« 2月最後の日 | トップページ | 方領大根のささやかな収穫 »

2007/03/02

ツノハシバミの雄花 ビロロ~ン

Tunohasibamiobana2月12日の『ツノハシバミの雄花』あれから20日経って、あの花はこんなにビロロ~ンと伸びた。

Tunohasibamimebana雌花も咲きはじめている。
まだ開ききっていないようで
よく見ないと
見落としてしまいそうな花。
雄花と雌花、両方咲いている枝もある。

Kakesu32そしてあの日も半端な写真しか撮らせてくれなかったカケス・・・
あれから毎日がんばってはいるものの、あいかわらず。
カケス君、今日はオモチャの音だけでは飽き足らず、カラスの鳴きまねもしていた。

|

« 2月最後の日 | トップページ | 方領大根のささやかな収穫 »

野鳥」カテゴリの記事

里山」カテゴリの記事

コメント

カケスって 鳴きまねするんですね。^^*
カラスの鳴き声って やっぱり「カア~・カア~」なんですか??
写真のカケス君は 羽はきれいですが、お顔はちょっといたずらっ子にも見えたりします。^^*

投稿: マウンチョ!! | 2007/03/02 21:35

** マウンチョ!!さん、こんばんは **

カケスはいろいろな鳥の声を真似るのだそうです。
(実は、私もつい最近教えてもらった事実なのですが・・・)

> やっぱり「カア~・カア~」なんですか??
そうなのです。 でも、カケスの「カア~カア~」は声に張りがないのでカラスでない事がバレバレです。
本来の「ジェイジェイ」と鳴く声のほかにも、「ぺゅ~ぅぺゅ~ぅ」とまるでオモチャのような音を出していることがあります。あれが他の鳥のまねなのかどうかわかりませんが、私が見かけるカケスはよくその声を出します。
ネットで調べてみると“猫の声も真似する”そうですよ。

> 羽はきれいですが、お顔はちょっと
> いたずらっ子にも見えたりします。^^*
本当ですね。カケスの目はとても目立つちますね。
羽根の美しさよりも、コミカルな顔立ちの方が印象に残ってしまいそうです。
似顔絵を描くのが簡単そうな鳥ですよね。

投稿: misao | 2007/03/02 23:03

やっぱり春かなぁ?
春近しですなぁ。

投稿: sakae | 2007/03/02 23:30

飛び立つ後姿を見かけただけでしたが、この鳥カケス君だったのですネ
顔は、始めてです♪
目が印象的ですねぇ~
鳥の目じゃないみたい・・・(^^ゞ
ツノハシバミの雌花は、なんて控えめなの~
これじゃわかりませんねぇ

投稿: orenge | 2007/03/03 00:18

** saakeさん、こんにちは **

春なのですね~、やっぱり。
鳥たちだけじゃなくて、植物もしっかり・・・
今年は冬があまり寒くなかったけれど、植物にはちゃんと春が来るのがわかるのですね。

投稿: misao | 2007/03/03 15:00

** orengeさん、こんにちは **

orengeさんもカケスをご覧になられたのですね。
今年はカケスも当たり年だという事で、毎日散歩に行くたびに声を聞く事ができます。(カメラにはなかなかおさまってくれませんけれど・・・)
野鳥のサイトで『冬場の主食はどんぐり』ということを知りました。
私が行く雑木林にはどんぐりの実がけっこう落ちているので、それで多いのかもしれません。(世間じゃどんぐりが少ないそうですが・・・)

> 鳥の目じゃないみたい・・・(^^ゞ
ホントホント!まるでマンガの主人公みたいな目をしていますよね。
白い虹彩が白目のように見えるので、人っぽく感じるのかもしれませんね。

> ツノハシバミの雌花は、なんて控えめなの~
そうですよね~
珍しくてパッと目に付く雄花と、近づいてよーく見なければ気がつかないほど控えめな雌花・・・この関係、ちょっと鳥に似ているような気がしますね。

投稿: misao | 2007/03/03 15:15

こんばんは~。
カケス まだ見たことない鳥です。
白目があるのね~、ルリビタキにも白目ありましたね。

きょう公園に行った帰り道 ツノハシバミ よく目立っていました。
車で通り過ぎちゃったけれど、歩いていったら控えめな雌花が見れたのかも・・・小さすぎて見過ごしてしまいそう。
植物も 雄花・雌花 こんなに違うもの あるのですね。面白いですね。
(全然詳しくないので、鳥だけかと思っていました)

投稿: zucca | 2007/03/03 20:12

** zuccaさん、こんばんは **

カケス、こちらでは今年ずいぶん多いようです。
(もしかしたら、同じ数羽がずっといるのかもしれませんけれど・・・)
声は毎日聞こえますし、運がよければ姿も見る事ができます。
いつも木の上の方にいるので、たまに写真を撮れてもほとんど逆光で真っ黒だったり枝や葉に隠れていたり・・・なかなか私に全貌を現してくれないのです。
それでもいろいろな声を聞かせてくれるのが楽しくて、今シーズンですっかりファンになりました。

> 白目があるのね~、ルリビタキにも白目ありましたね。
そういえば、zuccaさんのルリビタキには白目がありましたね!
私が写した子には見えませんでしたが・・・もっと横を向くと白目が見えるのでしょうか?

zuccaさん、今日は公園に行かれたのですね。
確かに車で通過すると見えないでしょうね~、あの雌花は・・・
私などは近眼なのでなおさらです。
植物の場合はおしべとめしべがあるもの・雄株と雌株があるものなどいろいろありますね。
私もあまり詳しい事はわからないので、いつも花を見つけてから調べるクチですが、知れば知るほどおもしろい事がいっぱいありますね。

投稿: misao | 2007/03/03 20:40

こんばんは!
このツノハシバミのような木を見たことがあるなって思ったので、図鑑を調べたら、こんな風に雄花が垂れ下がる木がいろいろあるのですね。よく目にするのは雄花ばかりです。こんなに小さな雌花に気がついたことはありませんでした。こんな花を見かけたら、今度は雄花と雌花をセットで観察しないといけませんね。それにしても、この雌花、花に見えません。
カケス、木の込んだ中で、目までばっちり撮れているなんてすごいですよ。皆さんが言われているようにお顔が滑稽ですよね。物まね上手でひょうきんなやつなのかもね。

投稿: ジュリジュリ | 2007/03/03 23:55

** ジュリジュリさん、おはようございます **

> こんな風に雄花が垂れ下がる木がいろいろあるのですね。
私も、ツノハシバミの名前を確認する時に思いました。
ハシバミ属の雄花は皆似たような形をしていますし、シラカバなどのカバノキ属にもやはり似たようなビロ~ンとした雄花をつけるものが多いようです。
これはカバノキ科の植物の特徴なのでしょうか?
雑木林の中でも、すっかり落葉した枝にこの花がついているととても目立ちます。

> この雌花、花に見えません。
私も、最初見た時にはイソギンチャクのようだなぁと思いました。
今年は、受粉~実がなるまで時々見に行って写真におさめたいと思っています。

カケスの写真はこれでいっぱいいっぱいでした。
このあと見かけた子は杉の枝に止まって、脚につかんだ何かを一生懸命ついばんでいました。
“冬場はどんぐりが主食”と書かれているサイトがあったので、もしかしたらどんぐりだったのかな・・・?
双眼鏡でチェックしたらそのあたりもわかったかもしれませんね。
メガネをかけている私はどうも双眼鏡の使い方がへたっぴで・・・修行が足りませんなぁ~

投稿: misao | 2007/03/04 08:30

私も眼鏡掛けてます。
初めて双眼鏡を使ったときは、眼鏡が邪魔で、はずしてから双眼鏡をのぞいていました。その頃使っていた双眼鏡は、接眼レンズの淵にゴムの1・2cmくらいの高さのリングがついてました。眼鏡の人はそのゴムをめくって接眼レンズに接近して見るのに知らなかったので、いつも、どうしてこんな視野が狭くて小さくしか見えないのだろうって思っていたのです。眼鏡はいろいろ不便なことがありますよね。
カケスの食べ物は、双眼鏡でも難しかったかもしれませんね。

投稿: ジュリジュリ | 2007/03/05 12:29

** ジュリジュリさん、こんにちは **

ジュリジュリさんも眼鏡使用なのですね。

> 眼鏡の人はそのゴムをめくって接眼レンズに接近して見る
え~っと・・・それ、知りませんでした(汗)
もしかしたらうちの双眼鏡も同じだったのかな~?
それで妙に見づらかったのかもしれませんね。

うちには古い(大型)のと新しい(小型)双眼鏡がありますが、小型のを最初に使った時、前後逆にのぞき込んでsigeoさんに笑われました。
だってあまりにもコンパクトで、どちらが前だか分からなかったのですもの・・・
その双眼鏡は、いまだに手に持ってからしばらく考えます。

> 眼鏡はいろいろ不便なことがありますよね。
確かに・・・ラーメンを食べる時、走る時、汗をかいた時・・・不便ですよね。
私の場合老眼も入ってきているので、本を読むときには眼鏡を外します。
あと何年かしたら遠近両用を作らないとダメそうです。

投稿: misao | 2007/03/05 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツノハシバミの雄花 ビロロ~ン:

« 2月最後の日 | トップページ | 方領大根のささやかな収穫 »