うと、思わず張り切ってしまいます。
きっと皆さんも同じですよね。
細かい種を播いて毎日管理したり、庭にたくさん穴を掘って球根を埋め込んだり、キズだらけになりながら剪定をしたり・・・
植物好きな人って美しい花や葉を見たいがために冬でもがんばっちゃう。
そんな時はみんな頭の中に満開の花を咲かせてうっとりしているのでしょうね。
yukiho☆さんが書いてくださった顔文字みたいにご満悦の笑顔で・・・うふふ♪

投稿: misao | 2007/01/16 12:11

** マウンチョ!!さん、こんにちは **

> フェンスのニュードーン 鉢植えなんですか?
ふふふ・・・一見鉢植えのように見えますが、実は違います。
うちのバラ鉢は、底に大きめの穴(根っこが通るくらい)をいくつも開けてあります。
うちでは半数ほどがこのような植え方で植わっていますが、鉢の底から根が出て地面の養分と水分を吸収できる仕組みです。
私は“鉢地植え”と呼んでいます。
早い話“根が張りすぎて動かせなくなっちゃった”状態が始まりなのですが、水はけなどは普通の地植えよりもいいような気して続けています。

> 大物の作業が終わると一安心ですね。^^*
本当に、そうですね。
昨日は肩こりがひどかったので1日お休みして、今日は朝からまたがんばりました。
風もなく暖かくて絶好の庭仕事日和です。
バラに関しては今日すべての作業が終了し、あとは春を待つのみとなりました。
マウンチョ!!さんもがんばってくださいね。
一緒に満開のバラを咲かせましょう♪(まずは脳内で・・・ネ)

投稿: misao | 2007/01/16 12:25

** sakaeさん、こんにちは **

ふっふっふ・・・愛の力・・・誰の?
それはsigeoさんと私のです。
もちろん“バラに対する愛”でございますよ~

亡くなった方のいろいろな後の整理は何かと大変ですよね。
人がひとり生きて生活なさっていらしたのですから、簡単に片付くものではありません。残された方にとってはたいへんでも、先立った方を偲びながらコツコツやるしかないのでしょう。そういう苦手な事をするのもご供養だと思ってがんばるしかないのかもしれません。
sakaeさんにとってこの冬がそういう冬だったという事はバラもきっとわかってくれるでしょうし、春になるときっとケロっとした顔で咲いてくれますよ。

投稿: misao | 2007/01/16 12:33

** zuccaさん、こんにちは **

そうですね~。
いつもこの時期、バラのお手入れをはじめるまでなんとな~く気持ちが落ち着かないのです。
お手入れをし始めるとだんだん気持ちが落ち着いて、終わるとあとはもう春に向かってまっしぐら!・・・という感じです。

剪定は毎年やっているもののなかなか上手くなりません。
つるアイスバーグなどは本来もっとすっきり剪定してもいいくらいなのですが、小さな芽が出ているとついつい残してしまうのです。
ニュードーンの太い枝を切る時もかなり迷いましたし・・・まだまだですね。

庭仕事の後の甘い物は最高ですね!
(私の場合はいつでもOKなのですが・・・)
zuccaさんも今日はお作りになるのかな?
何を作られるのでしょうか・・・楽しみにさせていただきます。

投稿: misao | 2007/01/16 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/13500761

この記事へのトラックバック一覧です: つるバラの剪定・誘引:

« ブッタークーヘン | トップページ | コガネムシの幼虫対策 »