« 雨の日のバラ | トップページ | ゲラニウム・ジョンソンズブルー »

2007/05/19

2007年のミミエデン

37mimiつぼみが開く頃になると毎年
うどん粉病に悩まされて
かわいそうだった
ミミエデン。
今年はなぜか
とても元気だ。
昨年かなり
思い切った剪定をしたからだろうか・・・
それとも3年経ってうちの庭に
なじんでくれたのかな・・・

このまま無事に咲いてくれるといい。

37mimi1つぼみの数は少ないけれど、少数精鋭という事で・・・
四季咲きだしね。

* 本館“バラのページ” *

|

« 雨の日のバラ | トップページ | ゲラニウム・ジョンソンズブルー »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ミミエデン 元気ですね。^^*
茎の先も 白くなってないし・・・、素晴らしいです。。
このバラは うどんこ病になりやすいと「バラ大百科」にもありました。
(私の教科書です・・・。^^;)
毎回、misaoさんのお返事に 勇気を頂いています♪
年々なじんで 強くなる・・・、って!!
いつも ありがとうございます。

投稿: マウンチョ!! | 2007/05/19 23:20

バラは、開きかけが、とてもきれいですね。
マウンチョさんが言われるとおり、茎もとてもきれいで、うちに一本だけ以前からある、つるばらは、ちょっとかわいそうなくらいです。
私は、木酢を、たまにやるくらいですが、アブラムシや、白い細かいカビみたいなものがつきます。
それでも、今年は、だいぶん枝をすいてやったので、蕾はたくさんで、なんとかいいとこどりで、もうすぐ咲いてくれそうです。
バラは綺麗だけど、花びらや葉がバラバラたくさん落ちるのと、やはりいろんな病気や、虫対策を思うと敬遠していました。
少し勉強しないとね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007/05/20 01:11

** マウンチョ!!さん、おはようございます **

このミミエデン、去年まではそれはそれはかわいそうな状態だったのですよ。
つぼみはみんな粉を吹いたようになるし葉っぱは一枚もなくなるし・・・思い出してもウルウルしてしまうくらい。
去年はうどん粉病を防ぐ菌を散布したのでうどん粉は出なかったのですが、そうすると黒点で葉を落とす・・・まったく気難しい子でした。
それが、今年は何も手をかけず(木酢すら散布していません)この状態・・・
やはりこれは“庭になじんだ”としか思えないのです。
・・・まぁ、来年になってみないと確かな事は言えませんけどね。今年元気なのはたまたまで、来年になったらひどいうどん粉・・・などという事もありえないとは言い切れないですものね。
その年の気候やそれぞれの庭環境などもあるので、あまり無責任な事は言えないですけれど、バラが年々庭になじむというのは確かな事だと思いますよ。

投稿: misao | 2007/05/20 09:30

** ネモフィラブルーさん、おはようございます **

私も、開きかけのバラ大好きです。
なんともいえない可憐な感じがしますよね。

ネモフィラブルーさんは木酢を使っていらっしゃるのですね。
私もつるバラには今年になって一度木酢を使いましたが、その他のバラにはまだ何もしていません。
とりあえず目に見える病気が出ていないので手抜きしています。

つるバラの場合、込み入った枝を剪定するのはかなり効果があるようですね。
風通しが良くなると病気も出にくくなるのでしょう。
それにつるバラはスカスカに剪定しても春になるとまたびっしり枝が出てきますものね。
要は伸ばしたい元気な枝さえとっておけば・・・という事なのでしょうか。

> 少し勉強しないとね。
私も何か迷う事があると、本をめくってみたりバラ作りの先輩に教えてもらったりします。
植物を育てる事ってず~っと勉強のような気がします。
学生時代の勉強と違って楽しい勉強ですけどね。

投稿: misao | 2007/05/20 09:44

前回の華麗なバラたちが雨にぬれてうつむいている姿はなかなか素敵です。シャポー・ド・ナポレオンって、ガクの形が凝っていてとても変わっていますね。強そうなガクに守られてどんな花が咲くのかしら。
今回のミミエデンは、またなんとかわいらしいバラでしょう。小さいのかしら?か弱くて育てるが難しそうですが、四季咲きだと、何回も楽しめるのが魅力的ですね。
misaoさんのお庭は、バラが咲き乱れて別天地になっているのでしょうね。

投稿: ジュリジュリ | 2007/05/20 15:03

** ジュリジュリさん、こんばんは **

シャポー・ド・ナポレオンの名前はあの特徴あるガクから来ているのだそうです。
あの写真からはよくわからないかもしれませんが、ふさふさのつぼみがナポレオンの帽子に似ているのだそうですよ。

> 強そうなガクに守られてどんな花が咲くのかしら。
先ほど記事中にバラのページ(去年のですが)へのリンクを貼っておきましたので、お時間のある時にでも見てみてください。
シャポー・ド・ナポレオンの花をクリックしていただくと、ころんとした美しい花をご覧いただけます。

ミミエデン、かわいいでしょう?
私にしては珍しく衝動買いしたバラなのです。
お花はかなり小さいです。開ききっても直径4㎝ほど・・・それでも分類はミニバラではなく“アンティークタッチの四季咲き中輪フロリバンダ”となっています。
今の花が終わると、夏前にもう一度新しい葉が出てきて秋までポツリポツリと咲きます。
四季咲き、嬉しいですよね♪

投稿: misao | 2007/05/20 20:40

こんばんは。
ミミエデン 今年は無事に咲いてくれそうで良かったですね。
名前もかわいいけれど、お花もかわいいですね!
楽しみです。
きょう林へ行って 野イバラの香りをかいできました。
ほのかなバラの香りがしました。
misaoさんに教えてもらってよかったです。ありがとう~。
それで野イバラのブログにTBさせていただいたのですが、前回と同じでうまく行かないみたい。
TB 何度か送ってみますので、ダブったらどんどん削除してくださいね、お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

投稿: zucca | 2007/05/20 22:20

** zuccaさん、おはようございます **

> ミミエデン 今年は無事に咲いてくれそうで良かったですね。
そうなのですよ~
我が家の庭にお迎えしてから、春に病気無しで咲いてくれたのは今年が初めてなのです。
それほど病弱な子でして・・・
でも、世話のやける子ほどかわいいと言いますよね。
(植物の場合は必ずしもそれが当てはまるとは思いませんけれど…)
こうしてきれいに咲いてくれるとやはり嬉しいです。

ノイバラ、ほんのりと甘い香りですよね。
私も昨日散歩でノイバラがいっぱい咲いている場所を通りました。
今本館のトップページにアップしてありますので、チラッと見てみてくださいね。

トラックバック、ありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきますので、よろしくお願いいたしますね。
時々調子が悪いようですから、もしもうまくいかなかったら削除してください。

投稿: misao | 2007/05/21 08:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/15127584

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年のミミエデン:

« 雨の日のバラ | トップページ | ゲラニウム・ジョンソンズブルー »