« 2008年 初ルリビタキ | トップページ | シロハラとガガイモ »

2008/01/14

冬バラとの日々

ここのところ毎日かかりきりのバラの剪定も、もうほとんど終わりに近い。
うちはバラの種類こそ少ないが、挿し木で増やしてしまったので数だけは多い。
鉢バラ・トレリス・オベリスクなどのバラは金曜日一日がかりでほとんど終えた。
そして土・日と二日かけて一番の大物であるフェンスのつるバラ“ニュードーン”の剪定と誘引を終えた。
ニュードーンはトゲが大きく鋭い。古いつるはすぐに太く硬くなる。なので誘引はけっこうたいへんなのだが、そのかわり生長がものすごいいい!毎年元気なシュートをバンバン出してくれるので、あまり神経質に剪定しなくてもいいところは私向きかもしれない。

写真は剪定前。
Sentaimaend0114
去年すっきり剪定しても、一年でこの通り・・・

こちらは剪定後。
Senteigond0114
細い枝やジャマな枝は全て切り、残っていた古葉も摘んだ。
これでも春になればワサワサ新芽が出てかわいい蕾をたくさんつけてくれる。

残るはアーチのつるアイスバーグ
それが終わるとすべてのバラに肥料をやって、春までのんびり見守る予定。


* 1月11日の鏡開き *
Kagamibiraki0114
朝から小豆を炊いて、偽鏡餅の中の切り餅を焼く。
いつも『この偽鏡餅をとっておいて来年も飾ったら?』と思うが、結局は捨ててしまう。
以前sigeoさんにそれを提案したところ、「縁起物をケチるな」と言われたのだ。
いい考えだと思ったんだけどなぁ・・・

* 週末のイチゴタルト *
Itigotaruto0114
タルト生地につめるカスタードクリームを、今回ゼラチンで固めてみた。そうすると苺が沈まないし、切り口がきれい。・・・だが!切り分けると苺が滑って落ちるのだ。これは失敗かも・・・

|

« 2008年 初ルリビタキ | トップページ | シロハラとガガイモ »

「お菓子」カテゴリの記事

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

わぁ~
バラの剪定終わったのですネ
ご苦労様~
つるばら、大きくなってて大変でしたね。
うちのバラは、みんな鉢植えで小さいけど・・・まだ、手付かずです。
そして♪
バラに驚いていたら・・・こちらも「おぉ~」ですねぇ~♪
どちらも美味しそう~
年始からいろいろあって、今年はみ~んな忘れていました(^^ゞ


投稿: orenge | 2008/01/14 22:52

作業お疲れ様でした。。
写真のニュードーンは 何年ものなのかしら?とても立派ですね。
我が家も 年末までに すっかり終わった気でいましたが、
今日も庭へ出たとき よくよく見ると・・・、
まだまだ何鉢も植えかけしていないのがあって・・・。
私も作業を終えてしまわないと いけません。。

投稿: マウンチョ!! | 2008/01/14 23:33

すごい、剪定前と後がちゃんと撮影されているなんて。
オイラには考えられない。


投稿: sakae | 2008/01/15 01:29

misaoさん、おはようございます♪
ニュードーンの剪定&誘引お疲れさまでした!
鉢植えなのですね!
とても立派な株ですが、
植え替えはどうなさっていますか?
私の庭の鉢バラもだんだん大鉢が増えて来たので、
今年はまだ土を入れ替えてやれるけれど、
さて…来年はどうしよう?と思案している
ところです…。

ぜんざい&苺タルト、
美味しそうです~♪
苺に生クリームの白が映えますね。
即完売!でしたでしょう?(*^_^*)

投稿: NOKO | 2008/01/15 06:55

かなり出遅れて、新年の挨拶はしそびれてしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。
今年も、ケーキやパン作りに腕を振るっていますね。おいしいものがたくさん食べられるご家族が羨ましいです。
それに、青いルリビタキに出会えるなんていいな~。きれいな瑠璃色ですね~。確かに去年の子と眉の形が違って見えますね。もしかしたら、2個体の縄張り境界線近くで、両方に出会えているのかも。そうだったら、とってもお得なポイントなんだけど。
バラの剪定、痛そうで大変ですね。傷だらけになりそう~。
でも、冬のお手入れがちゃんとできているからこそ、素敵な花を見せてくれるのですよね。花の美しさに香のすばらしさを思えば精が出るのは分かるような気がします。
今年も、自然の生き物達や、お庭の花、そして、おいしいものなど、いろいろ楽しみにしています。

投稿: ジュリジュリ | 2008/01/15 13:24

** orengeさん、こんにちは **

バラの剪定、ようやく終わりました。
まあ、昨日の寒かったこと寒かったこと・・・
もっと早く、暖かい日を選んでやればよかったと思いました。
そして、自分自身の計画性のなさを今回ほど恨んだ事はありませんでした(^-^;)

> つるばら、大きくなってて大変でしたね。
そうなのですよ~・・・
特にニュードーンとつるアイスバーグの生長の早さと言ったら♪
毎年バッサリ剪定しても、毎年わさわさになってしまうのです。
そのかわり花数も多くて嬉しいのですけれど。

orengeさんは年明け早々ご不幸にあわれて、たいへんだったようですね。
お疲れが残らなければ良いのですが・・・
バラのお手入れはまだまだ寒い日が続くようなので焦ることはないと思いますよ。
様子を見てのんびりとやってください。
バラより何より、ご自分の体を一番にいたわってください。

投稿: misao | 2008/01/15 13:33

** マウンチョ!!さん、こんにちは **

ふふふ・・・ありがとうございます。
もう、すっきり爽やかな気分です♪
冬の作業が終わると、『早く春にならないかなぁ~』と思いますね。
ゲンキンなものです(^-^)

マウンチョ!!さんはまだ植え替えが残っていたのですか。
我が家は鉢バラが少なく、ほとんどが地植えもしくは鉢地植えなのでその点ラクなのです。
作業が終わるまではなんとなーく落ち着かない気分ですよね。
マウンチョ!!さんもがんばってくださいね。応援しています!

投稿: misao | 2008/01/15 13:46

** sakaeさん、こんにちは **

剪定前・剪定後の写真を撮ったのは、もちろんブログにアップするためです。
毎年同じことを繰り返していますが、それを見比べて楽しんでいます。
ニュードーンのような古株はあまり変化がありませんが、新入りのつるアイスバーグなどは『最初の年と比べてこんなに育ったのか~』と感慨無量になったりします♪

投稿: misao | 2008/01/15 13:49

** NOKOさん、こんにちは **

ニュードーン、一見鉢植えに見えますが、実は鉢植えではありません。
私は“鉢地植え”と呼んでいますが、鉢底に大きな穴をいくつかあけてありそこから地面に根を張っています。従って植え替えもした事はありません。
このバラは挿し木してから8年以上経過しているので、もう植え替えは不可能かもしれませんね。

うちでは純粋な鉢バラは数が少ないです。
ミニバラや種まき・挿し木から2年以内のまだ小さい株、そして風雨に弱そうな(と、私が勝手に思い込んでいる)品種だけです。
なので植え替えも一日あればできちゃいます。
それらも少しずつ地植えにして行こうと思っています。
私はズボラなので、できれば全部地植えにしてしまいたいのです。

苺の赤って本当にお菓子に相性がいいですよね。
特に生クリームにはピッタリです。
これはもう見ているだけでニコニコしてしまうお菓子です。

投稿: misao | 2008/01/15 14:06

** ジュリジュリさん、こんにちは **

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

> もしかしたら、2個体の縄張り境界線近くで、両方に出会えているのかも。
> そうだったら、とってもお得なポイントなんだけど。
そうなのですよね。
私も、そうだったらいいなぁ・・・と思いつつ、会いに出かけています。
この気難し屋の子はほぼ毎日同じ場所で会う事ができるのですが、昨年末会った子にはあれから一度も会えずじまい・・・
比較的近いので、気難し屋さんがやって来て以前の子がどこかへ引っ越してしまったのかも?――などとも考えますが、どうなのでしょうね? そういう事を考えるのもけっこう楽しいですね。

バラの剪定は痛くてたいへんですが、その分楽しいです♪
特につるバラは大仕事ですが、頭の中で花の咲く様子をあれこれ想像しながら剪定し誘引します。そんな時は、まさに“花の美しさに香のすばらしさを思う”状態ですね。
そして冬の作業が済むと“やり遂げた”という満足感がありますし、湯船に浸ってトゲの傷が沁みたりするとなんだかいっぱしの庭師にでもなったような気分になれます。(実際バラの専門家は装備が充実しているので傷だらけになったりはしないかも…?)
何といっても、実際に春のバラが見事に咲いてくれる事が一番の励みですけどね(^-^)

投稿: misao | 2008/01/15 14:24

misaoさん、こんばんは!
やーらなくちゃ、やらなくちゃ!
と頭の中で歌いつつ、晴れた日は毎日出歩いていて、
庭仕事も家事もたまりにたまっています。
(今日はベニマシコの雄雌を見てきました^^)

ニュードーン、元気そうですね。
剪定誘引が大変でも、健康なのが一番!
春の花が楽しみですね。
うちのナニワイバラも元気ですよ~~~
元気すぎてかなり痛いです。

苺タルト、おいしそう。
そう言えばしばらく食べていません。
苺の程よい酸味がカスタードに合っていて
大好きなお菓子です。
正月太りの私には目の毒です・・・

今朝、misaoさんの写真のように、
シジュウカラ君が落花生に取り付いていたのですが、
食べ方が下手な子だったようで、
胸に食べかすを沢山こぼしていました(要エプロン?)。
先日は、私が見ている窓に向かって足からタックル。
多分、ガラスに映った自分の姿を
ライバルと思ったのだと思うのですが、
見ているこちらは目が点でした(笑)

鳥たちがいると、庭に出られなくて
ますます仕事が遅れます。
春の花のためには、鳥たちのじと目に耐えなくてはっ

投稿: kyara-mama | 2008/01/15 23:41

私も鉢植えなのかと思ったんですけど
違ったんですね
素敵な演出です
薔薇の手入れの時の手袋はどういうものですか?

そういえば
パック入りのお餅も賞味期限とかあるような気がします(笑)

投稿: yukiho☆ | 2008/01/16 08:41

** kyara-mamaさん、こんにちは **

> やーらなくちゃ、やらなくちゃ!
> と頭の中で歌いつつ、
くふふっ♪ それ、先週までの私そのもの・・・です。
今は半分くらい肩の荷が下りた感じ。何しろつるバラが終わりましたからねぇ。
でもまだ地植えにしたいバラの植え替えと、芝生のエッジ切りが残っているのです。
何しろこう寒いと庭仕事をする気になれなくて。(今日はちょっと暖かですね)
バラの剪定だけは仕方がなくやりましたが、芝生はいつも後回し。

kyara-mamaさんのお庭はバラの数も半端じゃないけれど、なんといってもナニワイバラという超大物がありますものね。
あれはたいへんでしょう。(特にトゲ!!) “元気すぎて痛い”のはニュードーン以上でしょうね。でも、あの清楚で美しい花を見るためならば、頑張らざるをえない。といったところですね。

> (今日はベニマシコの雄雌を見てきました^^)
いいですね~っ
今の季節にしか見られない鳥とか、やっぱり最優先になってしまうのでしょうね。
私も散歩の時にはなるべくカメラを持って出歩いています。
でも、時々忘れてしまって・・・そういうときに限ってアカハラに出会ってしまったりします。
今日はしっかり買い物にカメラを持って出かけ、ごく普通の住宅街でシロハラに接近遭遇! しっかりカメラに収めました。
できれば今日中にアップしたいと思っています。

胸に食べかすをこぼしていた彼も、なんとなく愛嬌があってかわいいです。
母性本能をくすぐるタイプかな?
ガラスに突進したシジュウカラ君、大丈夫だったのでしょうか?
我が家ではメジロがガラスにぶつかった事がありますが、ジョウビタキなどは車のミラーに向かってタックルするそうですね。
鳥って、本当に面白い♪見飽きるという事がありませんね。

投稿: misao | 2008/01/16 11:35

** yukiho☆さん、こんにちは **

> 私も鉢植えなのかと思ったんですけど
> 違ったんですね
そうなのです。ちょっと見た感じは鉢植えですが、実は地植えとかわらない・・・
そんな植え方をしています。
でもこれは演出というわけではなく、最初の一鉢は自然にそうなってしまったのです。
動かさずにおいたら、穴から根が張って・・・というありがちな展開でした。
それにヒントを得て、今ではいくつかのバラを鉢地植えにしています。
素直に地植えにすればいいのですが、なぜか鉢地植えのバラの方がよく咲くのです。
品種の問題かもしれませんし、単なる偶然かもしれませんけれど。

> パック入りのお餅も賞味期限とかあるような気がします(笑)
ありますよ、賞味期限。
普通は2月末日ごろだと思います。
私の表現がおかしかったのですが、私が飾ろうと思ったのは“鏡餅の外側”です。中身はしっかり鏡開きの日に食べてしまいますので(^-^)

投稿: misao | 2008/01/16 11:45

** yukiho☆さん、追伸です **

バラのお手入れの時の手袋ですが、皮製のガーデニング用手袋を使っています。
バラのトゲも通らない優れもので、バラを愛するお友達からいただいたものです。
http://misao.cocolog-wbs.com/sige/2005/12/post_0b63.html
↑これをしていると剪定作業の時に痛い思いをしないですみますし、寒さもしのげます。
誘引の時は紐を結ばなくてはならないので、仕方なく右手だけ手袋をはずします。
名誉の負傷はその時負ってしまうのです(^-^;)

投稿: misao | 2008/01/16 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67129/17689975

この記事へのトラックバック一覧です: 冬バラとの日々:

« 2008年 初ルリビタキ | トップページ | シロハラとガガイモ »