« 八街便り 9月 | トップページ | イチジクのパン »

2007/09/18

歴博

敬老の日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館に出かけた。
Rekihaku1918
佐倉城址公園内の小高い丘の上に建つその建物には『歴博』と大きく書かれていてわかりやすい。(佐倉城址公園は、江戸時代はじめに土井利勝により築かれた佐倉城のあとである)

広く緩やかな階段を登った先が正面玄関。
Genkan918
この日は休日だというのに、『もしかして休館?』と思うくらい玄関前に人がいない。しかし、建物に入るとしっかり係りの人もお客もいた。

館内の展示室は時代・テーマごとに別れている。
第1展示室は旧石器~奈良時代
第2展示室は平安~安土・桃山時代
そして第3展示室はただいまリニューアル中。(本当はここが一番見たかったんだけど・・・ちなみに江戸時代)
第4展示室は民俗がテーマになっている。
第5展示室は明治~昭和初め。
そして最後に企画展示室があるのだが、ここはいつも開いているわけではなく企画のある時だけ開設される。
ちなみに次の企画展示は10月10日~12月2日まで行われる『長岡京遷都~桓武と激動の時代~』だそうだ。(面白そう…)
館内の撮影については、撮影禁止の場所もあり注意が必要。
ちなみにフラッシュはほとんど不可、三脚は禁止である。
ぜひ写真を撮りたいと思うような魅力的なものもたくさんあったのだけれど、今回は母と一緒に楽しむのがメインだったのであまり撮影をしなかった。・・・が、第2展示室の『16世紀京都の町並み』という模型があまりに面白いので、写真を数枚撮ってきた。

Kyoumati3918
建物は屋根の上に置かれた石までしっかり。
往来には、今にも話し声が聞こえて来そうなほどイキイキと動きのある人々。

Kyoumati2918
家の中庭では井戸端で洗濯をするおばさん。
畑にはなすびときゅうりが植わっているが、しっかり花や実までついている。
おばさん、今にも腰をとんとんと叩きそう。

Kyoumati918
のんびり馬に乗って通るあまり身分の高そうでないお殿様。
ちょっと山内一豊風・・・

Kyoumati4918
きれいな反物の並ぶ店の前には市女笠の女性。
『秋物でもつくろうかしら…』

Mati918
こちらは一気に時代が飛んで、第5展示室の映画館前(…でポーズをとる母)
映画館といっても上映していたのは無声映画である。
母と二人、『鞍馬天狗』を観た。
母は「私が映画館に行くようになった頃はトーキーだったよ。」と言っていたが、トーキーという言葉自体古い。私は横溝正史を読んでいたからもちろん知っているけれど、今の若い人は知らないだろうなぁ・・・

|

« 八街便り 9月 | トップページ | イチジクのパン »

「日記」カテゴリの記事

コメント

うぉ~。
たまりませんね、このミニチュア。
子供のころからこういうの大好きなんです♪
民族資料館とかナントカ博物館とか子供のころから
近いとこなら一人で行ってました。
歴博、佐倉ならそんなに遠くないので今度行ってみまーす。

お母様、お若いですね!
misaoさんはお母様に似てらっしゃるのかしら?


投稿: やや | 2007/09/18 16:12

佐倉の歴博。
わたしの知人とmisaoさんは、スレ違ったかもしれません。^_^)

怖い「小袖」があるという話を
十年前くらいに聞いたことがあるのですが、
そういうのがありましたか?
(もう、しまわれてしまったかもしれません。)

投稿: ぴぴん | 2007/09/18 19:14

** ややさん、おはようございます **

ややさんもお好きですか?こういうミニチュア。私も大好き!
とても精巧に作られていて、しかも見ていて楽しくて・・・時間の経つのを忘れてしまいますね。

> 民族資料館とかナントカ博物館とか子供のころから
> 近いとこなら一人で行ってました。
子供の頃から・・・とは、ややさんは筋金入りの博物館好きなのですね。
しかも一人でというのがすごいです。

歴博、とても面白いのでぜひタイムスリップしにお出かけください。
今回見てまわるのに2時間半以上かかりましたが、この上リニューアルされた第3展示室と企画展示があったら、全部見るのに倍近くかかってしまうかもしれません。
今回は写真の都合でほんの一部しか紹介できませんでしたが、実際は魅力的な展示物がいっぱいありますよ♪土器・青銅器・衣装・もちろん建物や船の模型もたくさん!!
資料集などでおなじみの『南蛮屏風』もありました。(今月末まで展示だそうです)

あ・・・ちなみに私は昔から“父親似”だと言われています(^-^;)

投稿: misao | 2007/09/19 09:10

** ぴぴんさん、おはようございます **

> わたしの知人とmisaoさんは、スレ違ったかもしれません。^_^)
ええっ!?
という事は、ぴぴんさんのお知り合いの方は17日に歴博に行かれたのですね。
この日は休日のわりにすいていたので、すれ違っていた可能性大ですね。
私、何か粗相をしでかさなかったか・・・今になって心配になってきました。

怖い「小袖」、そういえば以前そのお話を聞きましたね。
すっかり失念していました。
もしもおぼえていたら必死で探したのですが、今回それらしい小袖には気づきませんでした。
現在第3展示室(江戸時代)がリニューアル中なので、もしかしたらその中にあったのかもしれませんね。
リニューアルしたらなくなってしまうかもしれません。
あとは、一定期間だけの『企画展示』という可能性もありますね。
次は長岡京の企画展示の間に一度行くつもりですので、その時はしっかりチェックしてきますね。(第3展示室も再開している事でしょうし・・・)
もしも見つけることができて、写真撮影可だったら、しっかり写してまいります。
・・・でも、おかしなものが写り込んでいたら、ちょっとイヤだなぁ・・・(-_-;)

投稿: misao | 2007/09/19 09:17

misaoさん、こんにちは
歴史博物館は草笛の近くでしたよね。
時々面白い特別展をやっていて、一度行って見ようと思いつつ、
まだ行ったことがありません。
常設展示も面白そうですね^^
怖い小袖には近寄りたくないなぁ・・・
敬意を払って見れば大丈夫かしら?
江戸東京博物館にはいらした事ありましたっけ?
あそこの常設も結構楽しめますよ!

投稿: kyara-mama | 2007/09/19 16:36

こんばんは。
京都の町の模型 面白い、
とてもよく出来ていますね~♪
私も こういうの見るの大好きです。
ずっと見ていても飽きないと思います。
人々の話し声や町のざわめきが 聞こえてきそうです!

投稿: zucca | 2007/09/19 21:41

トーキー分かるのってsakaeくらいまででしょうね。

投稿: sakae | 2007/09/20 04:05

おはようございます。
ミニチュアの世界、目を凝らすとみんな
動きそうですね♪
ほんとに細かく、表情まで&畑のものなど
すごい!
これは見ていて飽きませんね。
私もじっくり見てみたいなぁ。

投稿: ぴよ | 2007/09/20 07:41

** kyara-mamaさん、おはようございます **

> 歴史博物館は草笛の近くでしたよね。
直線距離にして2㎞ほどでしょうか、目と鼻の先と言ってもいいかもしれませんね。
草ぶえの丘バラ園でバラを楽しみ、どこかでお昼を食べてから、昼下がりの歴史散歩・・・なんて、いいコースかも♪

歴博蔵の常設展示物の中にもやはり期間限定のものがあるので、詳しい事はサイトで調べてから出かけたほうがいいかもしれませんね。
興味深い企画展示がある時に行くのがベストかなぁ・・・
第3展示室がリニューアルオープンしてからお出かけになることをお勧めします。

> 江戸東京博物館にはいらした事ありましたっけ?
まだ行ったことがありません。何しろ出不精なもので・・・(^-^;)
江戸東京博物館のサイトを見てみました。
すごく楽しめそうですね!母も喜びそう♪
両国でしたら電車で一本なので、機会があったらぜひ行ってみたいと思います。
やっぱり企画展示をしっかりチェックしてから、ですね。

投稿: misao | 2007/09/20 08:29

** zuccaさん、おはようございます **

> 私も こういうの見るの大好きです。
zuccaさんも?ふふふ・・・私もです!!
町の模型、楽しいですよね~
文章や絵で見るのもいいのですが、こうして立体になっているとまた違った楽しさがありますね。
母と二人何度もまわりをぐるぐる回りました。
実はこのほかにもいろいろな時代の村や町の模型があるのですが、それぞれに工夫がされていて見ていて飽きません。
家や田畑、周りの林、広場に人々・・・見ているとその時代時代の人々の暮らしが想像できて、とても興味深いです。

> 人々の話し声や町のざわめきが 聞こえてきそうです!
まさに、子供や犬など今にも動き出しそうな感じでしたよ。
ちょっとした時間旅行気分ですよね。

投稿: misao | 2007/09/20 08:49

** sakaeさん、おはようございます **

sakaeさんはトーキーと言う言葉をご存知でしたか。
私たちが子供の頃はすでに洋画も字幕、(もしくは吹き替え)でしたよね。
弁士の語りというのは、テレビでしか見たことがありませんでした。

投稿: misao | 2007/09/20 09:02

** ぴよさん、おはようございます **

> ミニチュアの世界、目を凝らすとみんな
> 動きそうですね♪
そうなのです。
どの人形もしっかり動きがあって、ただ突っ立っているだけの人というのがいません。
二人・三人で話し合っていたり、働いていたり、歩いていたり・・・この画面ではわかりにくいのですが、赤子に乳をふくませている婦人もいるのですよ。
日用品や着物などもしっかり作られていて、『もっと近くによって見てみたい!』と思うくらいでした。
この模型はやはり人気があって、周りに人が絶えることがありませんでした。
ぴよさんにもぜひ見てみてほしいです。
佐倉にお越しの際はぜひお立ち寄りください。・・・って、でも東京には素晴らしい博物館がたくさんありますよね。

投稿: misao | 2007/09/20 09:12

お母さんとお出かけ、楽しそうですね。^^*
模型も 小さな所までよく出来ていますね・・・、私も好きです♪

でも一番の写真は、最後のお母さんの笑顔。^^*
「嬉しい・楽しい。。」って 表情からわかります。
素敵な お出かけでしたね・・・。

投稿: マウンチョ!! | 2007/09/20 10:20

** マウンチョ!!さん、こんにちは **

本当にこの模型は細かいところまで丁寧に作られているのです。
暖簾や食器、野菜や洗濯物・・・もう感心しながら見てしまいました。
マウンチョ!!さんもやはりこういうのを見るのはお好きですか。
「あ・・・あんなところにあんなものまで!!」などといろいろ発見しながら見るのは楽しいですものね。

> 素敵な お出かけでしたね・・・。
ありがとうございます。
実は、仕事をやめてからめっきり外出しなくなってしまった母をsigeoさんが連れ出してくれたのです。
日頃から散歩を進めているのですが、暑いのが苦手な母なのでなかなか歩きません。
博物館なら冷房も効いているし、母は歴史好きなので、まさにピッタリでした。
あちらもこちらもと、目を輝かせて歩いていましたよ。

投稿: misao | 2007/09/20 10:50

お母様と、良いお出かけでしたネ♪
あらぁ~ちょっと雰囲気違うなぁ~と思っていたのですが、
歴史博物館いいですね。
時代劇の撮影所のようなジオラマですネ
私も見てみたいなぁ~♪
最近、博物館的なところへは行って無いですねぇ
ちょっと刺激うけました。
今度機会があったら、近いところで行ってみたいです。

投稿: orenge | 2007/09/20 23:33

** orengeさん、こんにちは **

おかげさまで、良いお出かけになりました。
もとはと言えばsigeoさんが連れ出してくれたのですが、出かけてみると母が思いのほか喜んでくれました。

博物館もいろいろありますね。
うちではsigeoさんと息子たちが科学博物館や船・飛行機などの博物館が好きで、昔はあちこち出かけました。
私は昔から歴史系が好きだったので、近くにいくつも博物館があると別行動をとったりした事もあります。

> 時代劇の撮影所のようなジオラマですネ
> 私も見てみたいなぁ~♪
本当ですよね。まるでセットのような・・・
しばらく見ていても見飽きるということがありません。
こんな模型がいくつもあるので、楽しいですよ。
都内にはこちらよりも博物館が数多くありますよね。お出かけになった時には、ぜひ楽しいレポートを見せてくださいね。

投稿: misao | 2007/09/21 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/16488360

この記事へのトラックバック一覧です: 歴博:

» 高橋英樹『島津斉彬』役 [篤姫(あつひめ)大河ドラマ]
1944年2月10日千葉県木更津市出身の俳優、タレント。私立市川高等学校、日本大学芸術学部演劇学科卒業。 [続きを読む]

受信: 2007/09/25 10:57

« 八街便り 9月 | トップページ | イチジクのパン »