2008/12/05

ゆずケーキ

sigeoさんのお友だちにゆずをいただいたので、一度作りたいと思っていたゆずのケーキを焼いてみた。ゆずはマーマレードにしてパウンドケーキ生地に混ぜこみ、焼きあがりの表面にも少し塗ってみる。
Yuzupound081205
・・・・・ほんの~りゆずの香り♪

* * *

先日アップした母の耳あてつき帽子
Hahanobousi081205
母は毎朝こうして散歩をしている。後姿だけ(^-^;)見ると、70過ぎとは思えない・・

| | トラックバック (0)

2008/12/01

耳あてつき帽子『2008バージョン』と 八街の紅葉

今日から12月。なんだか一年があっという間。

昨年編んだ母の帽子
母は気に入ってかぶってくれていたが、毛糸が細かったので木枯らしの吹く日などはちょっと寒いようだった。
そこで、今年はとても柔らかな極太毛糸を使って少し大きめに編んでみた。
Okasanbousi0811201
これはあったかいよ~!
色合いが可愛いすぎるかな?とも思ったが、母にはいつまでもかわいいおばあちゃんでいて欲しいから、まあいいか。


昨年の帽子の日記にも紅葉の写真がアップされていたので
今年も“八街の紅葉”を・・・
(紅葉の写真はクリックで拡大します)
Kouyou20081201_2
八街にもこんな紅葉名所があるのだ。
Kouyou200812012
もっともここは植木屋さんの植木畑だけれど・・・
Kouyou200812014

| | トラックバック (1)

2007/12/03

母の帽子

お揃いで編んだ母の帽子が出来上がった。
Hahabousi01203
例によってクサギ染めの毛糸を模様と縁取りに。
そして今回はぼんぼんにもクサギ染めの毛糸を大奮発。
母は今朝もこれをかぶって散歩をしてきた。
とてもお気に入りである。

散歩コースにある植木畑の紅葉が見ごろだ。
Momiji1203_2

今朝はこんなに晴れていたが、昼前から一気に曇りだし、今は冷たい雨が降っている。
Momiji41203

* 紅葉画像はクリックすると拡大します *

続きを読む "母の帽子"

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007/12/01

新しい帽子

北風が吹くこの季節、外を歩くと耳が冷たい。
そこで、ずっと欲しかった耳あて付きの帽子を編む。
残り少ないクサギ染めの毛糸を模様編みと縁取りに使ってみた。
Bousi1211
母が『色違いで私のも編んで!』と言うので、今黒地の帽子を編んでいる。
おそろいの帽子で散歩するのが、楽しみなような恥ずかしいような・・

そして今日は落花生リースも作った。
寂しくなった柿の木に吊り下げて、今年もシジュウカラの訪れを待つ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/02/12

編み物

maya


一月に編んだひよこ色のカーディガンを送った友人から
写真が届きました。
カーディガンを着ているのは、
彼女の愛娘まやちゃん。
袖がちょっと(かなり?)長めだったのですが
優しい友人は『来年も着られるわ。』と喜んでくれました。


* * *

庭好き花好きの人にとって、庭閑期(?)にはそれぞれ楽しみ方があるようです。
私の場合はもっぱら鳥見と編み物です。

DSCF1473編む物がなくなってくると
しまいには椅子の足にまで靴下をはかせてしまいます。
これはガタガタ音も消えるし、床に傷も付かないので、
家族には好評です。

* * *

DSCF9593今年は長男から
『ニットの帽子を編んで欲しい』といううれしいリクエスト。
さっそくバイクのカラーリングと同じ色のラインを入れて編みました。

早く編んでくれる彼女探せよ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/03

小さなカーディガン

sw冬の楽しみの一つが編み物です。
暖かい部屋でゆっくりと編み物などしていると
なんだかとても幸せを感じます。

子供たちが小さい頃にはいろいろな物を編みました。
セーター・ちゃんちゃんこ・帽子・ミトン・・・
男の子なのですぐに汚してしまいますが、どうせすぐに小さくなってしまうのであまり気になりませんでした。

子供たちが中学・高校と大きくなると、
休日が部活動でつぶれてしまいセーターを着て出かける機会はめったにありませんでした。
高校生の息子たちに編んであげたのは
通学用の黒一色のマフラーだけ・・・
それでも毎年冬になると何か編みたくて、sigeoさんの靴下を編んだり、母の帽子を編んだり・・・
挙句の果てに椅子の靴下まで編んでいました。


そんな私に天の助けが・・・

それはアメリカに住んでいるお友達の娘さんでした。
私には男の子しかいないので、女の子の服にとても憧れていました。
友達が送ってくれた娘さんの写真を見た瞬間、『カーディガンを編んであげたい』と思いました。
もう3年前になるでしょうか、淡いブルーのカーディガンを編んでプレゼントしました。
翌年里帰りしたお友達に会いに行ったら、彼女は娘さんにちゃんとそのカーディガンを着せていてくれました。
思ったとおりよく似合っていました。(・・・っていうか、何を着てもかわいいんですけどね)

あれから娘さんも大きくなってもうすぐ5歳。
去年の暮れに再開したら、アルファベットだけでなく日本語もちゃんと勉強していて、私の名前とバラの花を紙に書いてプレゼントしてくれました。
英語の発音が良すぎて時々ママの通訳が必要でしたが、ずいぶん会話も楽しめました。

私はうれしくなって、彼女に新しいカーディガンを編んでプレゼントする事にしました。
会った翌日にはもう毛糸を選びに出かけました。
『今度はどんな色にしようかな』・・・なんて売り場で見ていたら、かわいいヒヨコ色の毛糸が目にとまりました。
もう絶対これ!似合うこと間違いなし!!
なんて勝手に思い込んで、翌日からさっそく編み始めました。


夕べやっと身ごろが出来上がり、今朝から袖を編んでいます。
少しペースをあげなくては・・・
のんびりしていると春になってしまうものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)