« メスグロヒョウモン♀に出会う | トップページ | パパメイアンとイカリモンガ »

2007/10/16

野山のつる植物たち

小さくてかわいい花を見つけた。
Hosiasagao1016
昼顔のような、サツマイモのような・・・ホシアサガオ。 

Marubarukousou1016
そしてこちらは橙色がまぶしいマルバルコウ。
どちらもヒルガオ科の植物だ。
* 10月18日(木)8:50 花の名前をマルバルコウソウ→マルバルコウに訂正しました *

Ebiduru1016
エビヅルのまだ青い実。
熟したものを一粒食べてみたら、渋みもほとんど無くおいしかった。
ずっと探していたのだが、意外と近くで見つける事ができた。

|

« メスグロヒョウモン♀に出会う | トップページ | パパメイアンとイカリモンガ »

里山」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。^^*

オレンジ色のお花、マルバルコウソウと言うんですね。
このお花 職場のツツジのところで 毎年咲いているんですよ。
かわいいので 去年は種を取ってみましたが・・・、蒔くのをを忘れました。。^^;

もともと山だった所にできた建物なので 残っているんですね・・。

ホシアサガオも可愛いです。
もう終わりましたが、くずの花も好きです。

投稿: マウンチョ!! | 2007/10/17 11:29

こんばんは。
ホシアサガオ 可愛いアサガオですね、初めて見ました。
マルバルコウも可愛いですよね!
二つとも同じくらいの大きさなのかな?
エビヅルの実は美味しそう・・・よく覚えておいて、今度見つけたら試食してみよう~。

あっそれから キバナアキギリの花を 日曜日に見ました^^。
淡い色のお花なんですね~。
misaoさんのところで見せていただいてたので、すぐにわかりました(^^♪

投稿: zucca | 2007/10/17 21:50

ご無沙汰しています♪
マルバルコウ海岸の方に散歩に行くと自生していますが
名前解りませんでした、赤い綺麗な朝顔みたいと思って
いました、ひるがお科なんですか、どおりで咲いている筈ですね、浜昼顔は海岸に咲く花ですものね、秋祭りUPしました、よかったら覗いて見て下さいね(^_-)-☆

投稿: kyutarou | 2007/10/17 23:35

花の名前は苦手なんですが
ここへお邪魔して一生懸命覚えるようにしていますし
また興味がわいてきました
でも、ベネロープは知っています
こういう薔薇もいいですよね

一番最初の画面が楽しみにしている一つです

投稿: kikikibi | 2007/10/18 00:47

** マウンチョ!!さん、おはようございます **

マルバルコウソウ、調べてみたら正しい日本名は“マルバルコウ”と言います。
私はずっとマルバルコウソウだと思い込んでいたのですが、誤りでした。
先ほど本文中の名前を訂正しておきました。
マルバルコウが正しい名前なので、こちらでおぼえてくださいね。
ご迷惑おかけいたします。

> かわいいので 去年は種を取ってみましたが・・・、
> 蒔くのをを忘れました。。^^;
それは残念。
今年も種ができると思いますので、再度チャレンジなさってください。
でも、野草なので生育旺盛かもしれません。植える場所には注意しないといけませんね。
秋バラを覆いつくされてしまっても困りますものね。

クズの花、こちらでも終わってしまいました。今立派な豆がいっぱいぶら下がっています。
あの花も美しいですよね。私も好きです。

投稿: misao | 2007/10/18 08:58

** zuccaさん、おはようございます **

ホシアサガオは、私も今年はじめて見つけたのです。
その場所は家から近いのですが、普段あまり通らない道なのでした。
かなり広い範囲にたくさん咲いていたので、ずいぶん前からあったのだと思います。

> 二つとも同じくらいの大きさなのかな?
花の大きさはだいたい同じくらいです。(2㎝もないくらいでしょうか)
どちらも南米原産の帰化植物だそうです。(一部には北米原産という記述もありましたが)

エビヅルの実は黒に近い紫色になったものが食べごろです。ぜひ味見してみてくださいね。
私が子供の頃はもっとたくさん見かける事ができたのですが、最近めっきり少なくなったようで、見つけたときはとても嬉しかったです。

キバナアキギリ、淡い黄色の花に紫のしべがなかなかおしゃれな野草だったでしょう?
うちの近所の林には無いのですが、条件がよければ群生していたりします。

投稿: misao | 2007/10/18 09:12

** kyutarouさん、おはようございます **

マルバルコウは海岸近くにも咲いているのですね。
うちの近くには海がありませんので、見かけるのは田んぼの脇とか草原などでした。
浜昼顔もまだ見たことはありません。
きっとかわいいのでしょうね・・・(想像中)

それにしても、kyutarouさんは海岸近くを散歩できるのですね。
大海原を眺め、潮騒を聞きながらお散歩・・・いいなぁ・・・
素敵な環境にお住まいですね♪

秋祭り、楽しそうですね!
後ほどゆっくりうかがいます。

投稿: misao | 2007/10/18 09:18

** kikikibiさん、おはようございます **

花の名前、けっこう難しいものもありますよね。
中には何度聞いてもおぼえられないほどややこしい名前のものもあるし・・・
私などは年のせいか、ど忘れする事もしょっちゅうなのです。
でも、名前をおぼえると道端の花にも愛着がわくのは不思議ですね。

> 一番最初の画面が楽しみにしている一つです
うふふ♪ ありがとうございます。
あそこは基本的に我が家の庭にある植物をアップする事にしています。
その時その時に一番きれいに咲いている花を・・・と心がけていますので、そう言っていただけるととても嬉しいです。

投稿: misao | 2007/10/18 09:25

ホシアサガオ,マルバルコウ綺麗に咲いていますね、
私も散歩したとき、気をつけて見ることにします。しかし、この辺は海岸からかなり離れているので、ホシアサガオ、見つけることができるかな~
エビヅル、これもこちらではあまり見かけません。少し、遠出する必要があるかな~

投稿: ぴょんぴょん | 2007/10/18 10:40

** ぴょんぴょんさん、こんにちは **

ホシアサガオは、別に海岸の近くでなくても見ることができると思います。
(何しろうちはぜんぜん海の近くではありませんから・・・)
帰化植物なので、現在分布がどこまで広がっているかという事でしょうか。
遠めにもけっこう目立つ花なので、もし咲いていれば苦もなく見つけられると思います。

エビヅルは最近あまり見られなくなりました。
私が子供の頃はそれほど珍しい植物でもなく、摘んで帰ってはままごとの素材にしたりしたのですが・・・
今でも場所によっては多く見られると思います。
今ちょうど実が熟す時期です。見つかるといいですね。

投稿: misao | 2007/10/18 11:09

写真で見るとワカリマセンガきっとちいさなはたたちなんでしょうね。

投稿: sakae | 2007/10/18 13:27

自然の中に咲いている花もかわいいですよね
ホシアサガオ見てみたいです
misaoさんの写真だから
実物よりも更に素敵に写っているんでしょうけど

投稿: yukiho☆ | 2007/10/18 17:40

** sakaeさん、こんばんは **

はい、小さいですよ。この花たちは・・・
だいたい1.5㎝から2cm弱といったところです。
野の花は小ぶりで控えめで、本当にかわいいですよね。

投稿: misao | 2007/10/18 21:31

** yukiho☆さん、こんばんは **

ホシアサガオは、目を奪われる美しさでしたよ。
形も色も素敵で、しかも満天の星のようにたくさん咲いていて・・・野草にしておくのがもったいないくらいでした。
でも、自然の中に咲いているからこそ魅力的なのかもしれませんね。

それから、実物の花は写真よりもずっとみずみずしくて綺麗ですよ。
写真の方がすぐれているのは、いつまで経っても枯れない事くらいでしょうか・・・
今のデジタル化された写真は、ほぼ永久に保存できますものね。

投稿: misao | 2007/10/18 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野山のつる植物たち:

« メスグロヒョウモン♀に出会う | トップページ | パパメイアンとイカリモンガ »